2009年03月29日

ブラウンGPがワンツーフィニッシュ

bgp.jpg

F1開幕戦「オーストラリアGP」で、ポールポジションスタートのジェンソン・バトン(英国、ブラウンGP)が1時間34分15秒784のタイムで通算2勝目、チームメートのルーベンス・バリチェロ(ブラジル)が2位に入り、昨年末にF1撤退したホンダからチームを引き継いだ新チームのブラウンGPがワンツーフィニッシュを飾りました。
この勝利で白のマシンがスポンサーロゴで徐々にカラフルになっていきそうですね。

新チームのデビュー戦Vはウルフ以来32年ぶり、ワンツーはメルセデス以来55年ぶりの快挙だそうですが、ホンダが昨季から開発を進めてきた09年型の車体にメルセデスのエンジンを搭載したマシンなので、新チームとは言えない様な感じです。
ホンダがF1撤退した途端に優勝というのも皮肉なものですが、F1に詳しい友人はホンダエンジンでは勝てなかっただろうと言ってました。
posted by ごんた at 23:10| Comment(0) | ブラジルスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。