2007年12月30日

何で日本人以外の客をとらないの?

「クリチバで日本人専用のゲストハウスを経営している」と人に話すと、「そんなんで食べていけるの?」とよく聞かれます。
今の知名度でははっきり言って厳しいんですが、何年か頑張り、知名度が上がってくれば十分やっていけると考えています。

多くの人が日本人専用というところに引っかかるようで「何で日本人以外の客をとらないの?」と聞かれますが、一番の理由は、誰でも泊まれる安宿はどこにでもあるということです。
長距離バスターミナル周辺に安いホテルはたくさんありますので、わざわざうちに泊まる必要はありません。

また私の英語は中学1年レベル、英語で何か質問されてもまったく答えられません。
しかし日本人に限定することで、私もお客さんも日本語で気兼ねなく会話でき、私の持っている情報の提供や旅行者同士の情報交換がうまくできます。

海外を長期旅行された方ならわかると思いますが、何週間、何ヶ月と日本語を話さずに一人旅をしていると、日本人宿は砂漠の中のオアシスのような存在です。
オアシスの位置が砂漠地域の通商路において重要であるように、日本人宿の位置がバックパッカーのルート設定に及ぼす影響も大きいと思います。

今までイグアスからブラジルに入国した旅行者は、直接サンパウロやリオデジャネイロに移動する人が多かったと思いますが、そのルート上にあるクリチバでブラジル情報が収集できるということであれば立ち寄る人も増えてくると思いますし、イグアスだけでなく、ブエノスアイレスやモンテビデオから北上してきた人にも同じことが言えます。
またそういった人が残してくれたイグアス、アルゼンチン、ウルグアイなどの情報を収集するため、ブラジル出国前に立ち寄る人も増えると思います。

以前にうちに宿泊していた格闘家のマサトくんは、「世界一周した」とか「世界一周する」なんて言う人に出会ったことがなかったそうです。
日本で普通に生活していると滅多に出会うことはないと思いますが、現在までにペンション・サウダーヂに宿泊された11人のお客さんのうち6人が世界一周中の方で、マサトくんも4人の世界一周旅行者に出会い、かなりカルチャーショックを受けたようでした。

世界一周する旅行者の多くは、ガイドブックを持たず(荷物の関係で持てず)に旅しているので、インターネットや日本人宿などに置いてある情報ノート、旅先で出会った旅行者の情報を頼りにしており、口コミでどんどん広まっていきます。
お客さんに嫌な思いをさせればマイナス面もすぐに口コミで広まってしまいますので、そういうことが無い様、クリチバ滞在を気持ちよく楽しんでもらえるような宿にしたいと思います。
posted by ごんた at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ペンション・サウダーヂ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。杉山といいます。今フロリアノポリスにいるのですがまだわかりませんがもしかしたら明日泊まらせて頂くことになるかもしれないのですがよろしいでしょうか?
Posted by sugiyama at 2007年12月31日 00:15
こちらは大丈夫ですよ。
だいたいの到着時間をご連絡いただければ助かります。
Posted by ごんた at 2007年12月31日 01:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75481854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック