2006年10月21日

無犯罪証明書(犯罪経歴証明書)について

この書類は、日本での犯罪経歴を証明するもので、永住査証申請の際に必要となります。
無犯罪証明書は各都道府県の警察本部で申請することができますが、永住査証の申請の際には、外務省による認証、在日ブラジル総領事館による認証、公証翻訳人による翻訳が必要となります。

無犯罪証明書の申請に必要な書類
※申請の際には必ず各都道府県の警察本部でご確認下さい
・パスポート(有効期限内のもの、コピー不可)
・戸籍謄本又は抄本(6ヶ月以内のもの)
・住民票(6ヶ月以内のもの)
・証明書の発給を必要としている事実が確認できる公的機関発行の書類(大使館発行の依頼書、ビザ申請書の記入済みのもの 等)
※手数料はかかりません。

申請の際には指紋を採取されますので、必ず本人が申請に行かなければいけません。
申請してから犯罪経歴証明書が交付されるまで約1週間くらいかかります。
申請者以外の方(代理の方)が受領する場合は次のものが必要となります。
・委任状
・代理の方の身元が確認できるもの(運転免許証、健康保険証など)

外務省による認証
申請窓口は、外務本省(東京)及び大阪分室の2か所です。
証明手数料はかかりません。
申請及び受け取りの方法は以下の3つです。
1)窓口で申請して、後日、窓口で証明書を受け取る
2)窓口で申請して、後日、郵便で受け取る
3)郵便で申請して、後日、郵便で受け取る
(注1)郵便返却は駐日外国大使館・領事館への直接発送はできません。
(注2)本人申請以外は必ず委任状を同封しなければいけません。

詳細は外務省のサイトでご確認ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/shomei/index.html

在日ブラジル総領事館による認証
申請は管轄する総領事館で行います。
本人が直接出向いて申請することもできますし、郵送での申請も可能です。
手数料は¥3000、郵送での申請の場合は、専用の振込用紙にて手数料を支払い、振込金受取書(青色の控え)と一緒に郵送します。

在日東京ブラジル総領事館のサイト
http://www.consbrasil.org/

在日名古屋ブラジル総領事館のサイト
http://consuladonagoya.org/

公証翻訳人による翻訳(ブラジルで永住査証を申請する場合)
在日ブラジル総領事館による認証までが日本で行う準備となります。
ブラジル到着後、公証翻訳人による翻訳を依頼します。
posted by ごんた at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルビザ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25852310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。