2007年09月06日

モモの最後

DSC07252.jpg

昨日はヨロヨロと歩き回っていましたが、深夜に容態が急変し、天国へ旅立ちました。

深夜に悲鳴のような鳴き声で目が覚め、モモの様子を見に行ったところ、荒い息をしながら時折悲鳴のような鳴き声で呻いていました。
15分ほど撫でてやると少し息がましになったので私はそのまま寝てしまったのですが、今朝起きてモモの様子を見に行くと、夜中に撫でてやったときの姿勢のまま永眠していました。
モモがうちに来たのは5月19日の夜、わずか3ヶ月半しか一緒に暮らすことができませんでいしたが、本当にたくさんの思い出を残してくれました。

モモは死んでしまいましたが、まだ病気との闘いは終わっていません。ナナやネネへの感染という可能性が残っています。
ジステンパーの潜伏期間は1週間〜10日、モモが体調を崩してからすでに10日以上経過しています。
ナナは何でもよく食べていますし、目やになど気になっていた症状も収まり感染の可能性はほとんどないと思いますが、ネネは咳や目やに加え、食欲も普段に比べて落ちており、感染している可能性があります。

たくさんの方々から励ましやアドバイスをいただき、大変励みになりました。
ネネが良くなるまで闘病生活は続きますが、頑張って看病していきたいと思います。
posted by ごんた at 22:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 3匹の犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも読んでます。
自分も動物(猫ですが)飼っているので、気持ちをお察しします。読んだ限り,やることはすべてやったようなので、モモちゃんはも、安心感をもって永眠できたと思います。
Posted by Hiromichi Matsubara at 2007年09月06日 22:44
コメントありがとうございます。

落ち込んでいても仕方がないので、気持ちを切り替えていきたいと思います。
Posted by ごんた at 2007年09月06日 23:16
そうだったんですか・・・。

なんとも言葉がありません。

最初の首輪の写真を見て涙が出ました。
ブラジルに来てから涙もろくていけません。
Posted by カエル at 2007年09月07日 00:45
ありがとうございます。

自分が泣いたら周りも悲しむと思い、朝から涙を堪えていますが、メッセージをもらうたびに涙が出てしまいます。
Posted by ごんた at 2007年09月07日 01:35
首輪の写真を見て本当に悲しくなりました。直に見たことも触ったこともないのに、何だかごんたさんの気持ち、感じ取れた気がしました。きっと、見た人は誰もが同じだと思います。
かわいそうでしたね。。
でも、今はきっと、楽しく走り回っているでしょうね。そして、ごんたさんの所で生活出来て,ナナちゃん、ネネちゃんと一緒に居て,きっと最高に幸せだったと思いますよ。ネネちゃんにはがんばって欲しいですね。
じゃあね、ももちゃん。
Posted by eminha at 2007年09月07日 05:59
庭のオレンジの木の下に今でもモモがいるような気がして、ついつい見てしまいます。

最低でも10年ぐらいは一緒にいられると思っていたのに、こんなに早く別れる日が来るとは思いませんでした。

ナナとネネにはモモの分まで長生きして欲しいと思います。
Posted by ごんた at 2007年09月07日 06:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54221321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック