2007年09月17日

OlodumのDVDが海外進出

olodum4.jpg

Olodum(オロドゥン)の2枚目のDVD「O Poeta Olodum」が、日本、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなど世界中で発売されます。
今年6月にスイスで行われた「Festival de Montreux」の模様を収録したもので、最新ヴォーカリスタのルーカスと最古参のジェルマーノがマイクを分け合っています。

オロドゥンとは、1979年に発足したBloco-afro(ブロッコ・アフロ)と呼ばれるカーニバル団体、「Olodum」という名の由来は、ヨルバ語で「神位」を指す言葉「Olodumar」からきています。

ブロッコ・アフロは商業的なバンドではなく、音楽、舞踊、演劇などを通して、アフリカの伝統や黒人の誇りなどを伝えていくアフロ・ブラジレイロス(アフリカ系ブラジル人)の文化団体で、オロドゥンは人種差別問題とそれによる社会的貧富の差の解決のために文化的運動をしてきました。

olodum5.jpg

1980年代中頃、ネギーニョ・ド・サンバをリーダーに迎え「samba reggae」(サンバ・ヘギ)を提唱、瞬く間にサルバドールのカーニバルを席巻し、1980年代後半にはいるとオロドゥンはブロコ・アフロの最上位とされ、世界的にも知られるようになりました。

オロドゥンの活動はカーニバルと音楽だけに留まらず、年間を通して、セミナー、スピーチ、文化協議会や政治会議などのスポンサーをつとめ、月刊誌「バントゥ・ナグ」も出版しています。
また学校の運営も行っており、サルバドールの恵まれない子供達に一般科目から芸術にいたる全ての学科を教え、若者達に自尊心を植えつけ、経済的向上を促そうとしています。
posted by ごんた at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック