2009年12月23日

O verão começou

夏時間が始まって2ヶ月が経過しましたが、正式には今週の月曜日(21日)の午後から夏が始まったそうです。
月曜日の夜は室内でも28℃もあり、ほとんど使ったことがない扇風機が活躍しましたが、深夜になると気温も下がり、寝るときはいつも通り窓を閉め切って寝ました。

granizo.jpg

サンパウロやミナスでは雹が降り、場所によっては40分間も降り続け、10cmも積もったとか。
北半球の寒そうな冬景色をニュースで見かけることはよくありますが、まさか真夏のブラジルでこんな景色が見られるとは・・・
posted by ごんた at 14:15| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

サンパウロのバス値上げ

現在、R$2.30(約115円)のサンパウロのバスが来年1月からR$2.70(約135円)に値上げされることが決まりました。
毎日の出勤や通学に利用している人にとっては大きな出費です。

クリチバは前回の値上げでR$1.90からR$2.20へと30センターボの値上がりでしたが、今回のサンパウロはそれを上回る40センターボ、17.4%もの値上げです。

クリチバからペンション・サウダーヂまでのバスは引っ越してきた2年半前と変わらずR$1.95のままですが、そろそろ値上げされるのかな?
posted by ごんた at 12:24| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ブラジル高速鉄道の入札案公表

ブラジル政府がようやく高速鉄道(trem-bala)の建設・運営事業者を選定する入札手続きを開始しました。

評価基準の原案はブラジル政府の資金負担が少ない事業計画を示した応札者に有利になるもので、入札原案によると政府は346億レアル(約1兆7500億円)と見込まれる総事業費のうち最大209億レアルを融資、入札は政府融資額の少なさ(評価点の70%)と運賃の安さ(同30%)を競わせる内容となっています。

運賃の上限はエコノミークラスで1kmあたり0.5レアル(約25円)に設定されており、サンパウロ−リオデジャネイロ(約435キロメートル)の運賃は217.5レアル(約10800円)となります。
なお所要時間は1時間37分、ピーク時には20分置きに運行される予定で、年間700万人の利用が見込まれています。

応札には高速鉄道の建設・運営の経験があることが必要となっていますが、評価基準では技術的な項目は設けらていません。
※鉄道開発技術の移転は必須項目として盛り込まれています。

日本からは三井物産や三菱重工業など4社で構成する企業連合が新幹線方式導入に向け応札準備が進められており、韓国、中国、フランス、オーストリア、スペイン、ドイツなどとの競合が予想されます。

今後は4ヶ所で公聴会を行い、入札告示を経て、遅くとも来年6月までには落札者が決まる予定。
開通は2015年以降となりそうなので、2014年のワールドカップには間に合いそうもありませんが、2016年のオリンピックまでには開通しそうです。

またリオデジャネイロ(centro do Rio de Janeiro、Aeroporto Santos Dumont、Aeroporto do Galeão)、サンパウロ(centro de São Paulo、Aeroporto de Guarulhos)、カンピーナス(centro de Campinas、Aeroporto de Viracopos)に加え、ほぼ中間に位置するアパレシーダ(Aparecida do Norte)にも駅が設置されることが発表され、残り2つの駅は、リオデジャネイロ州側(Volta Redonda、Barra Mansa、Resendeのいずれか)に一つ、サンパウロ州側(São José dos Campos、Taubatéのどちらか)に一つ設置されることになっています。
posted by ごんた at 12:14| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

Roberto Carlos

最近、Roberto Carlos(ロベルト・カルロス)と言う名前をよく耳にします。


日本で一番有名なロベカルと言えば、長年レアル・マドリーで活躍した元ブラジル代表の左サイドバック。
フェネルバフチェ(トルコ)を退団することが正式に決まり、来年はコリンチャンスに入団することが確実視されています。
今年はロナウド、アドリアーノ、フレッジ、ニウマールなどのビッグネームがブラジル国内サッカーを盛り上げましたが、ロナウドとロベカルが一緒にプレーするとなると観客動員数が更にアップしそうですね。


サッカーのロベカルは当然ブラジルでも有名ですが、ブラジルでホベルト・カルロス(ポルトガル語読み)と言えば、歌手生活50周年を迎えたブラジル音楽界のREI(王様)。
先日、腰の痛みによりコンサートをキャンセルしたようで、体調が心配されています。
たまにホベカルの歌をテレビやラジオで耳にしますが良い曲が多いですね。

そして先日、日本でもニュースになった、「魔術」などと称して2歳男児に42本の針を刺し込んだ継父もホベルト・カルロスでした。
昨日、この針の摘出手術が行われ、命にかかわる心臓付近や肺に刺さった4本を無事取り除かれましたが、残りは来週以降に持ち越されました。
針を刺し込んだ継父やその愛人ら3人が逮捕されましたが、継父以外の2人は関与を否定しています。
posted by ごんた at 20:55| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

大停電の原因はサイバーテロ?

昨夜の大停電のニュースをネットで見ていたら、変なニュースを見付けました。

ブラジルの大停電、原因はサイバー攻撃 米CBS

【11月7日 AFP】ブラジルで2005年と2007年に発生した大規模な停電は、サイバー攻撃が原因だったと、米テレビCBSが7日、明らかにした。

 8日に放映予定の報道番組「60ミニッツ(60 Minutes)」で、「ハッカー」による仕業だとして取り上げられるのは、2007年にブラジルのエスピリト・サント(Espirito Santo)州で発生し300万人以上が影響を受けた大停電と、2005年、同じくブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)州で起きたそれよりは小規模な停電。

「60ミニッツ」では米国に対するサイバー攻撃の脅威を取材する過程で、この事実を突き止めたという。同番組に出演したマイク・マコネル(Mike McConnell)前米国家情報長官は、同様の攻撃が米国にも起こりうるとの考えを明かした。また、米国の電力網がサイバー攻撃の侵入を受けた場合、そうした攻撃に対する備えは米国に整っていないという。

 今年初めに米国ではホワイトハウス、国務省、国防総省のウェブサイトがサイバー攻撃を受けたが、その際には北朝鮮かその支援者によるものだという憶測が流れた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2660900/4865661

大停電が起こる3日前のニュースです。
今回の大停電とも関係しているんでしょうかね?
ブラジルでもこのニュースが注目されています。

Ataques de hackers já provocaram pelo menos dois apagões que afetaram ao mesmo tempo várias cidades do Brasil nos últimos quatro anos, segundo fontes da CIA e da área de segurança dos Estados Unidos. As informações foram divulgadas pela imprensa dos EUA. Um ex-diplomata americano ouvido pelo GLOBO confirmou a denúncia. Segundo as fontes americanas, os apagões em questão aconteceram em 2005, no Rio de Janeiro, e em 2007, no Espírito Santo e norte do Rio, este último afetando milhões de pessoas. Órgãos brasileiros não confirmam as informações de oficiais americanos e não há provas até agora de que o apagão de terça-feira tenha sido causado por um ciberataque.

- Fui informado por fontes confiáveis da CIA e do departamento de Defesa de que os ataques mencionados publicamente no passado pela própria CIA e pelo presidente (Barack) Obama aconteceram no Brasil - afirmou James Lewis, ex-diplomata americano e hoje especialista em cibersegurança do Centro de Estudos Estratégicos e Internacionais, com sede em Washington.

No ano passado, quatro meses depois de assumir o cargo, Obama citou os ataques para afirmar que a possibilidade de uma guerra virtual no mundo tinha deixado o campo da teoria. O presidente americano decretou a segurança cibernética uma prioridade nacional.

- Sabemos que invasores cibernéticos testaram nossa rede elétrica, e que em outros países ataques cibernéticos deixaram cidades inteiras no escuro - afirmou, sem mencionar o país. - Está claro que a ameaça cibernética é um dos desafios econômicos e de segurança nacional mais sérios que enfrentamos como nação.

Em 2008, o principal analista de ciberssegurança da CIA havia anunciado que hackers invadiram o sistema de companias de serviço público fora dos EUA fazendo exigências. Em pelo menos um caso, acrescentou, eles haviam provocado um apagão em várias cidades. A CIA, na época, também não revelou o país.

- Não sabemos quem executou esses ataques e por que, mas todos envolveram invasores através da internet - afirmou Tom Donahue, da CIA, em janeiro de 2008 ao jornal "Washington Post", que considerou na época a revelação incomum.

Rumores na área de segurança americana davam conta de que os ataques mencionados teriam acontecido no Brasil, segundo o GLOBO apurou três semanas antes do apagão de terça.

No domingo passado, o programa "60 Minutes" da CBS confirmou os rumores com pelo menos seis fontes gabaritadas do serviço secreto, da área militar e de organizações da área de segurança dos Estados Unidos. O programa afirma que Obama e a CIA se referiam ao Brasil em seus comentários. Segundo a revista "Wired", Richard Clarke, um dos maiores especialistas americanos em guerra cibernética, também já havia confirmado publicamente os ataques no Brasil.

Segundo a CBS, os ataques aconteceram em três cidades do Rio de Janeiro em 2005 e em várias cidades do Espírito Santo em 26 de setembro de 2007, este último afetando milhões de pessoas. Segundo a reportagem do GLOBO publicada na época, o apagão afetou também cidades do Norte do Rio, embora tenha se concentrado no Espírito Santo.

Lewis explica ser comum casos de extorsão por parte de hackers, mas que geralmente as empresas preferem não divulgar os ataques. A invasão, nesses casos, é feita por pequenos grupos de criminosos cibernéticos equipados com bons computadores. Ele informa que há ataques conhecidos a empresas americanas e inglesas.

- Sabe-se que a máfia russa, chineses e até brasileiros realizam ataques do gênero. Eles pedem dinheiro e, se não forem atendidos, derrubam o sistema - afirma. - Não dá para saber se o último apagão foi causado por hackers. Mas certamente esta é uma possibilidade.

Alan Paller, diretor de segurança do Sans, um megainstituto americano de treinamento e certificação na área de segurança, confirma que casos de extorsão respondem por uma grande parcela dos crimes cibernéticos.

- Não tenho informações de bastidores sobre esse caso. Mas é sim possível que um hacker tenha gerado o apagão. Ataques a empresas de serviço público são cada vez mais comuns - afirmou Paller, ressalvando que as empresas, especialmente na área de defesa e de serviços públicos, quase nunca admitem que seus sistemas foram invadidos, preferindo ficar com o prejuízo.

Ele cita casos clássicos de extorsão como o roubo, no início do milênio, de um milhão de números de cartões de crédito nos EUA. Algumas empresas chegaram a pagar 100 mil libras para não ter os dados revelados. Outro ataque famoso afetou o setor de jogos, e um terceiro, uma organização médica americana ameaçada de ter os dados dos pacientes divulgados. O quarto caso, diz, foi o anúncio da CIA de que hackers provocaram apagões.

- Muita gente acaba pagando - diz.

O ministro de Minas e Energia, Edison Lobão, não quis comentar a possibilidade de o apagão ter sido causado por algum hacker, mas afirmou que tudo será averiguado. Furnas também nega. Segundo a empresa, em 2007 a causa do apagão foi a poluição acumulada sobre os cabos de energia por conta da falta de chuvas na região por cerca de oito meses. O ex-presidente da Eletrobrás e atual diretor da Coppe/UFRJ, Luiz Pinguelli Rosa, afirmou em entrevista à GloboNews não acreditar que o apagão de terça-feira tenha sido causado por algum tipo de sabotagem. Posteriormente, acrescentou que aparentemente não havia danos físicos no sistema, como a queda de uma torre por um raio. O diretor de Itaipu, Jorge Samek, informou que o apagão pode ter sido causado por alterações climáticas.
posted by ごんた at 02:36| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

Apagão (大停電) 続報

RIO_luz.jpg

昨夜、ブラジル中西部を中心に起こった大停電は、午前5時(ブラジリア時間)頃にようやく復旧したようです。

itaipu1.jpg

ブラジルとパラグアイの国境パラナ川につくられたイタイプー発電所は世界最大の出力をほこる水力発電所で、ブラジルの消費電力の19.3%およびパラグアイの消費電力の87.3%を賄っているため、今回の大停電ではパラグアイにも大きな被害を及ぼしています。

cruzamento.jpg
信号機の止まった交差点

原因は送電施設の故障にあったようですが、一つの発電所に頼りすぎるというのは問題がありますね。

moradores.jpg
地下鉄も動かず、帰宅できない人たち
posted by ごんた at 19:34| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Apagão (大停電)

現在、ブラジルの10の州と連邦区(São Paulo, Rio de Janeiro, Minas Gerais, Mato Grosso, Mato Grosso do Sul, Goiás, Paraná, Santa Catarina, Pernambuco, Bahia, Distrito Federal)が大停電に見舞われています。

ブラジル政府はパラグアイとの国境にある世界最大のイタイプ水力発電所の送電系統で何らかの不具合が発生したとみて原因を調査していますが、現時点では原因はわかっておらず、ほとんどの地域で復旧もしていません。

私が現在いるマナウスはまったく影響を受けていないので、テレビのニュースも見られますし、ネットからも情報が入ってきますが、停電している地域ではまったく情報が入ってこないので不安でしょうね。

信号機や警報アラームなども止まってしまいますので、交通事故や犯罪が増えそうです。
また詳しい情報がわかり次第、ブログを更新したいと思います。
posted by ごんた at 12:12| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

ミニドレスの女子学生が退学?

先日、“A“Puta”da Uniban”として紹介したUniban(バンデイランチ大学)に通う学生Geisyを退学処分にするとバンデイランチ大学が発表しました。

大学は服装に問題があるのではなく、学生がとった挑発的な態度に問題があるとし、「倫理原則や学問の尊厳、道徳を甚だしく軽視」したことが退学処分の理由となっています。

これに対し教育相(Ministério da Educação)は、大学に退学を再考するように通達しています。

先日、“クリチバとマナウスのセントロ”で書きましたが、例え外国人旅行者であっても短パン・サンダルではポリシア・フェデラウ(連邦警察)へ立ち入ることが許されないように、彼女の服装は大学で学問を学ぶ服装としては相応しくなかった訳です。
その服装を他の学生から詰られ、それに対し彼女が挑発的な態度をとったことにより、あの騒ぎになったんでしょうね。
posted by ごんた at 00:14| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

A“Puta”da Uniban

vestido-g-3010.jpg

写真の女性はGeisy Vila Nova Arruda、Uniban(Universidade Bandeirante=バンデイランチ大学)に通う20歳の学生です。
この服装で登校したことから学校は大混乱に陥りました。
確かに水商売の女性のような格好だとは思いますが、これぐらいなら他にもたくさんいそうな感じですけどね。

posted by ごんた at 22:17| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

南米初のオリンピック

先週、2016年のオリンピック開催都市にリオデジャネイロが選ばれました。
2014年にはサッカー・ワールドカップ開催も決まっており、ブラジルの注目度も一気に高まりますね。

リオデジャネイロは治安、社会基盤(インフラ)、宿泊施設に不安があるとされていますが、一番の問題は治安です。
政府は今後6000万ドルを投じて、オリンピック開催までに同市の治安を改善すると約束していますが、ワールドカップやオリンピック開催を通じて、治安が改善されることに期待したいですね。

社会基盤(インフラ)については、昨日も電車の故障から暴動騒ぎに発展していましたが、道路の渋滞、下水道の整備など問題が山積みです。
当初、2014年のサッカー・ワールドカップに間に合うと言われたブラジル新幹線計画についても、来年ようやく入札が行われるという状況でワールドカップに間に合わせるのは難しいとされています。
ブラジル政府はワールドカップのための新幹線ではないとしていますが、のんびりしているとオリンピックにも間に合わなくなる可能性だってあります。

来年はブラジル大統領選挙の年、ブラジルでは大統領(任期4年)の連続3選が憲法で禁止されており、現在2期目のルーラ大統領は大統領選に出馬できませんが、次々回2014年の大統領選に再び立候補し、自らの手で五輪開催を担うのではと言われています。
posted by ごんた at 05:14| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

新型インフルエンザ 沈静化?

現時点で新型インフルエンザによる死者数は世界191ヶ国で3917人、ブラジルはその中で最も多い899人ということですが、最近はテレビのニュースで新型インフルエンザに関する話題はほとんど取り上げられません。

しかしネットで検索してみると、毎日のように○○州で△人死亡という記事が出ています。
もう新型インフルエンザで何人亡くなってもニュースにならないってことなんでしょうかね?

世界で一番死者数が多いブラジルの中でも最悪の状況にあるクリチバですが、街を歩いてもマスクをしている人はまったくと言っていいほどいませんし、新型インフルエンザの心配をしている人はほとんどいないような気がします。
posted by ごんた at 04:02| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

Bloqueio ao Telemarketing

ポルトガル語があまり得意でない人にとって、電話でのブラジル人との会話はできるだけ避けもの。
ポルトガル語が話せないことを理解してくれている人からの電話ならまだしも、間違い電話や「Telemarketing」(電話営業)の相手をするのは最悪です。相手が誰だかわからない状態ではブチッと切るわけにもいきませんからね。

最近、この「Telemarketing」(電話営業)が規制されることになりました。
PROCONに電話番号を登録し、企業がその番号に営業の電話を掛けると罰金を科せられるというものです。
どれほどの効果があるのかわかりませんが、こういうのは必要ですよね。
posted by ごんた at 04:17| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

地球幸福度指数

英国のシンクタンク ニューエコノミックス財団(NEF)が発表した地球幸福度指数(HPI=ハッピー・プラネット・インデックス)によると、ブラジルは世界143ヶ国中、9位にランクインしたそうです。

HPIは生活の満足度、平均寿命、健康期待度、環境負荷度から各国の幸福度を算出したもので、環境汚染が激しい国ほどランキングが低くなっており、1位コスタリカ(10点満点中8.5点)、2位ドミニカなど、上位10ヶ国に中南米の国が8ヶ国もランクインしました。(日本は75位)


今週末はサッカーワールドカップ南米予選でブラジルとアルゼンチンが対戦します。
南米予選首位のブラジルはこの試合に勝利すれば5位エクアドルの結果次第でワールドカップ出場権(4位以内)を得る大切な試合。
勝利すればブラジル人の幸福度指数は満点になりそうです。
posted by ごんた at 08:20| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pré-sal

最近、Petrobras(ブラジルの国営石油会社)がテレビCMに力を入れていますが、昨日はニュースでも大きく取り上げられました。
内容は昨年発見された海底油田の開発に対する政府の関与を強化する方針をルーラ大統領が発表したというのでした。

テレビCMなどでもよく耳にする「Pré-sal」とはプレソルト層(岩塩下層)という地層を意味し、水深約2000mの地点からさらに約3000mの砂岩層、約2000mの岩塩層の下にあります。

日本からも日本郵船、三井物産、川崎汽船、日本海洋掘削の4社が大水深掘削船(ドリルシップ)の傭船サービス事業に参画することを6月に発表していますが、実際に採掘が始まるのはいつになるんでしょうね?
posted by ごんた at 07:55| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ その後の後

今日はTシャツ1枚でも外を歩くと汗をかくほど暑く、みんな新型インフルエンザなど忘れているんじゃないかと思うほどの陽気でした。

新型インフルエンザの勢いはかなり弱まってきているものの、現時点でブラジル全土の死者数が557人と毎日数人の方が亡くなられています。

ただ7月〜8月上旬に掛け、私の周りでも風邪をひいている人が多かったんですが、最近はほとんどいなくなりました。
これから更に暖かくなっていけば、感染者数も減少していくと思われます。

日本では8人の方が亡くなっておられるようですが、ブラジルもつい2ヶ月前の死者数は一桁でした。
日本はこれから寒くなるので注意が必要ですね。
posted by ごんた at 07:21| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

新型インフルエンザ その後

その後も死者数は増え続け、現在、ブラジル全体で513人、パラナ州だけで154人の方が亡くなられました。

州別に見ると、サンパウロ州が179人と一番多く、続いてパラナ州、ヒオ・グランヂ・ド・スーウ州(94人)、リオデジャネイロ州(49人)という順なんですが、人口を考えるとパラナ州(特にクリチバ)が一番被害が大きいようです。

ただ8月10日前後をピークに1日あたりの死者数は減少傾向にあり、新型インフルエンザの疑いで病院を訪れる人もかなり少なくなっているようです。
posted by ごんた at 04:33| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

新型インフルエンザ 続報

今週から休校になっていた学校も始まりましたが、新型インフルエンザによる死者は増え続けています。
最新の情報によるとブラジル全体で385人、パラナ州だけでも107人の方が亡くなっています。

前回の記事を書いた頃、感染拡大を防ぐためにショッピングセンターや大型スーパーなどが10日ほど休業するとか、治療にあたった医師が感染して死亡したなどという噂があったんですが、クリチバではそういったことはありませんでした。

ただ街によっては、教会でのミサが中止になったり、ショッピングセンターやレストランやボアッチの営業禁止などがあったようです。

晴れた日には半袖シャツ1枚でも外出できるようになり、新型インフルエンザの勢いも若干落ちてきたようですが、まだまだ注意が必要なようです。
posted by ごんた at 04:37| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

IPI reduzido

テレビCMでよく聞く“IPI reduzido”という言葉。
IPI(Imposto sobre Produtos Industrializados = 工業製品に掛かる税金)がreduzidoなので減額されるという意味です。

本来は6月末までだったんですが、車や一部の電化製品などに限り、期間が延長されています。

どのぐらい減額されているのかはよくわからないんですが、自動車のような高額な製品は(以前に比べ)かなり割安になっています。
新車の販売価格が下がっているため、中古車の販売価格も下がってきているようですが、それでもうちには買う余裕がありません。

5月に新しい家に引越したので、冷蔵庫を買おうかなと考えているんですが、昨年末はR$1000ぐらいした冷蔵庫(2ドアの一番安いモデル)が、5月頃にはR$900ぐらいまで値下げされ、最近はR$800ぐらいまで下がってきています。

IPIが減額されていることもありますが、それ以上に値下げされている感じです。
ブラジルは日本に比べてインフレが激しく、物価は常に上がっていましたが、今後は商品によってデフレになることもありそうです。
posted by ごんた at 03:22| Comment(1) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型インフルエンザ(Influenza A)

前回、少し書いた新型インフルエンザ(Influenza A = gripe suína)ですが、すでに100人ぐらいの死者が出ています。

感染者が多いのはブラジル南部のヒオ・グランヂ・ド・スーウ州、パラナ州、サンパウロ州、リオ・デ・ジャネイロ州などで、8月上旬から始まる予定(それまでは冬休み)だった学校も新型インフルエンザの感染拡大を警戒し、8月中旬まで学校閉鎖になっているようです。

私自身、3週間前に風邪をひき、それが悪化して肺炎になってしまい、3日間通院しました。
最近になってようやく良くなってきたんですが、まだ体力が戻っていないので、できるだけ人の多いところには行かないようにしています。
posted by ごんた at 02:38| Comment(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

寒いブラジル

長い間更新が滞っていますが、ブラジルテレコムとの契約問題に加え、ネットストーカーからの度重なる嫌がらせもあり、数ヶ月前にネットを解約しました。

1〜2週間に一度くらいのペースでメールチェック等はしているんですが、ブログの更新までは手が回らず、何ヶ月も放置していました。

本当は今日、このブログを消すつもりでログインしたんですが、何ヶ月も更新していないにも関わらず、毎日数百人の方が当ブログを訪問されていたことに気付き、また時間があるときに更新しようと思い直しました。

saojoaquim.jpg

現在、ブラジルは冬。
今朝はサンタカタリーナ州のサン・ジョアキンで-6℃を記録しました。

最近は気温の変化が激しいため体調を崩す人も多く、新型インフルエンザの感染が急速に拡大しています。
死者数も日に日に増えており、現時点で29人の方が亡くなっています。
posted by ごんた at 02:55| Comment(2) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする