2007年12月29日

ブラジル観光ビザの延長

宿泊中の旅行者のブラジル観光ビザ延長のため、Polícia Federal(ポリシア・フェデラウ)へ行ってきました。

以前はクリチバのセントロ(長距離バスターミナルのすぐ近く)にあったんですが、いつの間にか場所が変わっていました。
新しい住所は、Rua Professora Sandália Monzon, 210, próximo ao Terminal do Santa Cândida
クリチバのセントロからは結構遠く、Santa Cândida(サンタ・カンヂダ)のバスターミナルから徒歩5分ほどのところです。

DSC08512.jpg
バスターミナルから見たPolícia Federal

DSC08514.jpg
Polícia Federal

ビザ延長申請に必要なものは、パスポート、入国カード、出国日の日付が入った航空券またはバスの乗車券、申請用紙(Polícia Federalでもらえます)、ビザ延長費用R$67(約4300円)
なおビザ延長はビザの残り期間が5日ぐらいになるまで受け付けてくれないようです。

この旅行者は、ウルグアイのモンテビデオでブラジル観光ビザを所得したんですが、通常の半分(45日間)しかもらえませんでした。
以前に聞いた話では、もらったビザと同じ期間しか延長できないということでしたが、クリチバのPolícia Federalで聞いたところ、90日間の延長も可能ということでした。

また延長費用の支払いは、下記のサイトにアクセスして支払い用紙をプリントアウトし、それを銀行へ持って行って支払い、領収書を書類と一緒に提出します。
http://www.dpf.gov.br/
先ほど、このサイトにアクセスしてみましたが、何が何だかわかりませんでした。
posted by ごんた at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルビザ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75266863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック