2015年10月27日

銀行のストライキ

IMG_20151013_172401759o.jpg

21日間続いた銀行のストライキが今日で終わりそうです。
銀行とは無縁の生活をしていますので、いつ始まろうが終わろうがどうでもいいんですが、商売をしている人にとってはかなり大変。

ブラジルも今はATMやネットバンクを利用することで窓口が閉まっていても何とかなることが多くなりましたが、口座開設や小切手の換金などATMやネットバンクで出来ないことも結構あるので21日間も続くと洒落にならない人も多いと思います。

ブラジルでもクレジットカードの普及は進んでいますが未だに小切手で支払いする人も多く、この換金がかなり大変。
以前に一度だけ小切手を受け取ったことがあるんですが、銀行へ行くとサインがおかしいと言われ小切手の発行者に確認を取るなど窓口で20分ほど待たされました。

発行者の口座にお金が入っていれば換金できますが、入っていなければ当然換金出来ません。
このため発行者から換金するのを少し待ってくれと言われ換金出来ないこともよくあるようで、酷い場合はそのまま紙屑になってしまうこともあるため気を付けなければなりません。
posted by ごんた at 07:26| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

ブラジルで虫歯治療

ここ数年頻繁に虫歯治療をしています。
昨年はマナウスで、その2年前はタイのバンコクで、海外で歯の治療をするというのは技術、言葉、金銭と非常に不安が多いです。
マナウス滞在中から歯が沁みることが多々あり、クリチバに戻ってきた頃から痛みを感じるようになったため、歯科治療に行くことにしました。

クリニックで診てもらったところ、根管治療(歯の神経・根の治療)が必要でセラミックのクラウン(被せ物)をするとR$1500(約4万5千円)掛かるとのことでした。
金銭的に厳しいけど仕方が無いかなと思ったんですが、PLANOS ODONTOLÓGICOS(歯科保険)に加入すればもっと安く治療できると聞き、DENTAL UNI(https://www.dentaluni.com.br)という歯科保険に入ることにしました。

R$40(約1200円)ほどの掛け金で加入1ヶ月後からの治療に保険が適用されるとのこと。
結構痛みが酷くなってきていたので1ヶ月も待てないと思ったんですが、3日ほど痛み止めの薬を飲んでいたらその後はほとんど痛みを感じることがなかったため、何とか1ヶ月待つことができました。

ブラジルには日系人の医師や歯科医師が非常に多く、DENTAL UNIと契約している歯科医師の中にも日系人の先生がいたためそこで治療してもらうことに。
治療予約をして更に待つこと1週間、ようやく治療してもらえることになったんですが、若くて綺麗な日系人の先生は残念ながら日本語がまったく話せませんでした。(日系人でも3世以降はほとんど日本語が話せません)
私のポルトガル語力は日常会話程度、普段使わない歯の治療に関する単語はまったくわかりません。
それでもまあ相手は歯科医師、虫歯の患者さんが来れば歯の治療をするだけ。

保険に入っていない場合はR$600(約18000円)掛かるらしい根管治療がR$90(約2700円)で済み、被せ物はコンポジットレジン(樹脂製の白い修復用素材)ならR$200(約6000円)、セラミックは保険適用外でR$500(約15000円)ということでした。

海外ではコンポジットレジンを使った治療が基本
コンポジットレジンは固まらせる前の状態では粘土のような柔らかいペースト状ですが、光(可視光線)をあてると硬く固まる性質があります。
この性質を利用して様々な歯の形を作って修復を行うため歯科医師のテクニックに左右される部分が大きいんですが、今までに失敗に当たったことはありません。

今回は以前にも何度か治療した歯で大きく削られてしまったため、コンポジットレジンではなくセラミックのクラウンを頼みました。
それでも合計でR$590(約17700円)、最初に行ったクリニックよりもR$900以上安く済みました。
posted by ごんた at 03:35| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

日本人が強盗に襲われ死亡

サンパウロ州サントスで18歳の日本人男性が、2人組の強盗に襲われ銃で撃たれて死亡しました。
亡くなられたのは千葉県市原市出身で14年前からブラジルで生活していたルアン・オオシロさん(18)です。

オオシロさんは19日午前1時半頃、知人の女性2人とバス停にいたところ、自転車に乗った2人組の男に携帯電話を渡すよう要求され抵抗せず手渡そうとしましたが、2人組のうち1人が発砲し殺害されました。
強盗の2人組は何も取らずに逃走したそうです。

このニュースは日本のネットニュースで知りました。
日本では多くのメディアでこのニュースが取り上げられたようですが、ブラジルで発砲事件や殺人事件などは日常茶飯事なため、あまり大きくは取り上げられません。
特に州が違ったりするとほとんど見聞きすることは無いと言えます。

要求に対し抵抗せずに手渡そうとしているのに殺されるなんてちょっと酷いですね。
実は私もリオで強盗に遭った際に抵抗せずに全て渡したのに2人組の内の1人が殺してしまおうと言い張り、もう1人が嗜めてくれたおかげで何とか命を落とさずに済んだということがありました。

数年前にクリチバに来ていた留学生の女の子が強盗に激しく抵抗して何も取られずに済んだという話を聞きましたが、どんなに大切な物であっても命には換えられませんので強盗に遭った場合は絶対に抵抗しないようにしてください。

posted by ごんた at 06:54| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

Nissan March


現在ブラジルレアルが暴落中ということで(日本円に換算して考えると)車も安くなっています。

Nissan Marchの新車が3万5千レアル(約107万円)

ブラジルでは100万円以下で買える新車は多分無いと思うんですが、このまま円高レアル安が続くと100万円以下で買えるようになるかもしれません。

ブラジルでお金を稼いでいる人にとっては円換算など無意味なんですけどね。
posted by ごんた at 07:00| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

ブラジルレアル 今後の見通し

現在ブラジル通貨レアルが大暴落中です。
今日の為替レートは、1レアル=30.64円、1ドル=3.90レアル。

レアルが下がり始めたのは昨年の半ば頃から、この頃ブラジルで何が起こっていたかと思い出してみると、ワールドカップでの大敗!
流石はサッカー大国、ワールドカップで負けたからレアルが下がり始めたんでしょうか?
現地開催のワールドカップでしたからね、ブラジル国民の落胆は計り知れません。

ワールドカップが終わると同時に始まったのが大統領選挙。
この選挙では当時の現職大統領であるPT(労働者党)のジウマとPSDB(ブラジル社会民主党)のアエシオの決選投票にもつれ込み、ジウマ51.6%、アエシオ48.4%の僅差でジウマの再選が決まりました。

ルーラ前大統領から続くPTの政策は貧困層を支援し、失業率の低下や飢餓対策など大きな成果を挙げましたが、近年成長率が落ち込み景気低迷が続いていました。
それに対しアエシオは企業を優遇する政策を掲げ、富裕層からの支持を得ていました。

貧困層の多いブラジル北部や北東部ではジウマ、貧困層が北部や北東部に比べて少ない(あえて富裕層が多いとは書きません)南東部、南部、中西部ではアエシオが票を獲得しましたが、貧困層の方が圧倒的に多いブラジルでは貧困層の支持を得た方が勝つのは当然ですよね。

ブラジルレアルが下がり始めたのはワールドカップでの大敗後ではなく、実はこの大統領選挙ぐらいから。
投票権の無い私はブラジル人の友人たちに「ブラジル経済を考えた場合、アエシオが大統領になった方が良いと思うよ」と言ってたんですけどね。

ジウマの再選が決まった途端、予想通りブラジルの株式と為替市場は大幅下落。
そして選挙が終わるのを待ったいたかのように本格化した国営石油会社ペトロブラスをめぐる汚職事件捜査。
この汚職事件捜査は未だに続いておりどういう結末を迎えるのかわかりません。

この事件を簡単に説明すると、ペトロブラス社は過去10年に渡り取引先と水増し契約を繰り返し約100億レアル(現在のレートで約3000億円、当時のレートだともっと凄い額です)の裏金を作り有力政党や政治家に違法献金していたというもの。
この事件に関してはまた別の機会に紹介したいと思います。

2008年のリーマンショックで、1レアル=60円台後半から30円台後半まで大暴落。
その後は40〜50円ぐらいで安定していましたが、ブラジルの財政悪化、経常赤字、景気悪化などへの懸念、それに加えアメリカの利上げ観測、世界的な資源価格下落、格付け会社によるブラジルの投機的格付けの引き下げ、ギリシャ情勢や中国市場の混乱などから、先月22日に1レアル=28円台、1ドル=4.24レアル台と過去最安値を更新しました。

今後の見通しとしては当分は1レアル=30円前後の低迷が続くんじゃないかと思います。(あくまで私の予想です)
posted by ごんた at 01:47| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

マナウスからクリチバへ


8月末にマナウスからクリチバへ戻ってきました。
現在クリチバは春なんですが、暑くなったり寒くなったりで体調管理が大変です。
posted by ごんた at 10:02| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。