2006年12月31日

桜庭和志がブラジル人に「変身」

昨日、大阪で行われた「K−1 Dynamite!!」の前日会見で、桜庭和志がポルトガル語を連発。
桜庭といえば昨夏からたびたびブラジルに渡り、ヴァンダレイ・シウバやマウリシオ・ショーグンが所属するシュートボクセアカデミーで合宿していましたね。
桜庭の口から出てきたポルトガル語は、トゥドゥベーン、オブリガードなどブラジルでよく使ってた言葉、「いろんな選手がいろんな言葉でしゃべっていたので僕も使いたかった」そうです。

私もそろそろポルトガル語の勉強を再開します。
簡単な日常会話はできますが、移住となるともっと話せるようならないとキツイですからね。
今までの復習も兼ねて、このブログでも簡単なポルトガル語から紹介していきたいと思います。
posted by ごんた at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルトガル語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30585523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。