2011年10月16日

horário de verão 2011-2012

ブラジルは10月16日から夏時間に切り替わりました。
来年はカーニバルが2月18日〜21日までということで、通常より1週間長い2月26日までです。

対象となるのはブラジリア連邦区のほか、サンパウロ、リオ・グランジ・ド・スーウ、サンタ・カタリーナ、パラナー、リオ・デ・ジャネイロ、エスピリト・サント、ミナスジェライス、ゴイアス、マット・グロッソ、マット・グロッソ・ド・スーウの 10州で、1時間時計の針を進めることになります。(他の16州は対象外)
posted by ごんた at 13:15| Comment(2) | ブラジル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

80 anos do Cristo Redentor

cristo_redentor.jpg
80 anos do Cristo Redentor

1931年にブラジル独立100周年を記念して建てられたリオ・デ・ジャネイロ コルコバードの丘のキリスト像。
ブラジルではCristo Redentor(キリスト・ヘデントール)と呼ばれています。
高さ30メートル、左右28メートルのこのキリスト像は、2007年7月に新・世界七不思議の一つに選ばれています。
posted by ごんた at 11:55| Comment(0) | ブラジル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

もうすぐ完成? アマゾン川に掛かる橋

ponteAM.jpg

アマゾン川に掛かる橋の開通式がマナウス市の誕生日(10月24日)に行われます。

2009年にマナウスへ行ったときは半分ぐらいしかできていませんでしたがようやく完成のようです。
来年ブラジルに戻ったらぜひ行ってみたいですね。
posted by ごんた at 21:55| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

ブラジルドラマのDVD

このブログでも何度か紹介していますが、ブラジルのテレビドラマと言えばノヴェーラと呼ばれる長編ドラマ。
月曜日から土曜日まで毎日約1時間の放送が半年以上続きます。

週一で10話程度なら録画して後で見ようというのもありですが毎日放送があると録画しても次の放送までに観ている時間はありませんし、そもそも200話とかになると1話も見逃さずに観続けるのは不可能に近いです。

ブラジル最大のテレビ局GLOBOでは、昼過ぎから夜遅くまで古いノヴェーラの再放送、若者向け、18時台、19時台、21時台、23時台と6本のノヴェーラを放送していますが、更にセリエやミニセリエと呼ばれる短編ドラマが放送されることがあります。

短編ドラマは基本的に週一なので日本のドラマのような感覚で観られるんですが、放送時間が遅いため途中で寝てしまうこともしばしば。
しかし短編ドラマはDVDが発売されることが多いため後でまとめて観ることができます。
※長編ドラマは時間が長過ぎるためDVDが発売されることはないと思います。

最近観た短編ドラマで面白かったのが「Tapas & Beijos」、「Macho Man」、「Ó Paí, Ó」、「A Vida Alheia」など。
「Tapas & Beijos」はまだ放送が続いていますし、「Macho Man」はまだDVDになっていないようですが、「Ó Paí, Ó」や「A Vida Alheia」はすでにDVDが発売されています。

ブラジル国内向けの商品なので日本語吹き替えや字幕などありませんが、日本のYahoo!オークションにもたまに出品があるようですので興味のある方は検索してみてください。
Yahoo!オークションでブラジルドラマ・映画を検索する。

posted by ごんた at 20:14| Comment(0) | ブラジルTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

ジゼル・ブンチェンのテレビCM放送禁止?

ブラジル政府は広告協議会に対しジゼル・ブンチェンが出演するテレビCMの放送中止を要請しました。


これが噂のCMです。

普段着姿と下着姿で夫に車を壊してしまったことを謝罪。CMでは下着姿で謝るのが「正解」としています。
これに対しブラジル政府は「女性を性的対象として捉えるステレオタイプの誤った考え方を助長する」とし、放送中止を要請しました。

ブラジルらしいと言えばブラジルらしいんですが、批判されても仕方ないCMですね。
posted by ごんた at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする