2011年02月14日

屋外でシュハスコパーティー

今まで日本人の友人たちと集まるときは誰かの家でしたが、ちょっと趣向を変えて屋外でシュハスコしてみたいねということになり、隣町のピニャイスにあるParque Culbe Panorâmicoでシュハスコパーティーを開催しました。
今回集まったのは大人15名、子供6名の合計21名。
最近よく雨が降るので天候が心配でしたが、気持ちいいぐらい晴れました。

P2130003.jpg
到着と同時にシュハスコの準備を開始

肉を焼くのは男の仕事なんですが、我ら日本男児は経験も少なく日系ブラジル人のAさんにお任せ。下手に手を出すと鍋奉行シュハスコ奉行に注意されるので邪魔にならないように見学。

P2130009.jpg
まずは子供たちのためにリングイッサ(ソーセージ)やコラサォン(鳥の心臓)

P2130013.jpg
ピッカーニャ(日本ではランプと呼ばれる部位)、味付けはサウ・グロッソ(粗塩)

P2130019.jpg
食べきれないない程の肉が次々と焼かれてます

P2130021.jpg
みんなで持ち寄った料理もおいしそう

P2130022.jpg
テーブルが固定されているので4グループに分かれて食事

P2130024.jpg
テーブルごとに話が盛り上がってます

P2130032.jpg
シュハスコ奉行は焼き続けてます。左の方にある串に刺さったのはチーズ

シュハスコの後、子供たちはプールへ泳ぎに行き、残った人たちはお喋りしながら飲んだり食べたり。夕方までバドミントンやサッカーをした後、みんなで夕食(焼肉の続き)を食べて帰宅しました。
posted by ごんた at 22:20| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。