2008年03月22日

パラナ松 (Pinheiro do Paraná)

DSC06747.JPG

クリチバは緑地の保存に力を入れており、樹木を伐採をする場合、市役所の許可を受けなければいけません。
許可が受けられたとしても、1本の樹木を伐採するごとに2本の樹を植えなければならないんですが、これがクリチバのシンボルであるパラナ松(Pinheiro do Paraná、正式名はAraucária)の場合、4本の樹を植えなければいけません。
※植樹する木はパラナ松でなくても構わないんですが、クリチバ地方に自生する木に限られています。

DSC08439.JPG
歩道に描かれたパラナ松

初めてこの木を見たとき「変な木だな」と思いました。
上の方にしか枝がないんですが、下の枝はどうなったんだろう?とずっと疑問に思っていました。
いろいろな人に話を聞いたところ、下の枝は勝手に落ちるということだったんですが、大きなものでは高さが60mを超えるというパラナ松の巨大な枝が落ちてくると思うとちょっと怖いですね。

DSC05733.JPG
道端でピニャォンを売る人

パラナ松の松かさはピニャォン(Pinhão)と呼ばれ、食べることができます。
食べ方や味は栗と同じような感じです。

DSC03520.JPG
ペンション・サウダーヂ前の朝焼け
posted by ごんた at 12:10| Comment(2) | TrackBack(0) | クリチバ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログを見て思い出しました。
初めてブラジル・クリチバに行った冬?
友達のパウロのナモラーダが連れて行って
くれた なんのお祭かわかりませんが
ケントーンを出すお祭、ピンニョの実と
ワインを煮詰めた? 独特のケントーン酒、
おいしかった〜
懐かしいクリチバの思い出です。

昔のクリチバ市民より
Posted by ケントーン at 2008年03月23日 10:45
Quentãoですね、まだ飲んだことがありません。
何のお祭りなんでしょうね?ワインだからサンタ・フェリシダーヂのぶどう祭りかな?
今度見つけたら飲んでみます。
Posted by ごんた at 2008年03月23日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック