2010年01月07日

água-viva? queima?

テレビから“água-viva”、“queima”という単語が聞こえたので、画面を見ると海水浴客がインタビューに答えていました。
直訳すると“água-viva”は生きた水、“queima”は燃やすや焼く、火傷などを意味します。

肌を焼くときはたまに水浴びして体を冷やせ? 日焼けして水ぶくれ?など思い浮かんだんですが、“água-viva”ってどっかで聞いたことあるよなと考えていたら思い出しました。

“água-viva”はクラゲです。
確かにクラゲに刺されたら火傷のような痛みがありますね。
posted by ごんた at 17:27| Comment(0) | ポルトガル語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。