2008年06月18日

移民の日

14905985.jpg
"Kasato Maru no tootyaku wa kyou de 100 shunen"
Chegada do Kasato Maru completa 100 anos hoje
ブラジルのサイトに掲載されていた写真です。

1908年4月28日、日本人781名を乗せた第1回移住船「笠戸丸」が神戸港を出航。笠戸丸は約2ヶ月の後、6月18日にブラジル・サントス港に入港しました。今日は笠戸丸からちょうど100年となります。

笠戸丸から始まったブラジル移住者の子孫は、現在では140万人を擁するとも言われる世界最大の日系社会を築き、日系人はブラジル国内でも高い評価を得るようになっています。

今日は首都ブラジリアでブラジルのルーラ大統領主催の日本人移住100周年の記念式典が行われ、式典には皇太子さまも参加されます。

最近、ブラジルのテレビでも日本のことがよく取り上げられており、今日も特集番組が放送されます。
posted by ごんた at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100976873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック