2009年11月03日

サッカーの話

2010年ワールドカップ南アフリカ大会の南米予選をトップで通過したサッカー王国ブラジル。そんなブラジルで男が集まれば当然話題はサッカーなんですが、クリチバにいるときは周りが日本人ばかりのせいかほとんどサッカーの話はしませんでした。
しかしマナウスに来ると、これぞブラジルという感じで誰と会ってもサッカーの話になります。

カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル選手権)も終盤、残るは5試合。
首位パルメイラス(勝点58)、2位サンパウロ(同58)、3位アトレチコ・ミネイロ(同56)、4位フラメンゴ(同54)、5位インテルナショナウ(同52)と大混戦。
サンパウロを応援する義弟、フラメンゴを応援する義兄や義妹の旦那などは大いに盛り上がっているんですが、私の応援するチームは2部リーグで首位を快走中…

私がまだ旅行者だった頃、3日に1度はバスコのユニフォームやTシャツを着ていたので、古い友達は私がバスカイーノ(バスコ・ダ・ガマを応援する人)だということを知っていて、私の顔を見るとバスコは“2部”で頑張ってるね〜とからかいにきます。

1部復帰が確定的なバスコよりも気になるのが、クリチバの2チーム。
今年10月にチーム創設100周年を迎えたコリチーバは14位、アトレチコ・パラナエンセは15位と2部降格(17位以下)も有り得る位置。
どちらを応援している訳でもないんですが、地元チームが1部リーグにいなくなるのは寂しいですからね、残り5試合、気を抜かずに頑張ってもらいたいものです。
posted by ごんた at 10:54| Comment(0) | ブラジルスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。