2008年09月02日

10年後にはなくなっているかもしれないと思うもの

gooランキングに「10年後にはなくなっているかもしれないと思うものランキング」というものがありました。

1位はブラウン管のテレビ
ブラジルでは10年後も残っていそうですが、日本ではすでに生産が終了していますし、家電販売店などにももう置いてないので10年後にはほとんど残っていないでしょうね。

2位はダイヤル式電話
日本、ブラジルとも現時点でほとんど見かけませんね。

3位はレンタルビデオ(VHS)
日本、ブラジルともなくなるでしょうね。日本では下手するとレンタルDVDもなくなり、すべてネット配信になっているかも?

4位はスーパーやコンビニの無料レジ袋
どうでしょうね? 日本ではなくなりそうな気はしますが、ブラジルではなくならないかも?

5位は公衆電話
日本でもなくなりはしないと思いますが、数は今よりも減るでしょうね。ブラジルでも携帯電話(ほとんどがプリペイド式)の普及率は上がっていますが、携帯電話の通話料金が高いため受信専用の人が多く、公衆電話は減らないかもしれませんね。

6位はADSL
日本、ブラジルとも10年も経てば次世代の回線に変わるでしょうね。

7位はMD
ブラジルでは普及しませんでしたし、日本でもあと数年でなくなりそうでそうですね。

8位はインスタントカメラ
日本、ブラジルともなくなるでしょうね。代わりに使い捨てデジカメが登場するかも?

9位はマンガン乾電池
マンガン乾電池っていうのはなくなりそうですが、お金のないブラジル人は少しでも安い方が良いので、他の安い電池が開発されない限り残りそうですね。

10位は寝台列車
寝台列車は夜行バスに替わりそうですね。ブラジルはすでにないですよね?

ちなみに11位以下は、デパートの屋上遊園地、ディーゼルエンジン車両、年金、電車やバスの切符、ブルーレイ、CD/CD-ROM、灯油ストーブ、従量制課金、紙のレシート、日本の豪雪地帯、缶切り、歩行者天国、A4サイズ以上のノートパソコン、銀行の通帳、都道府県、栓抜き、青春ドラマ、ダイレクトメールとなっています。
posted by ごんた at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105873327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。