2008年05月19日

ホジャー・グレイシーが衝撃デビュー

3月に旗揚げした新総合格闘技イベント「戦極−SENGOKU」の第2戦「戦極〜第二陣〜」が18日、東京・有明コロシアムで開催され、セミファイナルに登場したホジャー・グレイシーはパンクラスのエース近藤有己に何もさせず、1R 2分40秒 チョークスリーパーで日本デビュー戦を白星で飾りました。

■WVR「戦極〜第二陣」
5月18日(日) 東京・有明コロシアム

<第8試合 ヘビー級>
○ジョシュ・バーネット(米国/フリー)
(3R判定 3−0)
●ジェフ・モンソン(米国/アメリカン・トップチーム)

<第7試合 無差別>
●近藤有己(日本/パンクラスism)
(1R 2分40秒 チョークスリーパー)
○ホジャー・グレイシー(ブラジル/ホジャー・グレイシー柔術アカデミー)

<第5試合 ヘビー級>
○中尾“KISS”芳広(日本/TEAM TACKLER)
(2R 0分46秒 TKO)
●BIG・ジム・ヨーク(ニュージーランド/ファイブ・リングス・ドージョー)

<第6試合 ライトヘビー級>
●川村 亮(日本/パンクラスism)
(3R判定 0−3)
○ケビン・ランデルマン(米国/ハンマーハウス)

<第3試合 ライト級>
光岡映二(日本/和術慧舟會RJW) ○
(1R 4分15秒 チョークスリーパー)
●イ・グァンヒ(韓国/Tuhon Jeongsim Gym)

<第4試合 ミドル級>
●佐々木有生(日本/GRABAKA)
(3R 2分10秒 腕十字固め)
○ジョルジ・サンチアゴ(ブラジル/アメリカン・トップチーム)

<第2試合 ウェルター級>
○マイク・パイル(米国/エクストリーム・クートゥア・ジム)
(1R 4分52秒 三角絞め)
●ダン・ホーンバックル(米国/McVicker’s Martial Arts Academy)

<第1試合 ライト級>
○北岡 悟(日本/パンクラスism)
(1R 0分50秒 フロントチョーク)
●イアン・シャファー(オーストラリア/チーム・シャファー)
posted by ごんた at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97243876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック