2010年12月13日

金光教 年末感謝祭&忘年会

PC120.jpg

日曜日に金光教の年末感謝祭&忘年会に行ってきました。

金光教とは1859年に赤沢文治(後の金光大神)が開いた創唱宗教で、同じ江戸時代末期に開かれた黒住教、天理教と共に幕末三大新宗教の一つに数えられています。
日本では西日本を中心に、海外では南米やハワイなどに約1600の教会・布教所、45万人の信者を有しています。

ブラジルでは1964年にノロエステ線ビリグイに最初の教会が開設されたのが始まりで、現在ではサンパウロ、リオ、クリチバ、アリケーメス(ホンドニア州)など教会・布教所は8ヶ所あり、更に2ヶ所の開設が予定されているそうです。

私は金光教の信者ではないんですが、年に1〜2回ミサに参加させてもらっています。
日本にいた頃は無宗教(今でも?)だったんですが、ブラジルに来てから実家のお寺でもある浄土宗の宗教行事、金光教や天理教のミサなどに参加しました。

ミサは当然ポルトガル語ですし、お経や経典など日本語で書かれていてもあまり意味がわからないんですが、いろいろ話(宗教のことやブラジルでの経験)を聞いてみるのは良い事だと思います。
うちの宗教の信者になれというような勧誘だと嫌ですが(日本で宗教の話を多くの人が嫌がるのはこれが理由ですよね)、クリチバではそんなことはありません。(少なくとも浄土宗、金光教、天理教ではありませんでした、プロテスタント教会は要注意)

ミサより楽しみなのが料理持ち寄りのパーティー。
クリチバ在住の日本人の友人も宗教に関係無く参加するので、みんなが持ち寄った美味しい料理を食べながら友人たちと話をしたりカラオケで盛り上がったりします。
昨日はお好み焼きやきつねうどんなど懐かしい日本の味もご馳走になりました。
posted by ごんた at 22:41| Comment(4) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ボンビーニャスでキャンプ 後編

キャンプ2日目、朝起きると空は曇っているものの雲は薄く、もしかしたら晴れるかもと思わせる天気。
時刻は午前7時過ぎ、とりあえず朝食でも食べてと考えているとテントから出てきたJくんのお父さんが隣のビーチに行ってみようと言い出しました。
それを聞いた子供たちは濡れた水着に着替えて出撃準備。ちょっと早過ぎるでしょうということで先に朝食となったものの8時前には隣のビーチに行って泳ぎ始めました。

o06.jpg

外海に面し波が高かったキャンプ場前のビーチと違って、隣のビーチは波もなく、海に入ると小さな魚がたくさん足元に寄ってきました。
子供たちは冷たい水も気にせずはしゃいでいましたが、私は足だけ浸かって魚を眺めていました。

o062.jpg

9時頃になると徐々に人が増えてきたものの、パラパラと小雨が降ったりして相変わらず怪しい天気。
一度キャンプ場に戻って一休みした後、更に別のビーチへ行ってみると昨日の天気が嘘のように晴れました。

DSC00038.jpg

カニや小魚を捕まえたり、一つしかないシュノーケルを交代で使って素潜りしたり、冷たいビールを飲んだりとビーチを満喫してきました。

DSC00048.jpg

テントの撤去など後片付けをしている間も子供たちは時を惜しんで遊び続け、帰りの車の中ではぐっすりと眠っていました。

DSC00057.jpg
posted by ごんた at 23:43| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ボンビーニャスでキャンプ 前編

P4120027.jpg
昨年4月の写真

先週末、友人たちと1泊2日でサンタカタリーナ州のボンビーニャス(Bombinhas)に行ってきました。
クリチバからボンビーニャスまで約270km、渋滞が無ければ約3時間半で到着します。

金曜日の夜にネットで調べた週末の天気は土日とも雨・・・
今回はキャンプ場でテントを張って宿泊ということで男ばかり(大人3人、子供2人)、多少の雨など気にしません。
クリチバからの道中小雨が降ったり止んだりしていましたが、ボンビーニャスが近づくにつれ雨が激しくなっていきました。

予定していたキャンプ場に到着すると様子が変、近くのお店で聞いてみると現在改装中でキャンプできないとのこと。
別のキャンプ場を探して行ってみると料金が割高な上、雨で水浸し・・・
それでも宿に泊まるのに比べて3分の1以下と割安なので、とりあえずテントを張ることにしました。

DSC00007.jpg
周りのテントは後ろに見えている様にビニールシートで屋根と壁が作ってありました

大人3人の一番の楽しみはセルベージャ(ビール)
テントを張り終え、持参した弁当を食べながらビールでも飲もうということになったんですが寒くてそれどころじゃない。
さっさと昼食を終え、ホットシャワーを浴びてテントの中でカードゲームを始めたんですが、一番小さなJくん(6歳)がぐずりだして早々に終了。

DSC00001.jpg

Jくんと大人たちは昼寝でもするかという感じだったんですが、今回ニンテンドーDS禁止令を出したためKくん(13歳)はすることもなく暇そうにしているので雨の中散歩に行くことにしました。

DSC00021.jpg

ビーチパラソルを雨傘代わりにビーチを散歩していると次第に雨は小降りになってきたので、海に入ってみました。
1時間ほど海で遊んだ後、夕食は屋根のある場所でシュハスコ(バーベキュー)
寝る前に雨は止んだものの、テントの中は所々浸水して敷物が濡れていました。

翌日も天気予報では雨。
晴れなくてもいいので雨だけは降らないでと願いながら早めに就寝しました。

後編に続く
posted by ごんた at 06:53| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

クリチバ在住者のブログ

クリチバ在住でブログを書いている人がいないかと検索してみると結構たくさんいることに気付きました。

勝手に紹介していいものなのかどうかわからないのでここには書きませんが、見付かった10人のブログのうち8人は知人で残りの2人も知人の知人でした。

「クリチバ在住者のブログ」というタイトルなので1つぐらい紹介したいと思います。
クリチバ日伯寺のお坊さんのブログ「坊主 do Brasil

http://ameblo.jp/saikyobozu/

数少ない同年代の日本人男性の友人で月に一度は一緒に飲んでます。
記事はお寺の行事や法事に関するものが多いんですが、たまに格闘技(シュートボクセ)の話題もでてきます。
posted by ごんた at 09:04| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

久しぶりの更新

P1001825.jpg

先日クリチバ在住の日本人や日系人の友人たちが集まってシュハスコパーティーをしたんですが、複数の方にブログのことを尋ねられたため久々に更新してみました。

ネットの調子が悪く更新したいときにできないということが多々あり、何日も更新できない日が続くと更新するのが面倒になってしまうんですよね。

ブログの内容もニュースばかりになっているので新しいブログを作って内容を一新してみようと思ったんですが、続けていくうちに同じような内容になってしまったため、どうせ同じような内容になるならとこちらのブログを復活させることにしました。

シュハスコパーティーには50人以上の人が集まったんですが、初めて会う人や会ったことはあるけどあまり話をしたことのなかった人なども多く、回を重ねるごとに新しい友人が増えていきます。
今年クリチバに赴任された駐在員の方に「ブラジルに赴任するにあたりこのブログが参考になった」と言ってもらったので、ブラジルに住まれる方や旅行される方に有益な情報を紹介していきたいと思います。
posted by ごんた at 04:33| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

夏時間

クリチバはまだまだ寒い日が多く夏という感じではありませんが夏時間に切り替わりました。

期間は2010年10月17日から2011年2月20日まで。

対象となるのはブラジリア連邦区のほか、サンパウロ、リオ・グランジ・ド・スーウ、サンタ・カタリーナ、パラナー、リオ・デ・ジャネイロ、エスピリト・サント、ミナスジェライス、ゴイアス、マット・グロッソ、マット・グロッソ・ド・スーウの 10州で、1時間時計の針を進めることになります。(他の16州は対象外)
posted by ごんた at 04:46| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

週末のスーパー

うちの近所のスーパーのお客さんはほとんどが女性なんですが、土曜日の夕方と日曜日(正午過ぎに閉店)の昼前になると男性の割合が高くなります。

男性客が買うのは肉とビール!しかも買う量が凄い。
牛肉3kg、鶏肉2kg、ソーセージ1kg、缶ビール2パック(24本)など明らかにシュハスコ用、これに炭なども一緒に買うとなると女性が運ぶのは大変ですからね。

男性数人で買い物に来ると上記の2〜3倍以上の量を買っていくこともあります。
posted by ごんた at 05:14| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

マナウスからクリチバに

日曜日にマナウスから義妹一家がやってきました。

昨年3月に義父、11月に義母、今年4月に義弟と順番に遊びに来ているんですが、みんな暖かい時期だったので、昼間暖かく朝晩涼しいクリチバに感激していたんですが、現在のクリチバは気温が10℃以下まで下がります。

寒くて外出したがらない両親とは対照的に、姪っ子(5歳)は買ってもらったばかりのマフラーや手袋、ニット帽などを身に着けて、公園に行って遊ぼうと元気一杯です。

日曜日は快晴で暖かかったものの、月曜日から曇りで気温は室内でも12℃前後。
2週間滞在するので寒い日はあまり外に連れ出さず、暖かい日にクリチバの街を満喫してもらおうと思います。
posted by ごんた at 19:51| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

雨が降ると寒い

昨日の日記で「春が来たかも?」と書きましたが、今日は雨が降っており、昨日までと比べ気温が5℃くらい低くなっています。

クリチバの冬はいつもこんな感じ。
急に寒くなったり暑くなったりを繰り返し、気がついたら夏になってたりします。

この時期は1日の中に四季があると言われるように、朝晩は寒くても昼間は夏のように暑かったりするため、出掛ける際の服装は注意が必要です。

旅行者には暖かいからと言って半袖シャツ1枚で出掛けたりすると帰ってくるとき寒くて大変ですよとアドバイスするんですが、上着を持って出なかったり、薄手の上着だったりで震えながら帰ってくる人もいます。
posted by ごんた at 22:09| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

春が来たかも?

2週間程前は凄く寒かったんですが、ここ10日くらいはかなり暖かくなり昼間は半袖Tシャツ1枚でも過ごせます。
またいつ寒くなるかわかりませんけどね。

ipea1.jpg

先日クリチバへ行ったとき、イペー(ipê amarelo)の花が咲いているのを見かけました。イペーはブラジルに春の訪れを告げる花です。
イペーはブラジルの国花とされており、ブラジル代表のユニホームはイペーの花の黄色と葉の緑からとられたものです。

ipea2.jpg

桜のように葉が出るより先に花が咲き、トランペットのような形をした大きな花が落ちると、地面に花の絨毯を敷いたようで綺麗です。
posted by ごんた at 11:41| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

クリチバ・ディズニーランド?

先日、日系ブラジル人の友人と久しぶりに会い、4月〜6月はずっと来客があって遊びに来られなかったという話をしていたら、「クリチバはこれからどんどん観光客が増えるから、もっと宿を大きくしていかないとね。2014年にはワールドカップがあるし、新幹線も開通するし、ディズニーランドもできるしね」って、「えっ!!! ディズニーランド???できるの???」

ワールドカップはスタジアムの客席増築に掛かる費用問題はあるものの、開催都市となるのはほぼ確実。
新幹線はリオ−サンパウロ開通後に北はベロオリゾンチ、南はクリチバまで延長予定。
この2つは以前から知っていましたが、ディズニーランドは初耳。ネットで調べてみると、確かにそういう噂はあるようです。

私のポルトガル語力では正確に読み取れないんですがその噂によると、南アメリカ初となるディズニーランドがクリチバに!すでに25q平米の土地が確保されており、2011年に建設開始、2016年のリオオリンピックに合わせてオープンするとのこと。

ただ肯定的な情報が掲載されているのは個人ブログのようなものばかりで、もう少し信憑性のあるHPなどには公式発表はされていないとか、ただの噂とか否定的なものが多いようです。

下記のアドレスは、情報が掲載されているサイトの1つです。
http://www.disneymania.com.br/rumor-curitiba-pode-ganhar-parque-da-disney/

嘘か本当かわかりませんが、期待して吉報を待ちたいと思います。
posted by ごんた at 18:38| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

移民祭 2010

imin_2010.jpg

今晩(18日)から3日間、パルケ・バリグイで移民祭が開催されます。

18日 18時〜22時 入場料 無料
19日 11時〜22時 入場料 R$5
20日 11時〜20時 入場料 R$5

19日は19時からミス・ニッケイ・ド・パラナコンテスト(パラナ州在住日系人のミスコンテスト)が開催されますし、ワールドカップ観戦用の大型モニターも設置されます。

私も土日はバハーカの手伝いに行きますので、クリチバ在住の方はぜひ遊びに来てください。

Imin Matsuri 2010 Curitiba
Data: 18, 19 e 20 de junho (dessa sexta até domingo)
Local: Pavilhão de Exposições do Parque Barigui
Entrada: R$5,00 (sexta-feira a entrada é gratuita)
Horário: 18h às 22h na sexta e das 11h às 22h no final de semana
posted by ごんた at 21:45| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

コッパ・ド・ムンドとクリチバーノ

昨日はCopa do mundo(ワールドカップ)のブラジル−北朝鮮戦を友達の家で一緒に観戦しました。

15時半の試合開始に間に合うように家を出たんですが、道路が渋滞していてなかなかバスが進みません。
ワールドカップでブラジル代表が試合をする日は半休になるため、試合開始1時間前はあちこちで渋滞が発生。クリチバ中心部から住宅街へ向かうバスはどれも超満員でした。

車に乗っている人を眺めていると、3割ぐらいの人がブラジル代表のユニホームや黄色や青色のブラジルカラーのシャツを着ており、車の窓やマンションのベランダなどあちこちにブラジル国旗を見かけました。

しかし12年前にブラジル旅行していたときのワールドカップに比べるとかなり控え目な感じ・・・

12年前はマナウス滞在中に開幕し、サンルイス、ヘシーフェ、マセイオー、サルバドールと移動しながらワールドカップの雰囲気を楽しみ、決勝戦はサンパウロのパウリスタ大通りで数万人のブラジル人と一緒に観戦しました。

今回はそのとき以来となるブラジルで観るワールドカップだったので、どれぐらい盛り上がるんだろうと期待していたんですが、クリチバの盛り上がり方はちょっと期待はずれでした。

torcida.jpg
Boca Mal­ditaで観戦する人たち

セントロのBoca Mal­ditaに364インチ(8m×4.5m)の巨大モニターが設置され、5千人ぐらいの人が集まったそうですが、リオやサンパウロで同じように巨大モニターが設置されたところに比べると集まった人の数が一桁違いますからね。

ブラジルがゴールを決めた後や試合終了後の花火の数もちょっと寂しい感じでしたし、クラクションを鳴らしながら走る車もまったく見かけませんでした。(コリチーバがパラナ州選手権で優勝したときは凄かった)

次の試合は移民祭と重なるのでパルケ・バリグイで、その次はBoca Mal­ditaに見に行ってみようかと考えています。
posted by ごんた at 04:41| Comment(3) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

寒いクリチバ

クリチバは数日前から急に寒くなりました。
朝晩には気温が10℃以下まで下がり、日中でも20℃以下という日が続いています。
ブラジル代表もこんな寒いところでトレーニングするのは大変だろうと思うんですが、南アフリカはもっと寒いんですよね。

日本の寒さに比べれば、クリチバの寒さなんかたいしたことないんですが、それほど寒くないのでうちには暖房器具というものがありません。
日本人や日系人の友人の家でたまに暖房器具を見かけますが、電気を使うものが主流で灯油を使うようなものは見たことがありません。(ブラジルで灯油が売られているのかどうかも知りません)

4月中旬にマナウスから遊びに来た義弟が1日中出歩いてもほとんど汗をかかないクリチバの気候を絶賛していましたが、来月下旬に来る義妹は寒さに耐え切れずに予定を早めて逃げ帰ってしまうんじゃないかと心配です。

毎年この時期は雨が少なく、クリチバは水不足、下流にあるイグアスの滝も水量が少なくて迫力がないなんてことになっているんですが、異常気象のためパラナ州南部などでは洪水、イグアスの滝も普段の5倍の水量だそうです。
posted by ごんた at 15:06| Comment(2) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

ブラジルのWi-Fi

ここのところブログの更新が滞っていますが、お客さんが来られて忙しかったのに加え、ネットの調子が悪かったため、なかなか更新ができませんでした。

最近の旅行者は小型のノートパソコンを携帯し、Wi-Fiを使った無料インターネットサービスを利用している人が増えてきました。
私のノートパソコンは旧型なのでWi-Fiに対応しておらず、外出先で使ったことがないんですが、宿泊された方の話ではクリチバでも空港やバスターミナル、ショッピングセンターなどで利用できるそうです。

昨年末から契約しているインターネットは、近くのランハウス(ネットカフェ)から発信されているWi-Fiの電波をアンテナで受けて利用するというものなんですが、大きなアンテナを立てなくてもWi-Fiに対応したノートパソコンで利用できる(電波はかなり弱い)ようです。
現在、宿泊中のお客さんも自分のパソコンを使ってネットされてます。

最近のブラジルは異常な大雨が降り続き、各地で洪水被害や土砂崩れなどが発生していますが、それに伴う停電やシステムのダウンによりネットが使えなくなることが多々あり、週末にシステムがダウンすると月曜日の昼ぐらいまで使えないこともあります。

ブログの更新が滞るぐらいならまだいいんですが、お客さんとのメール連絡が取れなくなるのは困ります。
使えないのなら使えないで以前のように友人宅へネットをさせてもらいに行ったりもできるんですが、数時間で復旧することもあれば、数日間使えなくなることもあるので、当ても無く待つしかないという状況です。

また落ち着いたらできるだけ毎日ブログを更新していきたいと思います。
posted by ごんた at 08:42| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

雨 雨 雨

最近のクリチバは毎日のように雨が降っています。
洪水になるような大雨ではないんですが、日によっては朝から晩まで雨が降り続きます。

屋根の補修は雨がやんでいる隙に何とか終わらせたんですが、壁や天井はまだ終わっていません。
部分的な補修でも十分だったんですが、どうせやるなら徹底的にと屋根板も天井板もすべて取っ払い、壁の一部も壊してしまったことが今になって悔やまれます。

壁や天井は屋内作業なので雨が降ってもできるんですが、壁の補修はコンクリートを練らなければならないため、雨の中、砂を取りに行く(敷地内)のが億劫で、雨がやんだら始めようと考えている内に夕方になってしまいます。

しかし予約のお客さんが来られるまでには完了させないといけないので、明日から少しペースを上げていこうと思います。


クリチバはそれほど雨は降っていませんが、昨日はヒオ・グランヂ・ド・スーウ、今日はサンパウロで洪水が発生しています。
一方、リオデジャネイロは昨日・今日と快晴で気温が40℃を超えたそうです。
posted by ごんた at 15:39| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

ブラジルの正月

日本は三が日が終わって今日が初仕事という人が多かったと思いますが、ブラジルの正月には三が日という習慣はありません。
今年は週末が重なったので3日まで連休になりましたが、基本的には元旦だけが休みになります。

ただクリスマスから長期休暇に入っている人も多いので、12月末から2月のカーニバルぐらいまではブラジル社会は完全に機能していません。
まあカーニバルが終わったら完全に機能するのかと言えば、そうとも言えないんですけどね。

歯のインレー(詰め物)が取れたため年末から歯医者に通っていたんですが、インレーを作成するラボラトーリオ(技巧所)が年末休暇に入るとのことでクリスマス前で一時中断したままでした。
ようやく再開できそうですが、歯医者がちゃんと仕事再開してくれているか心配です。
posted by ごんた at 23:25| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

Feliz Ano Novo!

日本より11時間遅れで、クリチバも新年を迎えました。

日系人の友人が一緒に「Ano Novo(新年)をお祝いしようと言ってくれたので、「何時から?」と聞いてみると「夕方6時くらいまで仕事するから夜8時か9時頃に来てくれればいいよ」と言われました。
新年を祝うということで1月1日のことだと思っていたんですが、12月31日の夜の話でした。

夜に出掛けるのには問題は無いんですが、最終のバスは午前0時。
新年を祝うということは0時を過ぎるので、家まで送ってもらわなければいけないので申し訳ないなと思いつつもお邪魔しました。

ブラジル人はクリスマスに家族や親戚が集まることが多いんですが、日系人の場合、正月にも親戚が集まります。
友人の家には想像していた通り、親戚の人たちが集まっており、ちょっと場違いな気がしましたが、日系とはいえブラジル人、誰もそんなことを気にする人はいませんでした。
明け方まで語り明かし、親戚の人たちと一緒に友人宅に泊めてもらいました。
posted by ごんた at 13:49| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

異常気象


年末ということでテレビでは今年1年を振り返る特番が放送されています。
上の動画(Retrospectiva 2009、Youtubeに続きがあります)を観てもらえばわかると思いますが、大部分を異常気象のニュースが占めています。

パラナ州でも4〜5月は雨が少なく、イグアスの滝の水量も極端に少なくなっていましたが、その後は大雨であちこちで洪水の被害が出ています。
またクリチバで生まれ育った日系人の友人曰く、冬の寒さや夏の暑さも異常なようで、先日会ったときも「こんなに暑い夏は生まれて初めて」と言っていました。

私は先月マナウスへ行っていたこともあり、それほど暑いとは思いませんが、ここ数日、扇風機を使うことが何度かありました。
ちなみに扇風機は2007年12月に購入して以来、“暑い”と思って使ったことは2〜3回しかありませんでした。(掃除の後にタイルの床を乾かすのが、うちの扇風機の主な仕事です)

バケツをひっくり返したような大雨、風速100km/hを超えるような暴風などの被害も大きく、隣の家の屋根が飛ばされ、その破片がうちの屋根に当たって数箇所から雨漏りしました。
ようやく客室一部屋の屋根と天井の修理が終わり、お客さんを迎えられる状態になりましたが、もう一部屋の客室は年が明けてからの修理となります。

ブラジルでも近年、地球温暖化(aquecimento global)が注目されており、地球温暖化防止に向けたさまざまな活動が行われています。
ブラジルは今後10年間で、地球温暖化ガスの排出量を2020年の推定排出量から最大39%削減する方針で、2005年比では約20%の削減になるそうです。
ただブラジルの場合、地球温暖化ガスの排出量を削減するより、アマゾンの森林保護の方が重要な気がします。
posted by ごんた at 16:24| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

盲目の美女

今日、クリチバの街を歩いていたら、白杖を持った女の子に出会いました。
ちょうど信号のところだったので「危ないですよ」と声を掛け、信号(日本のように音響式信号がありません)が青に変わったときに手を引いてあげました。
しかし中央分離帯のところで立ち止まったときに、「腕を掴ませてもらってもいいですか?」と言われました。

どこまで行くのか聞いてみると横断歩道を渡ってすぐのところにあるショッピングセンターとのこと、入り口のところに急な階段があるんですが、ポルトガル語で階段って何て言うんだったかな?と考えていると、彼女はよく知っているようで私が声を掛ける前に白杖で階段の位置を探り始めました。
彼女が階段を見つける前に何とかポルトガル語を思い出し「ここから階段だから気を付けて」と声を掛け、急な階段をゆっくりと下りました。

ショッピングセンターに入るとすぐに彼女は私の腕から手を離し、お礼を言うと入り口の近くにあるオブジェの方へ真っ直ぐに歩いていき、オブジェまで辿り着くと待ち合わせをしていた友人に到着を知らせる電話をしていました。

ほんの2〜3分の出来事でしたが我ながら良いことをしたと思いながら帰宅、ネットで目の不自由な方への接し方を検索してみると、いろいろ間違っていたことに気が付きました。

まず目の不自由な人には「危ないですよ」ではなく、「赤信号ですよ」、「段差がありますよ」など、具体的に言った方が良いそうです。

また目の不自由な人に対しては、手を引いたり背中を押したりする(人によっては恐怖を感じるそうです)のではなく、腕や肩に掴まってもらい半歩前を歩くのが良いそうです。
※手を引く前に「お手伝いしましょうか?」(Posso ajudar? ポッソ アジュダー?)と尋ねるべきだったんですね。そしたら彼女は「腕を掴ませてもらってもいいですか?」と言えたんです。

信号が青に変わったら、まず信号が変わったことを伝えてから(目の不自由な人には信号は見えていません)歩き出してください。
階段などでは一度立ち止まって、「上り階段です」または「下り階段です」と伝えてから先に進みます。このとき体の上下の動き方によって、目の不自由な人が次にどのように踏み出せばいいのかを伝えます。
なお階段や段差では必ず正面からはいってください。斜めにはいると躓いたり、靴を擦ったりすることがあるそうです。

今までに何度か目の不自由な人に接したことがあったんですが、こうやって少し勉強してみると間違ったことばかりやっていたような気がします。
この記事を読まれた方、白杖を持った方に出会った際はぜひ「お手伝いしましょうか?」と声を掛けてあげてください。


話は変わりますが、Rede Globoの7時台のノベーラ「Caras & Bocas」に盲目の女優Danieli HalotenがAnita役で出演しています。
クリチバ出身の彼女はテレビのリポーターなどもしていたことがありますが、このドラマに出演する前はクリチバ市内の銀行で働いていたそうです。

danieli-haloten.jpg

「Caras & Bocas」のオーディションに合格し、ドラマ撮影のために盲導犬(cão-guia)と共にリオデジャネイロへ引っ越していきました。
その「Caras & Bocas」も来週で終了しますが、彼女はクリチバに戻ってくるんでしょうかね?

posted by ごんた at 15:07| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。