2010年12月22日

Honda Brio

brio.jpg

ホンダは「タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2010」で、2011年にタイとインドで発売を予定している新型小型車ブリオ(BRIO)のプロトタイプを世界で初めて公開しました。

honda brio.jpg

車体のサイズは長さ3610mm×幅1680mm×高さ1475mmと海外展開する車両の中でも最小クラスとなっており、1Lあたり20kmという省燃費のエンジンを搭載。来年3月にタイ、11月にインドで生産・販売を開始予定。最低価格はタイで40万バーツ(約110万円)、インドでは50万ルピー(約90万円)以下になるようです。

ホンダの伊東孝紳社長は「まずはインド、タイに定着するのが優先だ」と強調した上で、ブラジルには両国からの輸出を視野に入れていることを明らかにしています。
ブラジルの2009年の新車販売台数は前年比11.9%増の320万台と世界5位の規模に拡大していますが、シェアの大半を独Volkswagen、伊Fiatなど欧米勢が占め、ホンダのシェアは約4%にとどまっています。

ブラジルでもR$22mil(約110万円)以下で販売されれば面白いと思いますが、現実的に考えればVolkswagenのGolやFiatのUnoと同じくらいの価格(約140万円前後)かそれ以上になるでしょうね。
posted by ごんた at 00:19| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする