2011年01月24日

リバウドがサンパウロへ期限付き移籍

サンパウロが元ブラジル代表FWリバウドを2011年12月までの期限付き移籍で獲得したことを発表しました。

現在38歳のリバウドは昨年8月にウズベキスタンのブニョドコルを退団した後、自身が会長を務めるモジミリンに選手として在籍していました。

1999年には世界最優秀選手と欧州最優秀選手(バロンドール)に選ばれ、2002年日韓W杯ではロナウド、ロナウジーニョらと共に3Rと呼ばれブラジルの5回目の優勝に貢献しました。


動画はバルセロナ所属時の2000-2001リーガ最終節、バレンシアCF戦での伝説のオーバーヘッドキック。
チームメイトのルイス・エンリケに「あれはキャプテン翼でしか表現できないプレーだよ」と言わしめ、メディアからも「キャプテン翼は実在した」と絶賛されました。

勝利した方が翌シーズンのチャンピオンズリーグ出場(4位)となる重要なこの試合で、リバウドはチームの全得点となるハットトリックを記録し勝利に導いています。
posted by ごんた at 14:14| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする