2009年03月05日

ロナウドが復帰

ro341.jpg

ロナウドが4日に行われたブラジル杯(Copa do Brasil)のイトゥンビアラ(Itumbiara)戦で、コリンチャンス入団後初めて公式戦に出場。
昨年2月に当時所属していたACミランでの試合で左ひざに重傷を負ってから、384日ぶりにピッチに復帰しました。

ro342.jpg

ロナウドがブラジルのクラブチームでプレーするのは、1994年の欧州移籍前に所属したクルゼイロ以来15年ぶり。
後半22分からの出場でしたが、まだ体が重たそうで動きに精細を欠き、ほとんどボールに絡むことはありませんでした。
ちなみに試合はコリンチャンスがイトゥンビアラを2−0で下しています。

ro343.jpg

コリンチャンスの試合がテレビ中継されるのは珍しくないんですが、相手チームが聞いたこともないチームだったので、もしかするとロナウドの復帰戦かなと思ってみていました。
試合を観ていて驚いたのは相手チームに元ブラジル代表のデニウソンがいたことです。

de341.jpg

96年に19歳の若さでセレソン(ブラジル代表)入りし、98年に当時の世界最高額となる3200万ユーロの移籍金でスペインのレアル・ベティスに移籍。一時期レンタル移籍でフラメンゴでプレーしたこともありましたが、05年までベティスでプレー。その後フランスのボルドー、サウジアラビアのアル・ナスル、アメリカのFCダラスなどを渡り歩き、08年にブラジルのパルメイラスに移籍したというのは知っていましたが、まさか聞いたこともないようなチームに移籍しているとは思いませんでした。
 
コリンチャンスの次の試合は、サンパウロ州選手権(Campeonato Paulista)のパルメイラス戦です。
サンパウロ州選手権では、首位のパルメイラスを勝ち点差3で追う2位のコリンチャンス。大事な試合なので今のロナウドの状態では出場は微妙ですね。
posted by ごんた at 17:11| Comment(2) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

カーニバル期間にサッカー観戦

いよいよカーニバルが始まりますが、ブラジルと言えばサッカー!
カーニバルのついでにサッカーを観に行きたいという方も多いと思います。
カーニバル前後に行われるTaça Guanabara(リオデジャネイロ選手権・前期)準決勝のカードが決まりました。

2月21日(土) 16:00 Flamengo vs Resende マラカナン・スタジアム
2月25日(水) 21:50 Fluminense vs Botafogo マラカナン・スタジアム
3月1日(日) 16:00 決勝戦(上の試合の勝者同士) マラカナン・スタジアム
25日の試合は開始時間が遅いので、観に行かれる方は試合終了前にスタジアムを出て、タクシーでホテルへ戻られることをお勧めします。


ちなみにサンパウロではあまり大きな試合はありませんが、お勧めは以下の試合
2月21日(土) 16:00 Portuguesa vs Palmeiras カニンデー・スタジアム
2月22日(日) 17:00 Santos vs Botafogo-SP パカエンブー・スタジアム
2月25日(水) 19:30 Corinthians vs Noroeste パカエンブー・スタジアム
2月26日(木) 21:45 São Paulo vs Oeste モルンビー・スタジアム
posted by ごんた at 23:52| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Brasil vence a Itália


ロンドンのエミレーツ・スタジアムで行われたイタリアとの親善試合、ブラジルは前半12分にエラーノ、同26分にロビーニョがゴールを奪い、2−0で勝利しました。

メンバーが発表されたときから楽しみにしていたんですが、試合開始が夕方(ブラジリア時間)と早かったため、すっかり忘れていて観戦することができませんでした。


BRASIL 2 X 0 ITÁLIA

Local: Emirates Stadium, em Londres

Árbitro: Mike Riley (Inglaterra)

Gols: Elano, aos 12, e Robinho, aos 26 minutos do primeiro tempo

Cartões amarelos: Zambrotta e Perrotta

Brasil: Júlio César, Maicon, Lúcio, Juan (Thiago Silva) e Marcelo; Gilberto Silva (Josué), Felipe Melo, Elano (Daniel Alves) e Ronaldinho Gaúcho; Robinho (Júlio Baptista) e Adriano (Alexandre Pato). Técnico: Dunga

Itália: Buffon, Zambrotta, Legrottaglie, Cannavaro e Grosso; De Rossi (Aquilani), Montolivo (Perrotta), Pepe (Camoranesi) e Pirlo (Dossena); Di Natale (Rossi) e Gilardino (Luca Toni). Técnico: Marcelo Lippi.
posted by ごんた at 10:44| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

Copa 2014 12都市で開催

CBF(ブラジルサッカー連盟)は2014年のW杯開催都市を、10都市から12都市に増やすことでFIFA(国際サッカー連盟)と合意したと発表しました。

現在候補に挙げられている18都市のうち、サンパウロ、リオデジャネイロ、ブラジリア、ベロオリゾンチ、ポルトアレグレがほぼ確実、フォルタレーザ、レシーフェ、サルバドール、クリチバが有力、残る3ヶ所をベレン、カンポグランジ、クイアバ、フロリアノーポリス、ゴイアニア、マセイオー、マナウス、ナタウ、リオブランコが争います。

下記のサイトに候補となっている18都市が簡単に紹介されています。
http://esporte.uol.com.br/futebol/copa2014nobrasil/cidades.jhtm
posted by ごんた at 21:47| Comment(2) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ロナウドがコリンチャンスと契約合意

元ブラジル代表ロナウドがコリンチャンスと契約合意を発表しました。
ロナウドは2月に左ひざのじん帯断裂の大怪我を負い、所属していたACミランを離脱。一時は現役引退を意識する程、厳しいリハビリ生活を強いられていました。

ronaldo999.jpg

ひざの状態が良くなった後、4ヶ月間フラメンゴのトレーニング施設を使用してリハビリを行っており、ロナウド自身、フラメンゴを“心のチーム”と形容するなど、同チームに対する特別な思い入れを明かしてきたため、誰もが国内でプレーするならフラメンゴだろうと予想していたところに今回のコリンチャンスとの契約合意、この報道に激怒したフラメンゴのサポーターらは、ロナウドの写真を燃やすなどして抗議しています。

ronaldinho9.jpg
クルゼイロ時代のロナウド、病人みたい…

ロナウドがブラジルのクラブに所属するのは、1994年に17歳でクルゼイロからPSV(オランダ)へ移籍して以来。できればフラメンゴの方が良かったと思いますが、ピークを過ぎたとは言え、スター選手がブラジルに戻ってきてくれるのは喜ばしいことです。

ronaldo-corinthians.jpg

コリンチャンスのショップでは早くもロナウドのユニホームが登場、価格はR$169.90(約6500円)だそうです。
posted by ごんた at 21:45| Comment(2) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

São Paulo bate o Goiás e conquista hexa

SP.jpg

ブラジル選手権(Campeonato Brasileiro)最終節、サンパウロはアウェイでゴイアスと対戦し1−0で勝利、3年連続で史上最多6度目の優勝を飾りました。
2位グレミオ、3位クルゼイロ、4位パルメイラスとコッパ・ド・ブラジルで優勝したスポルチがリベルタドーレス杯の出場権を獲得しました。

私が応援するバスコ・ダ・ガマは18位で2部落ち、クリチバを本拠地とするコリチーバは9位、アトレチコ・パラナエンセは13位でした。

元浦和のワシントン(フルミネンセ)、クレーベル・ペレイラ(サントス)、ケイリソン(コリチーバ)の3人が21ゴールで得点王となっています。
posted by ごんた at 00:50| Comment(4) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

Campeonato Brasileiro 2008

ブラジルに戻ってきて2週間が経過しました。
一番ブラジルに帰ってきたな〜と思うのは、週末になるとどこからともなく聞こえてくる大音量の音楽と、パン!パン!と大きな音がする花火。
花火の音が聞こえると、サッカーやってるのかな?とテレビをつけます。

今年のブラジル選手権(Campeonato Brasileiro 2008)も37節を終え、いよいよ次節で終了します。

現在、首位は勝ち点72でサンパウロ、以下、同69のグレミオ、同65のパルメイラス、同64のクルゼイロ、フラメンゴと続いています。

サンパウロは次節、引き分け以上で優勝とかなり有利な状態、4位までに与えられるリベルタドーレス杯への出場権をパルメイラス、クルゼイロ、フラメンゴが争っています。

最下位のイパチンガと19位のポルトゲーザは2部降格が確定、2部降格は下位4チームとなっており、勝ち点40で18位のバスコ・ダ・ガマ、同41で17位のフィゲイレンセ、同42で16位のアトレチコ・パラナエンセ、同43でナウチコなどが降格候補となっています。

私が応援しているバスコ・ダ・ガマ(最終節はホームでヴィトーリアと対戦)や、クリチバのアトレチコ・パラナエンセ(最終節はホームでフラメンゴと対戦)には一部に残留できるよう、最終節は確実に勝って欲しいです。
posted by ごんた at 22:56| Comment(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

Brasil empata com a Bolívia

910gau.jpg

2010年W杯南米予選第8節、ブラジルはリオデジャネイロで最下位のボリビアと対戦し、0−0で引き分けました。
ブラジルは勝ち点13で、前日に勝利した首位パラグアイとは同4点差に広がってしまいました。

910dun.jpg

試合後にはブラジルの応援団から“Adeus, Dunga”(さらばドゥンガ)と罵声を浴びせられたドゥンガ監督、また更迭問題が取り沙汰されそうです。

アルゼンチンは5試合ぶりの勝利を目前にした後半48分に同点ゴールを決められ、そのまま試合終了、またも引き分けに終わりました。
これにより勝ち点17で首位のパラグアイを、勝ち点13でブラジル、アルゼンチン、チリが追う展開となっています。


BRASIL 0 X 0 BOLÍVIA

Local: Engenhão (Rio de Janeiro)

Árbitro: Alfredo Intriago (Equador)

Cartões amarelos: Luisão, Juan, Josué, Diego, Hoyos e Jaime Moreno

Cartão vermelho: Ignacio Garcia

Brasil: Júlio César, Maicon, Lúcio, Luisão e Juan; Josué, Lucas (Júlio Baptista), Diego (Elano) e Ronaldinho Gaúcho (Nilmar); Robinho e Luís Fabiano. Técnico: Dunga

Bolívia: Arias, Hoyos, Raldes, Rivero e Ignacio Garcia; Robles, Flores, Vaca (Cabrera) e Ronald Garcia; Jaime Moreno (Gutierrez) e Marcelo Moreno (Pablo Escobar). Técnico: Erwin Sanchez.
posted by ごんた at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

Brasil não quer oba-oba contra a Bolívia

現地時間10日(日本時間11日午前9時50分)にリオデジャネイロ(Engenhão)で、2010年W杯南米予選のブラジル−ボリビア戦が行われます。
先日のチリ戦に勝利し2位に浮上したブラジル、ここは確実に勝って2位をキープして欲しいですね。

なお首位のパラグアイはすでに第8節の試合を終え、ベネズエラに勝利しています。
またオリンピックでブラジルを圧倒したアルゼンチンはここ4試合で3分け1敗と勝ちに見放されており、第8節では前節に今予選初勝利を挙げたペルーとアウェイでの対戦します。6日のパラグアイ戦で退場処分を受け出場停止となるFWテベスや、MFマスチェラーノ、ケガのGKアボンダンシエリなどを欠き、ブラジル以上に厳しい状況となっています。

Engenhão(Estádio Olímpico João Havelange)は昨年完成したばかりの新スタジアムで収容人数は46,931人、ボタフォゴが本拠地として使用しています。
サッカー専用スタジアムではなく、昨年のパン・アメリカでは陸上競技の会場として使用されました。

enge.jpg

2016年のオリンピック誘致に成功すればEngenhãoがメインスタジアムとなり、上の写真ではゴール裏の部分に2階席がありませんが、ここに新しい観客席を増築し収容人数を6万人とする計画もあります。

また2014年W杯ブラジル大会のために収容人数を8万人にするという話もありますが、将来、マラカナン・スタジアムを越えるリオデジャネイロ最大のスタジアムになるかもしれませんね。
posted by ごんた at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

Time salva pescoço de Dunga


2010年W杯南米予選でサンチアゴでチリ代表と対戦したセレソンは、ロナウジーニョのPK失敗があったものの3−0で快勝。オリンピックで銅メダルに終わり、批判に晒されていたドゥンガ監督にとっても一息つける結果となりました。

南米予選では6試合を終えた時点で10チーム中6位、国際試合はここ3試合で無得点と状態が不安視されていたブラジルでしたが、この勝利で一気に2位まで順位を上げました。

前日に行なわれた同予選の4試合では、アルゼンチンがアグエロの同点弾によりパラグアイと1−1で引き分け、ウルグアイはコロンビアに1−0で勝利、エクアドルはボリビアに3−1で勝利、ペルーはベネズエラに1−0で勝利しています。

この結果、第7節が終了した時点でパラグアイが勝ち点14で首位、ブラジル、アルゼンチンが同12でそれを追い、同11のウルグアイ、同10のコロンビア、チリが後に続いています。


CHILE 0 X 3 BRASIL

Estádio: Nacional, Santiago (CHI)

Árbitro: Carlos Torres (Fifa-PAR)

Cartões amarelos: Estrada, Beausejour, Sánchez, Carmona (CHI); Kleber, Diego, Luis Fabiano, Luisão, Gilberto Silva (BRA)

Cartões vermelhos: Valdivia (CHI); Kleber (BRA)

GOLS: Luis Fabiano, 20'/1ºT; Robinho, 44'/1ºT; Luis Fabiano, 37'/2ºT

BRASIL: Julio Cesar, Maicon, Lúcio, Luisão e Kleber; Gilberto Silva, Josué, Diego (Elano, 33'/2ºT); Ronaldinho Gaúcho (Juan, 7'/2ºT), Robinho e Luis Fabiano (Jô, 41'/2ºT). Técnico: Dunga.

CHILE: Bravo, Medel, Jara e Estrada; Carmona, Fernández, Droguett (Valdivia, 39'/1ºT) e Vidal (Cereceda, intervalo); Sánchez, Mark González (Beausejour, intervalo) e Suazo. Técnico: Marcelo Bielsa.
posted by ごんた at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ロナウド復活なるか?

ronaldomengo.jpg

今年2月にひざの腱を断裂する大怪我を負い、全治9ヶ月と診断されているロナウドですが、シーズンオフにACミランとの契約を解除されたため、現在はフラメンゴの施設を使ってリハビリしています。

ロナウドは「医学的にみれば、ひざの怪我は治った。これからはアスリートのコンディションを取り戻さなければいけない」と怪我はすでに完治していると説明し、「もう一度プレーすることしか考えていない。そうでなければ、これほどの犠牲や痛みと向き合うような真似はしない」と続け、復帰に向けた決意を語っています。

また最大の懸念材料とも言えるオーバーウェイトについては「僕は16年間アスリート生活を続けてきたんだ。だから『ロナウドは太っている』とか書かれるのは馬鹿げたことだ」「確かに僕は太っているさ。それに疑いをはさむ余地はない。ケガをしてから6ヶ月も運動していないんだからね」とコメント。

さらに今後のクラブ探しについても「いくつか紹介を受けているし、驚くような計画もあるけど、今は体調を取り戻すことしか考えていない」と語り、オファーは存在するものの、まずは復帰が優先事項であるとしています。

怪我が完治し、体重を落とせば、プレーする場所には困らないでしょうが、できればブラジルでプレーして欲しいですね。
posted by ごんた at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

ロビーニョがマンチェスター・シティへ移籍

フェリポン率いるチェルシーへの移籍希望を明言していたロビーニョが、一転してマンチェスター・シティへ移籍することが決定しました。

ロビーニョのマンCとの契約は5シーズンで、年棒は600万ユーロ(約9億4800万円)、移籍金はプレミア史上最高額とみられる3250万ポンド(約63億円)と伝えられています。

ロビーニョは、レアル・マドリードがポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナルドの獲得を目指していた際、移籍金の肩代わりとして放出を検討されていたことや、オーバーエージ枠での北京五輪参加を拒否されたことに不満を抱き、自身の獲得に動いていたチェルシー(イングランド)への移籍を希望していましたが、レアルはチェルシーからのオファーを拒否し、放出を否定していました。
しかしロビーニョ本人の退団意思が強いことから、移籍期限ぎりぎりで獲得を申し出たマンCと交渉がまとまったようです。
posted by ごんた at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

チェルシーのブラジル化・・・ ならず?

チェルシーがレアル・マドリード所属のロビーニョと契約寸前までこぎ着けているようです。もうすぐ欧州サッカーの移籍市場が終了しますが、まとまるんでしょうかね?

チェルシーはACミラン所属のカカーに対して8000万ポンド(約160億円)のオファーを提示したとも言われていますし、セビージャ所属のルイス・ファビアーノにも興味を持っているようですが、フェリポンが監督に就任してから獲得したブラジル人選手はバルセロナから獲得したデコのみ。
もっとブラジル人選手を獲得すると思ってたんですが、このまま終わってしまうかもしれませんね。
posted by ごんた at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

サッカー女子も金メダルならず

mar821.jpg

北京五輪の女子サッカー決勝は前回アテネ五輪と同じ顔合わせとなり、ブラジルは延長戦の末、アメリカに0−1で破れ、金メダルを逃しました。

今日はサッカー女子とセーリング男子スター級でホベルト・シェイド(Robert Scheidt)、ブルーノ・プラダ(Bruno Prada)組が銀メダルを獲得しました。
posted by ごんた at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

Acaba o sonho dourado do futebol

北京五輪男子サッカー、事実上の決勝戦と言われた南米の2強対決は連覇を狙うアルゼンチンがブラジルを圧倒し、3−0でアルゼンチンが勝利しました。

ようやくライブ中継で観られたセレソンの試合でしたが、2点目が入った後半13分でもう逆転は無理とわかるような力の差を感じました。
これでドゥンガ監督もこれで更迭かもしれませんね。3位決定戦はあまり興味がないので、あとは女子に期待したいと思います。
posted by ごんた at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ブラジル女子がドイツ破り決勝進出


アテネ五輪準優勝のブラジルが、昨年のワールドカップ女王のドイツから4点を奪って大勝、初の金メダルに王手をかけました。

前半10分に守備のミスを突かれて先制を許しましたが、前半終了近くに追い付くと、後半はドイツを圧倒。2年連続世界最優秀選手のマルタやクリスチアーニの個人技を生かしたプレーで次々と3ゴール。今大会無失点だったドイツの組織的守備を骨抜きにし、昨年のW杯決勝で敗れた雪辱も果たしました。

決勝の相手が日本だったら面白かったんですが、残念ながら日本は準決勝でアメリカに負けてしまいました。
posted by ごんた at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

Brasil bate Camarões


北京五輪サッカー男子準々決勝でカメルーンを破ったブラジルが準決勝進出を決めました。

退場により1人少なくなったカメルーンを相手に得点を奪えず延長戦にもつれ込みましたが、延長前半に2ゴールを決め、2−0で勝利しました。

準決勝ではライバル・アルゼンチンと対戦します。
posted by ごんた at 21:38| Comment(0) | TrackBack(1) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

Brasil vence e está nas semifinais

futefe11.jpg

北京五輪サッカー女子準々決勝でノルウェーを2−1で破ったブラジルが、2大会連続の準決勝進出を決めました。

明日は男子がカメルーンと対戦します。
カメルーンとは2000年シドニー大会準々決勝で対戦、今回オーバーエイジ枠として招集されたロナウジーニョがU-23代表として出場し、後半終了間際に同点ゴールを奪いましたが、ゴールデンゴールで敗れました。

ロナウジーニョは、「リベンジという気持ちはまったくない。でも同じチームがまた対戦するなんてすごい偶然だね。もちろんこの試合については特別なモチベーションがあるよ」とコメントしています。

今大会、アルゼンチンとともに優勝候補の筆頭とされるブラジルはグループリーグで3連勝、9ゴール無失点と絶好調。一方のカメルーンは1勝2分けの2得点1失点という成績で準々決勝に駒を進めています。
posted by ごんた at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

ブラジル3連勝で決勝トーナメントへ


1次リーグ最終戦、C組のブラジルは中国に3−0、2連覇を狙うA組のアルゼンチンもセルビアに2−0で完勝し、優勝候補の2強がそろって決勝トーナメント進出を決めました。

準々決勝は16日に行なわれます。対戦カードはブラジル対カメルーン、アルゼンチン対オランダ、イタリア対ベルギー、ナイジェリア対コートジボワールとなっており、ブラジルとアルゼンチンは勝ち上がれば準決勝で対戦します。
posted by ごんた at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

ブラジルがニュージーランドに圧勝


北京五輪男子サッカーは10日にグループリーグ第2戦が行なわれ、ブラジルはニュージーランドに5−0で勝利しました。
ブラジルは2連勝でグループリーグ突破、今日のような試合ができれば金メダル獲れそうですね。

pato1221.jpg

女子サッカーは9日にグループリーグ第2戦が行なわれ、ブラジルは北朝鮮に2−1で勝利し、F組1位となっています。
posted by ごんた at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジルサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする