2010年12月08日

iPadが一番高い国

12月3日にブラジルで発売開始となった「iPad」ですが、アップル社がオンラインショップを設ける32の国・地域のうち、価格が最も高いのはブラジルでした。

高値の原因はブラジルの税制。関税だけでも40%、関税以外にも様々な税金が掛かり、販売業者の利益も含めると、最も安いタイプでR$1649(約82500円)とアメリカの約2倍の価格となります。

ブラジルの最低賃金(R$510、約25000円)の3倍以上もするiPodを誰が買うんだろう?と思ってしまいますが、クリスマスが近いということもあってよく売れているそうです。

まあブラジルは貧富の差が激しくお金のあるところにはありますし、欲しい物は欲しいと無理なローンを組んで買う人もたくさんいますからね。
posted by ごんた at 22:17| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする