2014年06月25日

ワールドカップ 日本敗退

ワールドカップ決勝トーナメント進出を掛けてコロンビアと対戦した日本、前半を終わって1-1の同点。
この時点でギリシャはコートジボアールに1−0でリードしており、もしかすると奇跡が起こるかも?と思ったんですが後半に3点追加され終わってみれば1−4と完敗。Cグループ最下位で敗退してしまいました。

ブラジルにいるとなかなか日本代表の試合は観られませんが、今回の代表は強いと聞いていたのでちょっと期待していたんですが…

ブラジルはAグループを1位通過し、決勝トーナメント1回戦は南米チリと対戦します。
これに勝つと次はコロンビア対ウルグアイの勝者と対戦、南米同士の潰し合いになります。

ここまでの試合を見ると地元の南米諸国が12勝3敗1分なのに対し、欧州諸国は13勝14敗5分でスペイン、イタリア、イングランドなど優勝経験のある強豪国が敗退しています。
これまで南米諸国で開催されたワールドカップ全てで南米諸国が優勝していることを考えると、今大会は本命ブラジル、対抗アルゼンチンという感じでしょうか。
posted by ごんた at 08:07| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。