2008年12月13日

Carro-Forte

genkin2.jpg
日本の現金輸送車のイメージ

東京で現金輸送車から現金約6900万円が盗まれるという事件がありましたが、ニュースで輸送車の映像をみると日本は安全な国だなと改めて感じました。

4234295.jpg
ブラジルの現金輸送車“Carro-Forte”

ブラジルの輸送車は“Carro-Forte”(直訳すると強い車)と呼ばれ、現金を積む際には拳銃やショットガンを持った屈強な警備員が2〜3人警護します。

今回の事件の輸送車には51歳と52歳の男性警備員が2人乗車していたそうですが、路上のコインパーキングに輸送車を駐車し、約80メートル離れた郵便局へ行き、ATMの現金の回収や補充をして約50分後に車に戻ったところ現金が無くなっていたとのこと。施錠していたとは言え、6900万円の現金を積んだ輸送車に誰も残さずに1時間近く離れるということが信じられません。
事情を知っている人間なら簡単に襲えますよね。

ブラジルなら銀行のすぐ前に輸送車を停めますし(クリチバの歩行者天国にも現金輸送車は入ってきます)、銀行の外(輸送車の近く)にも警備員が残っていたと思います。輸送車の中は見たことがありませんが、中にも警備員が残っているんじゃないかな?
警備員はいつでも撃てるように銃に手をかけているので、怖くて近寄りがたい雰囲気です。

chivas.jpg
この写真、運んでいるのは高級ウイスキーだそうです
posted by ごんた at 22:54| Comment(0) | ブラジル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。