2015年11月01日

リオデジャネイロ五輪期間中の観光ビザ免除

来年リオデジャネイロで開催されるオリンピック・パラリンピックの期間中、外国人観光客に必要とされる観光ビザが免除されるようです。対象国に日本が含まれる可能性は高く、これをきっかけに日本人観光客増加につながればいいですね。

日本人が南米旅行する際、観光ビザが必要な国はブラジルだけ。
観光ビザが必要で、周辺国に比べ物価が高く、治安も悪いということで南米旅行者の多くがブラジルを避けてしまいます。

オリンピック期間中だけでも観光ビザが必要なくなり、レアル暴落で周辺国と比較してもそれほど物価が高くないとなればあとは治安の問題だけ?
しかしこれだけはどうにもならないかも?
posted by ごんた at 19:46| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

航空券が安くなる?

昨年末から原油価格が暴落しています。
現在航空券代とは別に徴収されている燃油サーチャージというものがありますが、原油(正確にはシンガポールケロシン価格)が安くなれば燃油サーチャージも下がります。

現在は多くの航空会社が1年を6分割し、例えば12月から1月の2ヶ月間の平均価格から計算した燃油サーチャージが4月から5月に発券される航空券に加算されます。
12月頭の原油価格は1バレル85ドル前後でしたが、月末には53ドル前後まで下がり、現在は46ドル前後、平均価格が60ドルを下回れば燃油サーチャージは徴収されません。
0になるかどうかはわかりませんが、現在日本−ブラジル往復で5万円前後の燃油サーチャージが大幅に下がることは間違いありません。

日本では円安ドル高、ブラジルではレアル安ドル高になっていますが、それでも燃油サーチャージが下がれば航空券代が20〜30%抑えられると思います。

年末に日本へ一時帰国する予定なので航空券が一番安くなる(燃油サーチャージが無くなり、レアルがドルに対して値上がりする)のをじっくり待ちたいと思います。
posted by ごんた at 21:05| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

SUPERFEIRÃO - GOL 10 Anos

GOL航空10周年記念企画として復路R$10キャンペーンが開催されています。

販売期間は1月20日午後8時から24日午前6時
2月1日から3月31日の間に往復する航空券を買った場合、復路がR$10となります。(座席数制限有り)

旅行する余裕はないんですが、どこかに行ってみたいですね。

http://www.voegol.com.br/

• Período de venda: das 20hs do dia 20/01/2011 às 06hs do dia 24/01/2011.
• Período de voo: entre 01/02/2011 e 31/03/2011.
• Tipo de viagem: ida-e-volta obrigatória.
• Permanência mínima: 2 noites.
• Promoção disponível no website GOL e agências de viagem*.
• Acúmulo de milha Smiles: 30%.
• Válido para todos os trechos domésticos e internacionais, saindo do Brasil, regulares operados pela GOL - Exceto Caribe (Aruba, Barbados, Punta Cana, Curaçao,St. Maarten).
• Cancelamentos e alterações: taxa de R$ 80,00 por passageiro ou 100%, o que for menor, por voo alterado, além de eventuais diferenças tarifárias, se houver.
• Quantidade mínima de assentos por trecho: 10.
• Taxa de reembolso: 20%.
• * Tarifas em reais, por trecho. Compra antecipada de 28 dias ou 7 dias com permanência mínima de 10 dias no destino.
posted by ごんた at 22:26| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

シンガポール航空がサンパウロ線運航

シンガポール航空(SIA)が初の南米路線としてシンガポール−サンパウロ線の運航を3月28日から開始すると発表しました。
スペイン・バルセロナ経由で当初は週3便(往復)を運航するそうです。

今年は一時帰国を予定しており帰国中にタイへ行こうと考えているんですが、シンガポールを基点に日本やタイへ行くのも面白そうです。

日本からブラジルへの往復格安航空券は1ヶ月FIXで10万円(税別)であるようですが、ブラジルから日本へは最低でも15万円(R$3000)以上すると思います。
日本から呼び寄せ便だともう少し安くなるかもしれないので一時帰国の際に確認してみようと思います。
posted by ごんた at 23:30| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

燃油サーチャージ

一時は1バレル35ドルぐらいまで下がったNY原油先物相場ですが、昨年12月初め以来、1バレル52ドルを超えました。

燃油サーチャージはケロシン市況(航空燃料の相場)の価格が一定の水準(航空会社によって異なりますが50ドル前後)まで下がると廃止されるんですが、このまま原油価格が値上がりするようなことがあれば、7月に燃油サーチャージも値上げされることになるかもしれません。
posted by ごんた at 11:18| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

クリチバ⇔イグアス往復 R$119

GOL航空のサイト(http://www.voegol.com.br/)でチケットの料金を調べていると、変な数字が出てきました。
クリチバからサンパウロやリオデジャネイロ往復で検索すると、たまに復路がR$0になるんです。
いろいろ検索してみると、復路がR$0になるのは3月31日と4月1日の一部の航空券でした。

なお出発日の3日以上前に予約し、行き先で10日以上滞在すると割引になる路線があり、上記の復路R$0と合わせると格安で旅行ができます。
クリチバから格安で行ける都市は、フォスドイグアスがR$119(約4900円)、サンパウロがR$129(約5300円)、リオデジャネイロがR$149(約6100円)、ブラジリアがR$219(約9000円)、フロリアノーポリスやカンピーナスはなんとR$49(約2000円)、これに空港税等掛かりますが、こんなに安く往復航空券が買えるんです。

どこかに旅行へ行きたいなと思ったんですが、この時期に宿を10日間も休業するわけにもいかないので諦めました。
posted by ごんた at 13:06| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

エミレーツ航空 中部−ドバイ便廃止へ

エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)が、中部国際空港(愛知県)−ドバイ便を今年3月末に廃止する方針を固めたことが明らかになりました。
航空各社の路線撤退・減便が相次ぐ中、08年度決算が赤字見込みの中部空港会社にとってエミレーツ航空の撤退は大きな痛手となりそうです。

エミレーツ航空の中部−ドバイ便は06年6月に就航し、現在、毎日1便運航されていますが、07年10月にドバイ−サンパウロ便が開設されたことにより、里帰りする日系ブラジル人に人気が集まっていました。中部−ドバイ便は2月上旬から週4便に減便した後、冬ダイヤが終了する3月28日で終了する見込みです。

なおアラブ首長国連邦は成田国際空港に乗り入れる権益を取得したことから、エミレーツ航空の成田への就航が想定されます。
posted by ごんた at 13:58| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

電子渡航認証システム ESTA(エスタ)

来年1月12日からビザなしでの米国渡航の際、インターネットで事前認証(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)が必要となります。

未認証の人は到着後、入国拒否となる可能性が高いということですので注意してください。

アメリカ経由でブラジル入りする人も、トランジットの際に入国審査がありますので事前認証が必要です。

現地到着後に入国を拒否されるトラブルを防ぐため、事前認証を受けていない人に対し、航空会社が搭乗を拒否することもあるそうです。 

詳しい説明や、エスタの申請は在日米国大使館のHPへ
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
posted by ごんた at 01:15| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

ブラジルへ行こう!

現在、1ドル=93円前半と円高ドル安になっていますが、ブラジルでは1ドル=2.496レアルとドル高レアル安となっています。

1レアル=37.38円と2003〜2004年の一番レアルが安かった頃の相場となっていますので、これからブラジル旅行する人には良い状況です。

大韓航空のサイトを見てみると、1月1日発券分から燃油サーチャージ(片道)が34000円から24000円に値下げされていました。
posted by ごんた at 07:26| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

レアル安の今、ブラジル旅行へ

リーマン・ブラザーズ破綻以降、急激にドル高レアル安が進み10月上旬には1ドル=2.5レアル台まで下落しました。
その後、ブラジル中央銀行の介入が入り、現在は1ドル=2.16レアルとなっています。

円に対しては10月下旬に一時40円を割り込みましたが、現在は少し戻して1レアル=45.58円となっています。
それでも今年8月に70円近くまでレアル高が進んでいたことを考えると激安です。

航空券も安くなっており、大韓航空で2ヶ月FIXが9万円(成田発、11月)で出ています。
ただ大韓航空は燃油サーチャージが往復68000円なので、空港税なども含めると16万円を超えますね。

しかし原油価格も67ドルとピーク時の半分以下まで下落していますので、1月以降は燃油サーチャージも大幅に下げられると思います。


posted by ごんた at 04:29| Comment(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

アメリカン航空でブラジル往復10万円

アメリカン航空が日本ブラジル交流年及び日本人ブラジル移住100周年を記念して、日本-ブラジル往復10万円という航空券を出しています。

http://www.americanairlines.jp/content/jp/specialOffers/fareSale2.jhtml

9月30日までの期間限定で予約を受け付け、出発は10月1日〜11月30日、有効期間は4ヶ月なので、11月中に出発すればカーニバル(2月21〜24日)も観られます。
10万円と言っても出入国税、空港施設使用料、燃油サーチャージ等は含まれていませんので、実際には16万円ぐらいになると思いますが、それを考慮しても安いですよね。
posted by ごんた at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

原油価格急落、しかし…

7月11日に1バレル=147.27ドルの史上最高値をつけたニューヨーク・マーカンタイル取引所の米国産標準油種(WTI)でしたが、現在、110ドル台半ばと1ヶ月あまりで2割強も下落しました。
来月から日本国内のガソリン価格は大幅に値下がりするようですが、航空券の国際線運賃に上乗せされる燃油サーチャージは大幅に値上げされます。

日本航空(JAL)は10〜12月期のブラジル線の燃油サーチャージを、片道で6000円アップの38000円とするそうです。
これは基準となる5〜7月のジェット燃料価格が高騰したためなんですが、原油価格が下がってきているのに値上げというのは嫌な感じですね。
posted by ごんた at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

時差ぼけ

日本とブラジルの時差は12時間、昼夜逆転することになりますので、人によってはかなり酷い時差ぼけになってしまいます。

私の場合、特に酷いのがブラジルから日本へ戻ったときで、帰国から3日ぐらい昼間眠たくて夜は眠れないという日が続きます。

ブラジルから日本への飛行機はブラジルを午後11時〜午前1時ぐらいに出発するものが多いため、飛行機に乗ってすぐに寝てしまう人が多いんですが、ここで寝てしまうと時差ぼけが酷くなるんですよね。

今回の帰国で利用した大韓航空はサンパウロを午後1時半に出発、ロス経由でソウルに午前6時に到着するという便でした。
サンパウロ−ロス間はブラジル時間の昼間〜深夜ということでほとんど寝ずに映画を観て過し、ロスからソウルまでをできるだけ寝て過したんですが、これでかなり時差ぼけを解消することができました。

帰国した日は午後11時ぐらいに就寝、翌朝7時に起床、この生活を続けていけばほとんど時差ぼけにならなかったんですが、昼寝をしたり夜更かししたりしているうちに生活リズムが狂っていき、最近は午前6時に寝るというブラジルと日本の中間ぐらいの時間で生活しています。
posted by ごんた at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

大韓航空 サンパウロ便

今回の帰国では今年6月から運行再開した大韓航空を利用したんですが、アメリカ系の航空会社に比べ格段に良かったです。

DSC00387.jpg

大韓航空で一番好きなところは機内食でビビンバが食べられること。
今回もサンパウロ−ロス、ロス−ソウルと2回食べました。

DSC00397.jpg

大韓航空が2001年のアメリカ同時多発テロ後運休となってからは提携しているデルタ航空を利用しましたが、毎回のようにオーバーブッキングするし、機体は古いし、フライトアテンダントはおばちゃんばかりと褒められるとことがほとんどなかったんですが、サンパウロ−ソウル便に使われている機体は各座席の液晶モニターがタッチパネル式で自分の好きなときに映画やドラマを観られましたし、フライトアテンダントも若くて綺麗な人ばかりでした。

DSC00403.jpg

ソウルに午前6時に到着し、昼前に関空に帰ってこられたというのも良かったです。
西日本にお住まいの方はぜひ利用してみてください。
ブラジル往復するとマイレージもたくさん貯まるのでマイレージサービスへの加入もお忘れなく。
posted by ごんた at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

弓場農場

今日、NHKの「祖国と大地〜ブラジル移住・大家族の夏」という番組で弓場農場が取り上げられていました。

私が弓場農場を訪れたのは99年5月、約2週間、お世話になりました。
少し旅行した後、また弓場へ戻る予定だったんですが、パンタナールを経由してマナウスに入り、そのままマナウスに3ヶ月滞在。マナウスからサンパウロに戻ってきたときには3ヶ月+延長3ヶ月の観光ビザが切れる直前だったため、次回の旅行へと持ち越しとなってしまいました。しかし帰国後、急に結婚することとなり、それ以降、弓場に行く機会がありませんでした。

今日の「祖国と大地〜ブラジル移住・大家族の夏」では、当時、小学生〜中学生ぐらいだった弓場の少年たちが大きく取り上げられていました。

弓場の人たちは私のことを覚えてないだろうな〜
でもまた近いうちに弓場を訪れたいと思います。

画質が悪いんですが、当時の写真が少しありますので、弓場のみなさん、もしこのブログをご覧になっていたらメッセージくださいね。

弓場農場のHP http://brasil-ya.com/yuba/index.html
posted by ごんた at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

Caprichoso vence festival de Parintins

4977974.jpg

今年の「Festival Folclórico」、私の応援するカプリショーゾが優勝しました。
昨日、一昨日とテレビ中継を観ていたんですが、音楽も踊りもサンバより力強い感じで良かったです。

despedida2.jpg

祭が終わるとまた船に乗って帰るんですが、写真のように出港時間が表示されます。
アマゾン川の船旅は好き嫌いがはっきり分かれます。船酔いする人やハンモックで寝られない人にとってはかなりキツイ旅ですが、私は5日ぐらい(マナウス→べレンなど)乗っても飽きません。

16876.jpg
posted by ごんた at 13:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

Festival Folclórico de Parintins


アマゾン最大のお祭「Festival Folclórico」(通称ボイ・ブンバ、6月27日〜29日)が始まりました。


初めてマナウスを訪れたときにサンボードロモやポンタ・ネグラでボイの音楽やダンスを知り、2回目にマナウスへ行ったときに船でパリンチンスへ行きました。

パリンチンスはマナウスから船で1泊2日、お祭のときには数万人の観光客が訪れますが宿泊施設がほとんどないため、乗っていった船がそのまま簡易宿泊施設となります。

Parintins04.jpg
川沿いには船がずらっと並びます

redes1.jpg
ハンモックで寝ます

嫁の実家がマナウスにあるためマナウスには何度も行っているんですが、ボイの時期に行ったのは最初の2回だけ、来年、時間とお金に余裕があればまた行きたいです。
posted by ごんた at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

大韓航空がサンパウロ便の運航再開

大韓航空は欧州就航35周年を記念し欧州直行便の拡充と、大韓航空が加盟する航空連合スカイチームの加盟会社との共同運航(コードシェア)便の拡大、未就航の南米やアフリカ地域への進出策などを打ち出しました。
グローバルネットワークの拡充に向け、次世代旅客機のエアバスA380型8機とボーイングB787型10機を2009年以降に導入し長距離路線に投入します。

同社は6月1日に仁川〜ドイツ・ミュンヘン便を新規に就航するなど、コードシェア路線を17路線から20路線に増やし、欧州南部地域への就航地を開拓、欧州就航都市は13都市となる予定です。
同月2日には、2001年に収益性悪化で中断していたブラジル・サンパウロ便の運航も再開します。
さらに中南米の航空会社とのコードシェアとマーケティング提携で中南米地域のネットワークも強化する一方、アフリカでは仁川〜カイロ便に次ぎ、南アフリカ・ヨハネスブルク就航も推進しています。

11年前、初めてブラジルに来たときに利用したのが大韓航空、関空発でチケットも安く、マイレージも期限が無い(2008年7月以後は有効期間5年)というのが理由でした。
何度もブラジルを往復している内に溜まったマイルは21万マイル、タイに住んでいたときにボーナス航空券で二往復しましたが、まだ12万マイル残っています。
大韓航空のHPには日本−南米のボーナス航空券の必要マイル数は出ていませんでしたが、もしかしたら今年の一時帰国にボーナス航空券が使えるかもしれません。
posted by ごんた at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

タビオヤコが帰国

昨年8月にペンション・サウダーヂに宿泊したタビオヤコ(アキエさん&メグちゃん)が、376日間の旅を終え、元気に帰国しました。
「タビオヤコ日記」の更新を楽しみにしていたものにとってはちょっと寂しいニュースですが、無事に帰国されて何よりです。

タビオヤコ日記に出てくる24ヶ国で、ブラジルでの更新が一番多いっていうのは嬉しいですね。
まだご覧になってない方はぜひ覗いてみてください。メグちゃんの笑顔に癒されますよ。
http://blog.tabioyako.com/

1人旅でも大変な世界一周旅行を、4歳(出発したときは3歳)の幼い娘と2人で成し遂げたというのは、小さな子供を持つ母親に夢と希望を与えたと思います。
うちの嫁もタビオヤコの話をする度に「私もいつか娘(まだ子供はいません)と2人で世界一周旅行に行きたい」と言っています。
posted by ごんた at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

ブラジルから南米各国への航空券が安くなる

3月からブラジルから南米12ヶ国(アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、仏領ギアナ、スリナム)向けの航空料金が安くなりました。

これまで最大30%だった割引を50%に変更されたためで、6月1日からは80%、9月1日以降は制限がなくなります。
今回の措置は国内資本、外国資本の区別なく適用され、欧州向けの料金制約も廃止するようです。

ブラジルから南米の他の国へ移動で飛行機を使ったことがないんですが、安くなってくれるのはありがたいですね。
現在、リオデジャネイロからブエノスアイレスへの定価がR$379だそうですが、50%OFFだとR$189.5(約12000円)となります。
posted by ごんた at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ブラジル一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする