2008年08月01日

トヨタがブラジルに新工場建設へ

半月ほど前になるんですが、トヨタ自動車がサンパウロ州ソロカバ市に新工場を建設する予定というニュースがありました。
ブラジル市場と輸出向けにコンパクト車を製造、2011年に生産を開始し、最終的な年間生産能力は15万台になる見通し。2500人の雇用を創出する見込みだそうです。

私の住んでいる街にもトヨタが工場を作るという話があったと思うんですが、ソロカバに新工場建設ということは誘致に失敗したのかな?
トヨタが来れば日本からたくさんの人が来ると思ってたんですけどね。
posted by ごんた at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

サンパウロの美術館でピカソなど絵画4点盗難


サンパウロ市内のエスタサォン・ピナコテカ美術館に12日正午ごろ、銃で武装した3人組が押し入り、パブロ・ピカソの作品2点を含む絵画計4点を奪って逃走しました。被害総額はR$1milhão(約6600万円)に上るようです。

盗まれたのは、ピカソの「画家とモデル」(1963年)と、ギリシャ神話の怪物ミノタウロスを描いたシリーズの1作品(1933年)のほか、ブラジル人画家のジ・カバルカンチの油絵と、ラサール・セガールの水彩画の計4点。

3人組は入場料を払って美術館に入り、その内1人が3人の警備員に銃を突き付けて動きを封じている間に、残る2人が2階の展示スペースから作品を取り外し、持参した袋に入れて持ち去りました。犯行当時、美術館には観覧者はほとんどいなかったようです。
posted by ごんた at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

iPhone 3G

iphone3g.jpg

先日、新しいiPhoneが発表されました。
iPhoneとは簡単に言えばiPod(携帯メディアプレーヤー)の機能を持った携帯電話なんですが、ブラジルでも販売される予定です。

アメリカでの販売価格は8GBモデルが199ドル、16GBモデルが299ドルとかなりお手頃なんですが、AT&Tとの2年契約が条件となっており、毎月データ利用が30ドル、音声利用が39.99ドルの合計69.99ドルがかかるそうです。

ブラジルではどういう契約になるのかわかりませんが、本体価格も毎月の利用料もかなり高くなりそうですね。
posted by ごんた at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

昨日のJornal da Globo


今年は日本人のブラジル移住100周年ということで、テレビでもよく日本が紹介されています。
昨日の「Jornal da Globo」には友達が出ていました。
posted by ごんた at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

アマゾン流域での違法飼育の牛没収

ブラジル政府は地球温暖化対策の一環として、アマゾン流域での違法な牛の飼育を取
り締まる方針を明らかにしました。

アマゾン流域では人口の3倍に相当する7300万頭もの牛が飼育されていると推定され
ており、総面積の約8%にあたる410万平方キロが放牧地として開墾されているそうで
す。その多くが熱帯雨林の破壊につながる違法な開墾とされ、ブラジル政府は発見次
第、牛を没収する強硬手段を取るとしています。
posted by ごんた at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

また政策金利の引き上げ

ブラジル中央銀行は4日、政策金利を11.75%から12.25%に引き上げることを全会一致で決定しました。
利上げは2回連続。インフレの抑制と経済の過熱防止を狙ったということですが、これでまたレアル高ドル安が進みそうです。
 
金利が引き上げられると銀行預金の利子も増えるんですが、ブラジル人の多くは貯金する余裕などなく、借金を抱えているので生活は苦しくなるばかりです。
posted by ごんた at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

バイオ燃料と穀物価格高騰

食糧危機を加速させていると批判が高まるバイオ燃料ですが、実際のところどうなんでしょう?

ブラジルのルーラ大統領は「サトウキビでつくるバイオ燃料は、砂糖精製の副産物を使うため食糧高騰をもたらさない」、アメリカのシェーファー農務長官は「米農務省の分析では、バイオ燃料は穀物価格高騰の一要因に過ぎない。昨年の40%に及ぶ価格高騰に与えたバイオ燃料の影響はそのうち2〜3%程度。これは通常の物価上昇率程度のものだ」とコメントしています。

しかし世界銀行は最新の報告書で「04年から07年、トウモロコシの増産分が米国のバイオ燃料生産に充てられ、それに伴う在庫の枯渇が価格を高騰させた」と「米国主犯説」とも言える見方を開陳。シェーファー氏の主張する「2〜3%のインパクト」とはかけ離れているとしています。

ブラジルのサトウキビでバイオ燃料をつくること自体にはあまり反論がないものの、サトウキビ畑を広げるために他の作物をつくっていた畑をサトウキビ畑に転用されています。

ブラジルはアメリカよりもましと言ったところでしょうか?
両国とも今後も増産を続けるということですので、ブラジルやアメリカの安い食糧をあてにせず、食糧自給率を上げていくのが重要でしょうね。
posted by ごんた at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

更にレアル高ドル安に

先週末、急にレアル高ドル安に動いたんですが、これは先週、米格付け会社FitchがS&Pに続き投資適格級のBBBマイナスへ引き上げたためで、これで世界三大格付け会社のうち、Moodyを除く2社がブラジルを推したことになります。

投資するお金がある人には良いニュースなんでしょうが、私にはレアル安ドル高の方が都合が良いのであまり嬉しくありません。
posted by ごんた at 10:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

五木ひろしが来伯断念

日本人ブラジル移住百周年記念式典に出席し、国歌「君が代」を歌う予定だった歌手の五木ひろしの来伯が、正式にキャンセルされました。

今年1月には五木プロ関係者が下見に来伯するなど、ブラジル公演は決定だと思っていたんですが、当初、式典で「君が代」をコーラスをバックに独唱する契約だったものを、コーラスの一員として歌うように変更したため話がこじれてしまったようです。

「コーラスや観客席の人々の歌声が等しく皇太子殿下まで届くように、特定の歌手が個別のマイクを持たないということで、全員の一致で決定しました」というのが理由のようですが、「あくまでコーラスの一員として歌っていただくものであり、コーラスをバックにした独唱ではありませんので、個人的なハンドマイクの使用についてはご遠慮いただきます様お願い申し上げます」と事実上、断りのような文書を3月16日付けで五木プロに送ったとのこと。

私は五木ひろしに興味はないので来ても来なくてもどちらでも良かったんですが、コンサートとかも決まっていたので、それを楽しみにしていた方はショックでしょうね。
posted by ごんた at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

皇太子殿下の来伯日程

皇太子殿下のブラジル公式訪問が23日の閣議で了解され、正式に決定しました。
皇太子殿下は6月17日から25日までの日程でブラジル国内8都市を訪問され、各地で記念式典、交流行事に出席されます。

宮内庁の発表によれば、皇太子殿下は16日に日本を出発、ニューヨーク経由で17日にブラジリアへ到着されます。
滞在中の日程は、17〜18日=ブラジリア、19〜20日=サンパウロ、21日=サントス、サンパウロ、22日=ロンドリーナ、ローランジア、マリンガ、23日=ベロ・オリゾンテ、リオデジャネイロ、24〜25日=リオデジャネイロ。
25日に米国ロサンゼルスに到着、同地で一泊、翌26日に帰国される予定となっています。
posted by ごんた at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

Parada Gay 2008

paragay.jpg

サンパウロで世界最大のゲイ・パレード「Parada Gay 2008」が開催されました。
同性愛者、バイセクシャル、ドラッグクイーンたちによる民間団体が主催するパレードで、今年で12回目。500万人が参加したそうです。
posted by ごんた at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

南米諸国連合 (UNASUR)

南米12ヶ国の首脳は23日、ブラジルの首都ブラジリアで南米諸国連合(UNASUR)の設立条約に署名しました。
政治・経済的な地域統合を目指し、中米・カリブ海諸国など他のラテンアメリカ諸国にも加盟を呼びかけています。

UNASURの前身は04年に発足した南米共同体。欧州連合(EU)のような地域統合を目指してきましたが、これまで大きな成果は出ていません。
欧州のようにうまくいけばいいんですが、まずはコロンビア、エクアドル、ベネズエラの問題を何とかしないといけませんね。
posted by ごんた at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

日本ブラジル交流年記念切手

ja100br.jpg

第一回日本移民船「笠戸丸」がサントスに入港した六月十八日に発行される「日本ブラジル交流年」の記念切手です。
「移住開始当初のビザスタンプとコーヒー豆」「コーヒーの実と笠戸丸」「リオのキリスト像」「リオデジャネイロ」「イグアスの滝T・U」「サルバドール歴史地区T・U」「モルフォチョウ」「オニオオハシ」の10種類。

page50_nippaku.jpg

記念硬貨は、平成20年銘の未使用の500円から1円までの6種類の通常貨幣とケース入りセットで販売(2400円、消費税・送料込)ということでしたが、6月18日に、全国の金融機関及び郵便局の窓口において、額面価格による引換えも行われるそうです。
posted by ごんた at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

アマゾンで船が沈没 続報

先日、紹介したアマゾンで船が沈没の続報です。
現在までに確認された生存者数は70人、死者数は46人となっており、アマゾン川で2番目に大きな水難事故となっています。

ama1211.jpg

沈没した船の右側に写っている3隻の船は1階建てなんですが、沈没した船は無理やり2階建てに改造したため、かなり不安定だったようです。
また左側に写っている船の横の部分にブルーシートが付いているのが見えますが、乗客を雨風から守るためのこのブルーシートが強い横風を受けたことも転覆の原因となったようで、このシートが乗客の逃げ口を塞いだために今回のような大惨事になったようです。
posted by ごんた at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

アマゾンで船が沈没

ブラジル北西部アマゾナス州のソリモンイス川で4日、定員80名の船が沈没し、これまでに15人の死亡が確認されました。
乗船者の数は明らかになっていませんが、定員80人に最大150人が乗っていたとの情報もあるそうです。

このボートはパーティー帰りの若者らを乗せ、マナウスから約80キロ離れたマナカプルに向かう途中で、今年1月に船舶検査を受けた際、必要な書類がなかった上、資格を持つ乗組員もいないまま運航していたことが発覚していたそうです。
posted by ごんた at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

ボリビア・ウユニ塩湖で事故 日本人5人死亡

Uyuni.jpg

南米旅行で一番の見所とも言われるボリビアのウユニ塩湖で、日本人5人が死亡する交通事故があったようです。

ボリビア中西部の観光地ウユニ塩湖に向かう途中の車が対向車と正面衝突して炎上、1台に日本人観光客が乗車、もう1台にはイスラエル人らが乗っていた模様。

日本の外務省によると5人(男性2人、女性3人)の日本人が死亡したとのことですが、イスラエルメディアによると日本人の死亡者は6人、イスラエル人も5人死亡したと伝えています。
posted by ごんた at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ブラジル移住100周年記念500円硬貨

財務省は30日、ブラジル移住100周年記念500円硬貨について、著作権上の問題が判明したため図柄を急遽変更すると発表しました。480万枚の発行予定枚数は既に変更前のデザインで製造を終えており、造り直した上で6月18日に発行されます。

変更に伴う実害は光熱費などで500万〜1000万円に達し、製造用機械のコストなども割り振ると計算上は最大8000万円の損失になるそうです。

当初予定していた図柄は、サンパウロ州サントス市に日系人団体が設置した「日本移民ブラジル上陸記念碑」。団体が著作権を保有することを前提に書面で契約も交わしていたが、最近になって実際に製作した彫刻家との間で著作権をめぐるトラブルが発生。「ブラジルの国内法上、彫刻家に著作権が帰属する可能性もぬぐえない」(外務省)として図柄変更に追い込まれました。

政府は団体への損害賠償などの請求も検討するが、団体側には「悪意はなかった」と判断しており、関係各方面で協議するとのこと。

kinenkouka.jpg

新しい図柄は、第1回の日本人移住者を乗せてブラジルに渡った「笠戸丸」とブラジルの地図となります。
posted by ごんた at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジルの投資適格級を1段階引き上げ

米格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は30日、ブラジルのソブリン格付けを1段階引き上げ、投資適格級のBBBマイナスとしました。

主要格付け会社が、ブラジルに投資適格級の格付けを付与したのは初めてで、これを受けブラジル株式市場は6.3%急伸。通貨レアルも2.5%近く上昇しました。

多くの年金基金や機関投資家は投資適格級以外の証券への投資を禁じられているため、今回の格上げを受けて、ブラジルの株式・債券市場への資金流入が加速することが予測されます。
posted by ごんた at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

食糧高騰でバイオ燃料に批判集中

世界的な食糧価格の高騰に直面し、バイオ燃料増産に批判の矛先が向けられています。

「バイオ燃料の大量生産は、世界の食糧価格破壊をもたらす『人道に対する罪』である」
国連の「十分な食糧を得る権利」に関する特別報告官ジャン・ジグレール氏はドイツのラジオ局でこう述べました。

バイオ燃料用の穀物生産のため、食糧用穀物の作付面積が減少してしまうというのが理由で、特にトウモロコシを原料としたエタノールについて、米政府が2006年1月、20年までの生産目標を当時の生産能力の7.5倍の360億ガロンに設定したことを契機に、米農家が小麦や大豆の栽培を縮小し、トウモロコシを増産に走りました。

この結果、他の穀物価格にも高騰が波及。穀物産地のオーストラリアの干魃や投機筋の資金流入などに加え、アジアの主食であるコメ価格もベトナムなどの輸出停止措置の影響を受け、食糧全体の高騰につながりました。

米政府は昨年末、360億ガロンのうち210億ガロンは草の茎や木材のくずなどを使ったセルロース(植物繊維)を原料にして生産するよう目標を修正。超党派でバイオ燃料増産を推進した民主党上院のリード院内総務は22日の地球の日を記念する会見で、「原料を食糧から切り替える必要がある」と強調しました。

国連食糧農業機関(FAO)は、今年2月に専門家による「バイオ燃料政策と食糧安全保障に関する基調声明」を出し、バイオ燃料政策が食糧安全保障に与える影響は十分に解明されておらず、早急な分析が求められていると強調。そのうえで食糧の安定供給を確保しつつ、貧しい農業従事者がバイオ燃料生産から得られる利益を奪われることのないような政策立案が必要と提言しました。

一方、サトウキビを中心としたバイオ燃料の世界最大輸出国であるブラジルのルーラ大統領は、世界が必要な食糧を「供給できないでいるだけで、バイオ燃料が食糧価格に与える影響はない」とすべてのバイオ燃料を否定するような動きを牽制しています。 

また国際通貨基金(IMF)と世界銀行も、「食糧価格高騰は一部の国の無分別な農作物の価格政策の反映でもある」(ストロスカーンIMF専務理事)と指摘、生産国の農作物に対する補助金や輸出制限なども問題視しています。

農家もお金になるものを作りたいと思うんですよね。アメリカではバイオ燃料振興策として多額の補助金が出ており、補助金欲しさにトウモロコシに切り替えていると聞きます。この補助金が無くなれば、また小麦や大豆に切り替える農家も増えるんじゃないでしょうか?
posted by ごんた at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日伯移住100周年記念式典

日本人のブラジル移住100周年を受け、政府主催の式典が24日、東京都港区のホテルオークラで開かれました。
式典には天皇、皇后両陛下や「日本ブラジル交流年」名誉総裁の皇太子さまが出席され、天皇陛下は「今日、日系の人々がさまざまな分野で活躍し、ブラジル社会に貢献していることを頼もしく感ずるとともに、これまでに努力を重ねてきた日系の人々の労苦に深く思いを致すのであります」とあいさつされました。

日本から最初の集団移住船となる「笠戸丸」は、781人を乗せて1908年4月28日に日本を出発、6月18日にブラジル入り、集団移住は第二次大戦中に一時途絶えたものの、計約24万人がブラジルに渡りました。

NHKのニュースでも見ましたが、ブラジルの話題が日本のニュースで見られると嬉しいですね。
posted by ごんた at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする