2011年04月01日

クリチバの新型青バス

3月28日に318歳の誕生日を迎えたクリチバに新型バスが導入されました。

onibus azul.jpg

3両編成の大型連接バスはクリチバでは見慣れた光景なんですが、今回導入されたのは色が青!
全長28m、車幅2.5m、乗車定員250名は世界最大だそうです。(日本一般的な路線バスは全長約10m)
“Pinheirinho - Carlos Gomes”と“Pinheirinho - Boqueirão”に導入されたようなので、今度セントロへ行くときに遠回りになるけど乗ってみようと思います。

onibus novo.jpg

6月までに544台の新しいバスが導入されるとのこと。
クリチバ市内のバス運賃は今年3月にR$2,20からR$2,50に値上げされましたが、またすぐに値上げにならないようにして欲しいですね。
ちなみに市内観光バスがR$20,00からR$25,00、うちからクリチバへ行くバスはR$1,95からR$2,40に値上げされました。(R$1,00=¥50)

ベット・ヒッシャ(現パラナ州知事)の選挙公約にクリチバのヘジオン・メトロポリターナ(衛星都市)のバス料金を下げるというのがあったと思いますが、やっぱり口だけでした。
posted by ごんた at 01:29| Comment(0) | クリチバ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。