2007年12月13日

南米の日本人宿

南米にはたくさんの日本人宿がありますが、ペンション・サウダーヂのお隣さんと言えば、サンパウロのペンション荒木、ブエノスアイレスの日本旅館、パラグアイ・イグアス移住地のペンション園田となります。
お隣さんと言っても何百キロも離れているんですが、南米を旅行するバックパッカーの方にとっては、次の目的地となることが多いと思います。

ペンション荒木は南米で最も有名な日本人宿で、私も何度も利用させていただいています。
サンパウロのリベルダーヂ(東洋人街)の端に位置し、地下鉄駅サンジョアキン駅から徒歩5分と立地も抜群です。
ドミトリーで1泊35レアル、2泊以上の場合は30レアルとちょっと割高ですが、月払いすれば1ヶ月350レアルとなるため、長期滞在する方が多いのが特徴です。

日本旅館はまだ行ったことがありませんが、現在、南米で一番お客さんが多い宿じゃないでしょうか?
セントロ(中心)から少し離れているようですが、麻雀卓などもあって長期滞在する人が多いそうです。
ドミトリー(1泊あたりの料金)は1泊17ペソ、15泊以上15ペソ、30泊以上14ペソ、60泊以上13ペソ、90泊以上12ペソ
ツインルーム(1泊あたりの料金)は1泊20ペソ、15泊以上18ペソ、30泊以上17ペソ、60泊以上16ペソ、90泊以上15ペソ
http://www.geocities.jp/nihonryokan_ar/index.html

ペンション園田はうちと同じく今年オープンの新しい宿です。
イグアスの三国国境パラグアイ側の町シウダー・デル・エステからアスンシオン方面へバスで約1時間、41km地点のイグアス移住地にあります。
ドミトリーは1泊8ドル、シングルは1泊10ドル、1週間宿泊で1泊無料となるそうです。
http://pensono.web.fc2.com/

ちなみにペンション・サウダーヂの宿泊料金は、ドミトリー(1泊あたりの料金)で1泊15レアル、1週間以上14レアル、2週間以上13レアル、3週間以上12レアル、1ヶ月以上10レアルに設定しました。
南米の中でもブラジルは物価が高く、また入国にはビザが必要なため、南米を旅行していてもブラジルへは入国しないという人が多いため、できるだけ周りの国の物価に合わせた値段設定にしたいと考えています。
ただしブラジルはインフレで毎年物価が上がっていますし、経営が成り立たず、すぐに閉鎖となってしまってはどうしようもないため、来年4月に宿泊料金を改定する予定です。

最近、ペンション園田のオーナー夫婦とはメールで連絡を取り合っているんですが、お互いに協力しあい成長していければ良いですねと話をしています。

※1レアル=63.3円、1ペソ=35.7円、1ドル=112.0円
posted by ごんた at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンション・サウダーヂ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72519025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。