2011年01月25日

Mangueira 2011


今年のマンゲイラは「O filho fiel, sempre Mangueira」、ブラジルを代表するカヴァキーニョ演奏者Nélson Cavaquinho(1911-1986)がテーマとなっています。

マンゲイラのパレードは1日目の最後、今年はベイジャ・フローもマンゲイラも見られそうにありません。


この動画はパート8までありますので、興味のある方はYouTubeでご覧ください。

カヴァキーニョ(Cavaquinho)とはサンバやショーロなどの演奏に使われる鉄弦・4弦の弦楽器で、本来の呼び名はカヴァコ(Cavaco)ですがウクレレのように小さな楽器のためカヴァキーニョと呼ばれています。

※ロナウジーニョ(Ronaldinho)の本名がロナウド(Ronaldo)のように、ブラジルでは小さな物や人にnho(女性名詞にはnha)を付けた愛称で呼ぶことが多いです。

ハワイのウクレレやインドネシアのクロンチョンと同じく、ポルトガルの民族楽器ブラギーニャを起源としています。
posted by ごんた at 23:26| Comment(0) | カーニバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

リバウドがサンパウロへ期限付き移籍

サンパウロが元ブラジル代表FWリバウドを2011年12月までの期限付き移籍で獲得したことを発表しました。

現在38歳のリバウドは昨年8月にウズベキスタンのブニョドコルを退団した後、自身が会長を務めるモジミリンに選手として在籍していました。

1999年には世界最優秀選手と欧州最優秀選手(バロンドール)に選ばれ、2002年日韓W杯ではロナウド、ロナウジーニョらと共に3Rと呼ばれブラジルの5回目の優勝に貢献しました。


動画はバルセロナ所属時の2000-2001リーガ最終節、バレンシアCF戦での伝説のオーバーヘッドキック。
チームメイトのルイス・エンリケに「あれはキャプテン翼でしか表現できないプレーだよ」と言わしめ、メディアからも「キャプテン翼は実在した」と絶賛されました。

勝利した方が翌シーズンのチャンピオンズリーグ出場(4位)となる重要なこの試合で、リバウドはチームの全得点となるハットトリックを記録し勝利に導いています。
posted by ごんた at 14:14| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

Beija Flor 2011


今年のベイジャ・フローは「A Simplicidade de um Rei」、昨年デビュー50周年を迎えたRei Roberto Carlosがテーマとなっています。

ベイジャ・フローのパレードは2日目の最後なので多分寝てるだろうな〜。

posted by ごんた at 13:46| Comment(0) | カーニバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

リオのカーニバル 2011

今年のリオのカーニバルは3月5日(土)〜8日(火)と例年よりちょっと遅めですが、先日からちょくちょくカーニバルのCMを見かけるようになりました。


GlobelezaのCMは毎年こんな感じ。
こんなの子供に見せてもいいの?って感じですがカーニバルのCMとしてはごく普通です。

今年のスペシャルチームの日程は、6日(日)がSão Clemente、Imperatriz、Mocidade、Unidos da Tijuca、Vila Isabel、Mangueira、7日(月)がUnião da Ilha、Salgueiro、Portela、Grande Rio、Porto da Pedra、Beija-Florとなっています。
posted by ごんた at 23:13| Comment(0) | カーニバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

SUPERFEIRÃO - GOL 10 Anos

GOL航空10周年記念企画として復路R$10キャンペーンが開催されています。

販売期間は1月20日午後8時から24日午前6時
2月1日から3月31日の間に往復する航空券を買った場合、復路がR$10となります。(座席数制限有り)

旅行する余裕はないんですが、どこかに行ってみたいですね。

http://www.voegol.com.br/

• Período de venda: das 20hs do dia 20/01/2011 às 06hs do dia 24/01/2011.
• Período de voo: entre 01/02/2011 e 31/03/2011.
• Tipo de viagem: ida-e-volta obrigatória.
• Permanência mínima: 2 noites.
• Promoção disponível no website GOL e agências de viagem*.
• Acúmulo de milha Smiles: 30%.
• Válido para todos os trechos domésticos e internacionais, saindo do Brasil, regulares operados pela GOL - Exceto Caribe (Aruba, Barbados, Punta Cana, Curaçao,St. Maarten).
• Cancelamentos e alterações: taxa de R$ 80,00 por passageiro ou 100%, o que for menor, por voo alterado, além de eventuais diferenças tarifárias, se houver.
• Quantidade mínima de assentos por trecho: 10.
• Taxa de reembolso: 20%.
• * Tarifas em reais, por trecho. Compra antecipada de 28 dias ou 7 dias com permanência mínima de 10 dias no destino.
posted by ごんた at 22:26| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

ロナウジーニョのデビューは2月2日

先週末からパラナ州選手権が始まりましたが、リオ州選手権は今日からスタートとなりました。

注目のロナウジーニョはまだ調整中ということで、2月2日に行われる第5節ノーバ・イグアス戦(Engenhão)でのデビューが予定されています。

お金のためにフラメンゴ入りしたという批判もありますが、グレミオにロナウジーニョを獲得するだけの資金が無かっただけじゃないかと思います。

フラメンゴが支払うロナウジーニョの月給は100万レアル(約5000万円)、観客増員や関連グッズの販売などによる収入を考えればグレミオもこれに近い額は払えたかもしれませんが、グレミオが出し渋ったのはACミランに対する移籍金300万ユーロ(約3億2000万円)。こういうところでチーム力の差が出るんでしょうね。

ちなみにロナウジーニョはフラメンゴからの給料とは別にマーケティング会社からも報酬を受け取ることになっており、4年で100億円ぐらいの収入になるらしいです。
給料に見合った活躍をして欲しいですね。
posted by ごんた at 23:48| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

Big Brother Brasil 11

bbb111.jpg

先週から始まったBBB11(Big Brother Brasil 11)、最初のパレダォンで追い出されたのはアリアヂナ(Ariadna)でした。

ariadna2.jpg

写真を見る分には女性なんですが喋り方とかがトラヴェスチ(Travest=おかま)っぽく、でもビキニを着てプールに入ったりしているので女性なのかな?とも思い始めたところ、何とTransexual(トランセクシャル=性転換者)でした。

近年ブラジルではGay(ゲイ=同性愛者)差別が大きな問題になっています。
現在放送中のノヴェーラ「Ti-ti-ti」や「Malhação」でもこの問題が取り上げられていますし、クリチバでもトラヴェスチが3人射殺されるなど凶悪事件も度々起こっています。
そういう背景もあり今回のBBBには何人かのゲイが出演するだろうと思っていましたが、まさか性転換者が出てくるとは思いませんでした。

rodrigo-bbb-11.jpg

ムキムキマンのホドリゴ(Rodrigo)も以前にゲイ雑誌のモデルをしていたことが判明しておりゲイじゃないかと疑われているようです。

以前に日本人の友人と話をしたとき初対面のブラジル人に「お前は女が好きか?」と聞かれることがあるということでした。
いきなり女好きかと聞かれると日本人なら「まあまあ」という感じで軽く受け流そうとすると思いますが、これは多分「お前はゲイか?」と尋ねているんじゃないかと思われるため、女が好きなのか男が好きなのかはっきりと答えた方がいいと思います。
posted by ごんた at 22:46| Comment(0) | ブラジルTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

Insensato Coração

先週末で「Passione」が終わり、今日から新ノヴェーラ「Insensato Coração」が始まります。
「Passione」はあまり評判が良くなかったようですが、Clara(Mariana Ximenes)の悪女ぶりは好きでした。ただ最後にClaraは逃亡に成功しFred(Reynaldo Gianecchini)がClaraの罪まで被るというのはどうかと思いましたけどね。

周りのブラジル人から「スポーツや政治、ノヴェーラまでよくそれだけ知ってるね」と言われるんですが、ただ単にテレビをよく観てるだけなんです。
でもそのおかげでポルトガル語力は上がっていますし、どんな話題にでもついていくことができます。

私がノヴェーラもよく観ていると言うと知り合いのブラジル人男性に「ブラジルのノヴェーラは美人がたくさん出てくるからね」と言われました。
たしかにブラジル人美女を観るのもノヴェーラの魅力のひとつ。

insensato.jpg

「Insensato Coração」にもDeborah Secco(31歳、左上)、Paola Oliveira(28歳、右上)、Camila Pitanga(33歳、左下)、Fernanda Machado(30歳、右下)など美女が多数出演します。
posted by ごんた at 07:38| Comment(0) | ブラジルTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

麻生元首相「時代はブラジルだ」

 BRICsの一角として、世界で押しも押されもせぬ存在に成長したブラジル。1月1日に行われたルセフ新大統領の就任式に日本政府特使として出席した麻生太郎元首相が、式典が行われた現地ブラジリアで産経新聞のインタビューに応じた。若いころ、ブラジルに駐在した経験もある麻生氏。持ち前の歯切れ良さで、「未来の大国」ブラジルの将来性を熱く語った。(聞き手 松尾理也)

 −−ルセフ新大統領の印象は

 「彼女は以前から知っているが、行政官から政治家へ大きく変わりつつある、いってみれば化けつつある。前と比べて人間味がでてきているね。女性指導者としては、イスラエルのゴルダ・メイヤー、英国のマーガレット・サッチャーと並ぶ、歴史に残る存在にまで伸びる可能性があると思う」

 −−今回、実際に足を運んで感じたブラジルという国の「今」の印象は

 「この国はついこないだまで、新興国の代表という感じで、大国に対して要求をやたら出すような国だった。しかし今は間違いなく、世界の中で、G20の一員として、確固たる地位を占めている」

 「リーマンショックをうけて、(当時の)ブッシュ米大統領から電話がかかってきたとき、初め彼は『G8で会議をする』といってきたんだね。私はそのとき、『G8だけで会議をやっても意味がない』といって、さらに『日本と韓国と中国のGDP(国内総生産)を足したら、英仏独のGDPの合計より大きいということを知っているか』と聞いたらノーというんだ。それで私は、アジアからは中国、インド、韓国、オーストラリアなどを入れるべきだ、と。それから南米からはブラジルだ、それらの国を入れないと、今回の事態には対応できませんよ、という話をした。すると、ブッシュ大統領が『I got the picture(わかった)』という話になった」

 「その後、ブラジルという国が大国としての意識を持ち始めた。いろんな予算措置も行って、国際社会へどのような貢献を行うかというところまでずいぶんと気を配っている。そういう意味で、ブラジルという国の将来性は高いと思うね」

 −−そのブラジルは、まだまだ日本では印象が薄いようですが

 「BRICsとよくいうね。日本ではどうもC(中国)が好きな人がずいぶん多いようだが、こういうふうに考えたらどうかね。反日で資源がない中国、反日で資源があるロシア。親日で資源がないインド、親日で資源があるブラジル。だったらブラジルとつきあうのは優先順位の一番なんですよ」

 「ただブラジルの欠点は日本から遠いこと。だから、ここは日本政府としてさっさとブラジルへの直行便を再開すべき。JAL便をつぶしてしまうというのは間違っているね」

 「日本からの距離に加えて、ブラジルが昔ハイパーインフレをやったせいもあって、日本企業にはトラウマが残っているんですね。ここに出てくるのをためらうのはわかる。しかし現実問題としてここには資源がある。さらに貧富の格差がルラ大統領の時代になって、いろんな批判はあるが、現実に縮まりつつある。貧富の差を縮めるということを、開発独裁みたいな形じゃなくて民主主義でやるというのは、けっこう難しいもんなんですよ。ぜひ成功してもらいたいと思うんだけど、そこで、そうした流れを後押しするためにも、日本からはどんどん企業に出てきてもらいたい。特に、技術を持っている中規模の企業」

 「たとえばね、ここのセラードという、不毛の地だった広大な草原地帯がその昔、日本の技術協力で大豆の一大産地に変貌したんですよ。その結果、大豆は今やブラジルの大輸出産品になっている。そうした農業技術支援を、今度はアフリカのモザンビークで日本とブラジルとが一緒にやるという計画があって、私が首相のときにサインした。なんでブラジルと一緒にやるかというと、簡単な話で、モザンビークはポルトガル語圏だからだ。ブラジルと日本が手を組んで、ブラジル以外でプロジェクトをやる。こういうのは、成功したら夢がある。また、アフリカのポルトガル語圏は、資源が豊富なアンゴラなどもある。次はそういうところにも手を広げていけばいい。とにかく、ブラジルは日本にとって本当に重要な存在だし、またうまくやっていける相手なんだ」

以上、産経新聞のグローバルインタビューより

漢字が読めないとか庶民感覚が無いとかマスコミに煽られ内閣総辞職に追い込まれたように記憶していますが、今の内閣よりもよっぽど良かったんじゃないかと私は考えています。
今後も日本とブラジルの架け橋となるよう頑張ってもらいたいです。
posted by ごんた at 00:42| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

リオ州の水害の犠牲者数600人以上

ブラジル南東部を襲っている豪雨による洪水や土砂崩れ被害でリオデジャネイロ州での犠牲者が600人を越え、現時点での行方不明者数は100人となっています。

水害は年初から始まった集中豪雨によるもので雨は今後も数日間続くと予報され、被害が拡大する可能性もあります。

洪水や土砂崩れはリオデジャネイロ州テレゾポーリス、ノーバ・フリブルゴなどの山間部中心に起き、被害が最も激しいテレゾーポリスで少なくとも257人、ノーバ・フリブルゴでは267人の方が亡くなっています。

ブラジル政府はリオデジャネイロ州で被害が危惧される地域に住む少なくとも5000世帯に避難を指示。山間部に住む別の3000世帯は自宅などを失い、学校、競技場に設置された避難所に収容されています。

ここ数日のニュースはこの話題で持ちきり、今晩のファンタスチコでも特集されるそうですがあまり見たくないです。
ネットのニュースなど文字で読む分にはまだいいんですが、身内を失った人たちのインタビューなどは見るのも辛いです。
posted by ごんた at 23:15| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

ワシントンが現役引退


昨シーズンはフルミネンセでプレーし、日本でも東京ヴァルディや浦和レッズで活躍したワシントンが引退を表明しました。

2001年当時所属していたポンチ・プレッタでコパ・ド・ブラジルとサンパウロ州選手権の得点王を獲得して注目を浴び、2002年にトルコのフェネルバフチェへ入団。

しかしフェネルバフチェ入団直後、練習後に胸痛を訴え虚血性心疾患と診断、その後2度にわたり経皮的冠動脈形成術を受けました。
クラブ側が契約解除するなど一時は選手生命も危ぶまれましたが開胸せずに済んだこともありリハビリを経て復活しました。

2004年に加入したアトレチコ・パラナエンセでは復帰戦でいきなりゴールするなど38試合で34得点を挙げ、ブラジル全国選手権の得点記録を塗り替えて得点王に輝きました。
2005年に東京ヴェルディに加入するとリーグ戦で22得点を挙げるもチームは降格し、翌2006年からは浦和レッズへ、26得点を挙げ得点王に輝き優勝に貢献。
2008年にフルミネンセに復帰すると21得点で再びブラジル全国選手権で得点王を獲得しました。

2009年はサンパウロでプレーし、昨年からフルミネンセに復帰しましたが、現役を続行することにより心臓の状態が悪化する恐れがあると医師から通告され、35歳でキャリアに終止符を打つことになってしまいました。


2005年にサンパウロの空港でリベルタドーレス杯(南米選手権)の試合のためにコロンビアへ向かうというアトレチコ・パラナエンセの選手たちに出会いました。
私が日本から来ていると知ると選手の1人が「ワシントンは日本でも活躍しているのか?あいつは馬鹿だ、せっかくリベルタドーレス杯に出場できたのに」と話し掛けられたのが印象に残っています。
この年アトレチコ・パラナエンセはリベルタドーレス杯で準優勝、もしワシントンが残っていたら優勝していたかもしれませんね。
posted by ごんた at 04:39| Comment(2) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

シンガポール航空がサンパウロ線運航

シンガポール航空(SIA)が初の南米路線としてシンガポール−サンパウロ線の運航を3月28日から開始すると発表しました。
スペイン・バルセロナ経由で当初は週3便(往復)を運航するそうです。

今年は一時帰国を予定しており帰国中にタイへ行こうと考えているんですが、シンガポールを基点に日本やタイへ行くのも面白そうです。

日本からブラジルへの往復格安航空券は1ヶ月FIXで10万円(税別)であるようですが、ブラジルから日本へは最低でも15万円(R$3000)以上すると思います。
日本から呼び寄せ便だともう少し安くなるかもしれないので一時帰国の際に確認してみようと思います。
posted by ごんた at 23:30| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ロナウジーニョがフラメンゴに移籍

ロナウジーニョ(30歳)が、イタリアのACミランからフラメンゴに移籍することが決まりました。
契約期間は2014年までの4年間。2014年にブラジルで開催されるワールドカップに代表として出場することはできるんでしょうかね?

私が初めてブラジルへ来た頃にグレミオで頭角を現し、99年のコパ・アメリカでブラジルが優勝したときは将来楽しみな選手が出てきたなと思っていました。

ブラジルでプレーするのはフランスのパリ・サンジェルマンに移籍した01年以来、04年、05年と2年連続でFIFA選出の世界最優秀選手に選ばれた頃のキレはありませんが活躍に期待したいです。
posted by ごんた at 07:16| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル南東部の大雨被害

ここ数日、日本にいる家族や友人から大雨の被害は無いですか?というメールをたくさんいただきました。

ブラジルではサンパウロやリオなどブラジル南東部を中心に大雨による洪水や土砂崩れのニュースが毎日取り沙汰されていますが、日本にもこのニュースは伝わっているんでしょうね。

クリチバでも毎日のように雨が降っていますが、バケツをひっくり返したような大雨になってもそれほど長くは続かないので被害はほとんどありません。

大きな被害が出ているのはサンパウロ州(特にサンパウロ市)、今日はリオデジャネイロ州の山間の町ノバ・フリブルゴで大雨に伴う洪水や地滑りが発生し100人以上の方が亡くなりました。
posted by ごんた at 06:11| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

Marcela Tedeschi Temer

正月の間だけブログの更新を休もうと思っていたら10日以上休んでしまいました。
最近不調だったインターネットも少し良くなってきましたのでまた更新していきたいと思います。

dilma11.jpg

ブラジルでは1月1日にジウマ新大統領の就任式が行われました。

dilma12.jpg

ジウマ新大統領がルーラ前大統領からFAIXA(たすき)を受け取っている横の方に若い女性がいるのでジウマ新大統領の娘さんかなと思って見ていたんですが、何と副大統領夫人でした。

marcela temer.jpg

副大統領(左から2番目)に就任したミシェウ・テメール(Michel Temer)は1940年生まれの70歳、副大統領夫人(左端)のマルセーラ・テメール(Marcela Temer)は1983年生まれの27歳。

Marcela Temer.jpeg

ジウマ新大統領の娘パウラ(Paula Rousseff)とのツーショット。
posted by ごんた at 23:33| Comment(0) | ブラジル美女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

年越しパーティー

2010年12月31日に日本人の友人たちが集まって年越しパーティーを開催しました。

まずは餅つき!
日系のお祭りなどで餅つき経験がある人もいるんですが、米を蒸すところから自分たちだけやるのは初めて。

PC310305.jpg
杵と臼を使った餅つき

PC310300.jpg
女性も参加

PC310316.jpg
みんなで丸めて

PC310324.jpg
美味しくいただきました

PC310326.jpg
つきたてのお餅と持ち寄り料理による昼食会

P1010332.jpg
男女対抗紅白歌合戦

P1010336.jpg
日本にいる友人たちとSkype中継

PC310328.jpg
あきやん特製 年越しそばらーめん

DSCN5994.jpg
除夜の(小さな)鐘

DSCN6018.jpg
何度目かの乾杯

DSCN6013.jpg
なぜか面白めがねをかけて新年の抱負

P1010339.jpg
書初め

パーティーが始まったのは31日の昼頃で終わったのは1日の明け方。
昼の部と夜の部で若干メンバーが異なりましたが20人以上の人が集まりました。

2010年は本当によく集まりみんなで大騒ぎしましたが、2011年は更に楽しい集いにしていきたいと思いますので、クリチバ在住の方やクリチバ在住ではないけど参加してみたいという方がいらっしゃればぜひご連絡ください。
posted by ごんた at 12:29| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。