2008年06月30日

エヴェルトン・テイシェイラがK-1日本GP制覇

2008062.jpg

3年ぶりに開催された「K-1 ジャパンGP」、極真カラテの現役世界チャンピオンであるエヴェルトン・テイシェイラは、1回戦で高萩ツトム、準決勝で中迫強、決勝で前田慶次郎を破り、2001年のニコラス・ペタス、2005年のボブ・サップに続いて3人目の外国人ジャパンGP優勝者となりました。

ヘビー級タイトルマッチで王者バダ・ハリに挑戦したグラウベ・フェイトーザは1R2分30秒、右フックでKO負けを喫しています。

「K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA」
2008年6月29日(日)マリンメッセ福岡
全試合結果

▼メインイベント(第10試合) K-1 JAPAN GP2008トーナメント決勝戦 K-1ルール 3分3R延長2R
○エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●前田慶次郎(チームドラゴン)
※テイシェイラが優勝。

▼セミファイナル(第9試合) K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ K-1ルール 3分3R延長2R
○セーム・シュルト(オランダ/正道会館/王者)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-29
●ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner X tream team)
※シュルトが初防衛に成功。

▼第8試合 K-1ヘビー級タイトルマッチ K-1ルール 3分3R延長2R
○バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム/王者)
KO 1R2分30秒 ※右フック
●グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真会館/挑戦者)
※バダ・ハリが初防衛に成功。

▼第7試合 K-1 JAPAN GP2008トーナメント準決勝戦第2試合 K-1ルール 3分3R延長1R
○エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)
判定3-0 ※30-27、30-27、29-27
●中迫 強(ZEBRA 244)
※テイシェイラが決勝戦に進出。

▼第6試合 K-1 JAPAN GP2008トーナメント準決勝戦第1試合 K-1ルール 3分3R延長1R
○前田慶次郎(チームドラゴン)
判定3-0 ※30-29、30-29、29-28
●佐藤 匠(極真会館)
※前田が決勝戦に進出。

▼第5試合 K-1 JAPAN GP2008トーナメント一回戦 K-1ルール 3分3R延長1R 
○中迫 強(ZEBRA 244)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-29
●ベルナール・アッカ(コートジボアール/フリー)
※中迫が準決勝に進出。

▼第4試合 K-1 JAPAN GP2008トーナメント一回戦 K-1ルール 3分3R延長1R
○エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)
KO 1R2分18秒 ※右ヒザ蹴り
●高萩ツトム(チームドラゴン)
※テイシェイラが準決勝に進出。

▼第3試合 K-1 JAPAN GP2008トーナメント一回戦 K-1ルール 3分3R延長1R
○佐藤 匠(極真会館)
判定2-0 ※30-29、29-29、29-28
●野田 貢(シルバーアックス)
※佐藤が準決勝に進出。

▼第2試合 K-1 JAPAN GP2008トーナメント一回戦 K-1ルール 3分3R延長1R
○前田慶次郎(チームドラゴン)
判定2-0 ※30-29、30-30、30-29
●武蔵(正道会館)
※前田が準決勝に進出

▼第1試合 スーパーファイト K-1ルール 3分3R延長2R
○ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)
TKO 3R2分49秒 ※レフェリーストップ
●ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ(南アフリカ/フリー)

▼オープニングファイト K-1ルール 3分3R
○河野真弓(九州比山)
KO 1R1分29秒 ※左フック
●立川隆史(TRYOUT)

▼K-1 JAPAN GP2008トーナメント リザーブファイト K-1ルール 3分3R
○洪 太星(極真会館)
KO 1R1分52秒 ※右ローキック
●高森啓吾(谷山)
posted by ごんた at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック