2008年03月02日

ブラジルから南米各国への航空券が安くなる

3月からブラジルから南米12ヶ国(アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、仏領ギアナ、スリナム)向けの航空料金が安くなりました。

これまで最大30%だった割引を50%に変更されたためで、6月1日からは80%、9月1日以降は制限がなくなります。
今回の措置は国内資本、外国資本の区別なく適用され、欧州向けの料金制約も廃止するようです。

ブラジルから南米の他の国へ移動で飛行機を使ったことがないんですが、安くなってくれるのはありがたいですね。
現在、リオデジャネイロからブエノスアイレスへの定価がR$379だそうですが、50%OFFだとR$189.5(約12000円)となります。
posted by ごんた at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴重な情報、ありがとうございます!
安くなる分には有難いですね。
Posted by ロビン at 2008年03月03日 07:37
ブラジルはインフレで何でも高くなるのが当たり前なので、安くなるというのは嬉しいですね。
Posted by ごんた at 2008年03月03日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック