2009年12月30日

盲目の美女

今日、クリチバの街を歩いていたら、白杖を持った女の子に出会いました。
ちょうど信号のところだったので「危ないですよ」と声を掛け、信号(日本のように音響式信号がありません)が青に変わったときに手を引いてあげました。
しかし中央分離帯のところで立ち止まったときに、「腕を掴ませてもらってもいいですか?」と言われました。

どこまで行くのか聞いてみると横断歩道を渡ってすぐのところにあるショッピングセンターとのこと、入り口のところに急な階段があるんですが、ポルトガル語で階段って何て言うんだったかな?と考えていると、彼女はよく知っているようで私が声を掛ける前に白杖で階段の位置を探り始めました。
彼女が階段を見つける前に何とかポルトガル語を思い出し「ここから階段だから気を付けて」と声を掛け、急な階段をゆっくりと下りました。

ショッピングセンターに入るとすぐに彼女は私の腕から手を離し、お礼を言うと入り口の近くにあるオブジェの方へ真っ直ぐに歩いていき、オブジェまで辿り着くと待ち合わせをしていた友人に到着を知らせる電話をしていました。

ほんの2〜3分の出来事でしたが我ながら良いことをしたと思いながら帰宅、ネットで目の不自由な方への接し方を検索してみると、いろいろ間違っていたことに気が付きました。

まず目の不自由な人には「危ないですよ」ではなく、「赤信号ですよ」、「段差がありますよ」など、具体的に言った方が良いそうです。

また目の不自由な人に対しては、手を引いたり背中を押したりする(人によっては恐怖を感じるそうです)のではなく、腕や肩に掴まってもらい半歩前を歩くのが良いそうです。
※手を引く前に「お手伝いしましょうか?」(Posso ajudar? ポッソ アジュダー?)と尋ねるべきだったんですね。そしたら彼女は「腕を掴ませてもらってもいいですか?」と言えたんです。

信号が青に変わったら、まず信号が変わったことを伝えてから(目の不自由な人には信号は見えていません)歩き出してください。
階段などでは一度立ち止まって、「上り階段です」または「下り階段です」と伝えてから先に進みます。このとき体の上下の動き方によって、目の不自由な人が次にどのように踏み出せばいいのかを伝えます。
なお階段や段差では必ず正面からはいってください。斜めにはいると躓いたり、靴を擦ったりすることがあるそうです。

今までに何度か目の不自由な人に接したことがあったんですが、こうやって少し勉強してみると間違ったことばかりやっていたような気がします。
この記事を読まれた方、白杖を持った方に出会った際はぜひ「お手伝いしましょうか?」と声を掛けてあげてください。


話は変わりますが、Rede Globoの7時台のノベーラ「Caras & Bocas」に盲目の女優Danieli HalotenがAnita役で出演しています。
クリチバ出身の彼女はテレビのリポーターなどもしていたことがありますが、このドラマに出演する前はクリチバ市内の銀行で働いていたそうです。

danieli-haloten.jpg

「Caras & Bocas」のオーディションに合格し、ドラマ撮影のために盲導犬(cão-guia)と共にリオデジャネイロへ引っ越していきました。
その「Caras & Bocas」も来週で終了しますが、彼女はクリチバに戻ってくるんでしょうかね?

posted by ごんた at 15:07| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

プレゼント交換

クリスマスが終わり、プレゼント交換の時期がやってきました。(友達同士でプレゼントを交換するという話ではありません)
ブラジルでは貰ったクリスマスプレゼントが気に入らなければ買った店に行って交換してもらうのが一般的?なようです。

服や靴などのサイズが合わない場合なんかは仕方がないと思いますが、色や柄が気に入らなくても交換してしまうようです。

交換してもらうためには当然ノッタ・フィスカウ(レシート)が必要で、商品タグなども外してはいけません。

店舗側も交換に来るお客さんに出来る限り対応するんですが、クリスマス商戦に対応するために仕入れた商品には限りがありますので、早く行かないと交換したいような商品が無くなってしまうかもしれません。
また交換に1ヶ月間ぐらいの期限を儲けている店もありますし、個人商店などは年末休暇に入ってしまうところもあるため、26日は開店前から交換のためにたくさんの人が押し寄せ、クリスマス前並みの活気に溢れているそうです。
posted by ごんた at 23:33| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

忘年会

昨日はクリチバ在住の日本人の友人たちと忘年会をしました。
数ヶ月に一度のペースで集まっているんですが、常連メンバーが参加できなくても毎回新しい人が加わっているので、小さなお子さんも含めると15〜20人ぐらいが集まります。
来年1月には新年会を開催する予定ですので、クリチバ在住の方で参加してみたいという方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。
posted by ごんた at 23:43| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

アンテナ

今回契約したインターネットは、近所のランハウス(ネットカフェ)が発信しているWi-Fiをアンテナで受信するというもの。

P1000636.JPG

アンテナを立てなければいけなかったのですが、隣の家のように屋根に穴を開けて立てるのは雨漏りしそうで嫌だったので、家の外壁に沿うように立ててもらいました。

P1000635.JPG

ランハウスまでは直線距離で100mほどなので信号強度、リンク品質とも良好。
スピードはいまいちですが、動画などを観なければそれほど気になりません。

無線LANを構築し、宿泊されるお客さんにも自由に使ってもらいたいんですが、アンテナからUSBのWi-Fiアダプターを経由してパソコンに繋いでいるので、どうして無線LANを構築すれば良いのかよくわかりません。
posted by ごんた at 11:12| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

ネット再開

約7ヶ月ぶりに自宅でのインターネットを再開しました。

ネットが無かった期間もたまにこのブログを更新していましたが、伝えたいニュースがあるのに更新できないことも多々ありました。
また思い出したときにでも、過去に伝えられなかったニュースなども紹介していきたいと思います。

7ヶ月前、宿を閉めてクリチバから離れようと考えていたんですが、いろいろ問題が重なって動くことができず、2ヶ月前にようやくマナウスへ行くことができたんですが、そこで改めてクリチバの良さを実感しました。

未だに海の近くに住みたいという考えが捨てきれないんですが、宿泊予約も入ってきているので、とりあえず宿を続けながら今後のことを考えていこうと思います。
posted by ごんた at 10:19| Comment(4) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

クリチバのクリスマス

クリチバに戻ってきて約2週間が経過しました。
マナウスに比べると涼しいクリチバですが、晴れた日の昼間はかなり暑くなります。

Natal-HSBC 071.jpg

クリスマスまであと1ヶ月ということで、クリチバでは先週末から毎年恒例のHSBC(Rua XV de Novembro)のクリスマスコーラスが始まりました。
クリスマスまでの毎週金曜日から日曜日、午後8時半から始まりますので、時間のある方はぜひ観に行ってみてください。
posted by ごんた at 03:32| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

地上デジタル放送

地上デジタル放送の規格で、ベネズエラが日本方式の採用を決めたと発表しました。
日本方式の導入は、ブラジル、ペルー、アルゼンチン、チリに続いて5ヶ国目になります。

クリチバではすでに地上デジタル放送が始まっているということですが、私の周りでデジタル放送を受信している人はみんなNETやSKYなど有料放送と契約している人ばかりです。

日本からデジタルテレビチューナー付きの液晶テレビを持ってきたという友人はアナログ放送しか受信できないと言っています。
日本でデジタルテレビチューナー付きの液晶テレビを購入するとB-CASカード(デジタル放送の番組の著作権保護や有料放送の視聴等に利用されているICカード)が付いてきますが、ブラジルの地上デジタル放送を視聴するためには、ブラジルのカードが必要なんでしょうかね?
以前にSKYと契約していたとき、チューナーにそんな様なカードが入っていました。

ちなみにワンセグはB-CASカードが必要ないので、日本の携帯電話やワンセグ受信機を使って、ブラジルの地上デジタル放送を視聴することが可能なはずですが、周りに試したことのある人がいないので詳細は不明です。
posted by ごんた at 03:43| Comment(2) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

大雨とイグアスの滝

最近、ブラジル各地で大雨による洪水被害が出ています。
バケツをひっくり返したような雨が数時間も降り続くと、あちこちで川が氾濫し、それに暴風や雹などの被害が重なると最悪なことになります。

地図を見るとクリチバから海まで100kmも離れておらず、クリチバ市内を流れる川は真っ直ぐ海へ流れ出るように思えますが、実は内陸の方へ向かって流れており、500kmほど下流にはイグアスの滝があります。

最近の大雨によりイグアスの滝の水量が普段の5倍になっているそうです。
4月は水不足で迫力の無い滝でしたが、今はド迫力の滝を満喫できますよ。
posted by ごんた at 05:26| Comment(2) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

ブラジルテレコムとの戦い

うちはブラジルテレコム(BRASILTELECOM:電話会社)と電話やインターネットの契約をしています。
昨年の一時帰国(7月中旬〜11月中旬)の際、嫁はあまりインターネットをしている時間がないため、私が帰国している間は一番安い契約に変更したんですが、8月の請求書はそれまでの倍ぐらいの額の請求がきていました。

嫁はおかしいと思いながらもその請求額を支払ったのですが、9月も同額を請求されたため、ブラジルテレコムに文句を言うと、その月の分のインターネット分の請求を帳消しにし、前月分で間違って請求した分を返金することを約束しました。
しかし10月も間違った額の請求が来て、同じように文句を言うと帳消しに、11月もまた同じ額の請求書が届きました。

4ヶ月間の一時帰国から戻った私は、嫁と一緒にブラジルテレコムへ行き、何で毎月こんな請求書が届くんだ?と文句を言うと、またその場でインターネット分の請求を帳消しにしました。
私はこの時点では帰国中の経緯をよく理解していなかったのですが、インターネット分をすべて帳消しにするやり方に疑問を感じていました。

12月も同じことの繰り返しだったんですが、1月になってようやくインターネット分の請求額が契約どおりの額になり、ようやく普通に支払いをしたんですが、2月分の請求書はとんでもない額の請求がきました。
9月〜12月の請求書から帳消しにしたインターネット分の請求がまとめてきたんです。

すぐにブラジルテレコムへ行き文句を言うと、本部の方へ問い合わせるので10日ほど待って欲しいと言われました。
※このときプロコン(PROCON:消費者相談センターのようなところ)へも相談に行こうとしたんですが、数時間待ちと言われて諦めました。
しかし10日経っても15日経っても返事はきません。再度ブラジルテレコムへ行って問い合わせると、また10日ほど待つように言われました。
しばらく待つと新しい請求書が届き、1月と同じくらいの請求額だったのですぐに支払ったんですが、よく見ると3月分の請求書でした。

3月分を支払った数日後、督促状のようなものが届きました。
内容は、「2月分の支払いがされていませんが、このまま支払わない場合、電話回線を切断します。また貴方の名前が汚れることになりますので、すぐに支払いをしてください」といった感じ。

このままにはしておけないと思い、知人から電話に関してはプロコンよりもアナテル(ANATEL:電話会社を統括する官庁?)の方がいいという話を聞いていたので、アナテルへ行くことに決めました。
アナテルに行く前にブラジルテレコムに寄って状況を聞くと、「7月中旬に電話で契約変更の請求があった。そのときの電話の内容は録音されており、こちらに証拠として残っていますので必要であれば、USBメモリーにその内容を録音してそちらに送ります」ということでした。

私はポルトガル語があまり話せないため、嫁に電話させたものの、隣で内容をずっと確認していたので高くなるような契約内容ではなかったことを覚えています。
ブラジルテレコム相手では話にならないのでアナテルへ行って話をすると、1週間以内にブラジルテレコムから連絡が入るので、少し待つように言われました。

翌日、ブラジルテレコムから電話が掛かってきましたが、私が「ポルトガル語はあまりわからないので、もう少しゆっくり喋ってくれ」と言うと、「ポルトガル語がわからない相手にどうやって説明するのよ!」と逆切れされ、電話を切られました。日本ではまず有り得ませんよね。

その後、何度も電話が掛かってきたんですが、「こちらの請求額は間違っていない、請求額どおりに支払わなければ電話回線を切断する」の一点張り。
アナテルからは請求額が間違っているなら、払ってはいけないと言われていたので、ブラジルテレコムからの脅しのような催促を無視し続けました。
そして4月3日、ついに電話回線が切断され、電話を掛けたり、インターネットに接続することができなくなりました。

回線が切られてから約1時間後、電話が鳴りました。
電話を掛けることはできなくても、受けることは出来るんだと思いながら受話器を取ると、やはりブラジルテレコムでした。
「請求額が間違っていましたので訂正します。こちらの手違いで高額な請求になっていましたが、訂正した請求書を送りますのでお支払いください」とのこと。
「昨日まで請求額は間違ってないと言い張り、さっき電話やネットを切断したくせに、今頃になって間違ってましたっておかしいでしょ? そっちが間違っていたんならとりあえずすぐに電話とネットを使えるようにしてくれ」と言うと、「2月分の支払いがされていないので、支払いが完了するまで元には戻せません」と言われました。

30分ほど電話で揉めた後、とりあえず仕事先から嫁を呼び出しアナテルへ相談に行きました。そのままブラジルテレコムへ行き、2月分の請求と4ヶ月分インターネット代を一度に支払うことはできない(本当はできるんですが)ので、分割払いにして欲しいと言って5回払いにしてもらい、すぐに1回分を支払うと、それから約12時間後に電話とネットが繋がりました。

当初の請求額の4割程度になったものの一括で支払いをしなかった理由は、まだ電話で変更した契約額よりも高いためで、電話の録音データが確認できればそれが証明されると考えたからです。

ブラジルテレコムは電話での契約変更がどんな内容だったか、完全に把握しているものの、少しでも多くの金額を毟り取ろうと汚い手を使ってきます。

ブラジルテレコムがこれでこの問題は片付いたと勝手に判断して録音データを送ってこない場合、またブラジルテレコムに足を運ばなければいけませんが、ブラジルでは自分が動かなければ何も変わりません。

まだ8月の過剰請求分の返金もされていませんし、ブラジルテレコムとの戦いはまだまだ続きそうです。

ブラジルではこういったことはよくある事なので、ブラジル在住者の方々、気を付けてくださいね。
電話、インターネット、ケーブルテレビの契約などで揉めたときは、ぜひアナテルに相談してみてください。きっと力になってくれると思います。
posted by ごんた at 19:23| Comment(7) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

今週末は花祭り

hana_2009.jpg

今週末は、FIEPで「花祭り」があります。
4月4日(土)は11:00〜22:00、4月5日(日)は11:00〜21:00、場所はFIEP(Rua Comendador Franco 1341)、入場料はR$4です。

FIEPって私も初めて聞いたんですが、Avenida das Torres沿いにあるスーペルメルカド「BIG」の後ろの方に見える大きな建物だそうです。
昨日から天気が崩れ気味ですが、週末晴れてくれれば良いですね。
posted by ごんた at 11:03| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

自転車修理

今日、壊れてしまった自転車のペダルを交換してもらおうと近所の自転車屋へ行ってきました。

プラスチック製のペダルは壊れやすく、以前にも一度取り替えたんですが、そのときは嫁が行き、R$5で交換してもらったと言っていました。

私が同じ自転車屋へ行き、値段を聞いてみると、一番安いのでR$8、他にもR$12とR$15のがあると言われました。
嫁の言っていた値段と違うな?日本人なので吹っ掛けられてるのかな?と思い、ちょっと考えるフリをしたら、棚から3種類のペダルを取りだして違いを説明してくれました。

今と同じのプラスチック製のものが2つでR$8(以前に嫁が交換したときは片方だけでR$5)、一部がアルミ製のものがR$12、すべてアルミ製のものがR$15でした。
アルミ製のものにすれば簡単には壊れないよと言われ、R$15の値札も付いていたので、それを付けてもらうことにしました。

5分も掛からずに取り換えが完了し、他に何かある?と聞かれたので、ブレーキの調子が悪いんだけどと言うと、ちょっと見て、ワイヤーを交換した方が良いねと言われました。

日本では10年ぐらい乗った自転車でもブレーキのワイヤー交換なんてしたことないのにと思いつつも、いくら掛かるの?と聞くと、R$5ということだったので、ついでに換えてもらうことにしました。

ブレーキワイヤーの取り換えが終わると、今までの硬くて利かないブレーキは何だったんだろうと思うほど良くなり、ついでに硬くて動かないシフトレバーも見てもらうと、ブレーキとシフトの一体型レバーを出してきて、これに換える?と言われました。

何か高そうなものが出てきたぞと少し警戒したんですが、値段を聞くと左右でR$20、じゃあそれも取り替えてということになり、ペダル、ブレーキ、シフトと1時間近く掛かって取り替えてもらい、合計R$44(約1900円)も掛かりました。

私にとってR$44って結構大きな出費なんですが、これだけ取り替えてもらって1900円は日本では考えられませんね。
日本のあるサイトに出ていた料金は、ペダル交換が2500円、ブレーキワイヤー交換が前後で1900円、シフトレバー交換が2500円、シフトワイヤー交換が1800円の合計8700円も掛かるようです。
posted by ごんた at 10:04| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

クリチバ在住の日本人

今日は最近このブログがきっかけで知り合った日本人の方と会うため、セントロへ行ってきました。
もう3年近くクリチバに住んでいるのに、ほとんど日本人と知り合いがいないということだったので、他の友人も呼んで紹介しました。

私はブログを書いているおかげで日本人の知り合いができ、そこからどんどん友達の輪が広がり、たくさんの日本人の方々と知り合うことができましたが、ブログなど書かず普通に生活していたら、誰とも知り合うことがなかったかもしれません。

たくさんの方と話をしていると、私の中では当たり前のような情報が、相手の方にとってはまったく聞いたこともない貴重な情報だったりします。

例えば、日本の銀行のキャッシュカード(裏にPULSやCirrusのマークの入ったもの)でブラジル国内のATMからお金を下ろすことができるとか、SKYPEを使えば日本へ1時間電話しても150円ぐらいしか掛からないとか、まったく知らない人が多いことに気が付きました。

このブログにもいろいろ書いているつもりなんですが、全部の記事に目を通すのは難しいと思いますので、近いうちにホームページの方にまとめたいと思います。
posted by ごんた at 14:26| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

サマータイムはあと1週間

今日?、パソコンの時間が自動的に標準時変わっていましたが、ブラジルのサマータイムはあと1週間です。

もう少し長くても良いような気がしますが、来週の月曜日には標準時に戻りますのでお気をつけください。
posted by ごんた at 00:51| Comment(3) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

雑草も短く刈れば芝生になる?

DSC00252.JPG

夏が来て雑草が一気に伸び始めました。
庭のある家は芝生の手入れをしなければいけないため、ホームセンターでも特設コーナーに草刈機が並んでいます。
うちもそろそろ庭の草刈をしなければいけないので、昨日買いに行ってきました。

DSC00241.jpg

購入したのは安い電動式のもので、刃はナイロンの紐。700WのものがR$140(約5200円)でした。
本当はエンジン式で刃も固めの雑草でも楽に切れるチップソーが欲しかったんですが、それほど使う物でもないし、価格がR$790(約30000円)と5倍以上だったのでやめました。

DSC0024522.jpg

ナイロンの紐でどのぐらい刈れるんだろうとちょっと不安でしたが、結構よく刈れました。でもよくナイロンの紐が切れるのでその度に作業を中断して紐をセットし直さなければいけません。

DSC00255.jpg

雑草も短く刈れば遠目には芝生に見えるんですが、地元の人が“pé de galinha”(鶏の足)と呼ぶ、茎が太く根張りがいい厄介な雑草が多く、近くからだと見た目も悪く、すぐに伸びてくるのでやはり芝生にはなりません。

前庭は犬やアヒルが遊ぶ程度で、私たちが足を踏み入れることはないので、“pé de galinha”もそのままにしておいたんですが、中庭は宿の窓からもよく見えますし、少しでも綺麗にしておこうということで、“pé de galinha”をすべて掘り返し、代わりにひまわりの種をまきました。

別の場所に年末にまいた種はあと1週間ぐらいで花が咲きそうなので、2月上旬〜3月一杯ぐらいはひまわりの花が楽しめそうです。
posted by ごんた at 08:46| Comment(4) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

Mostra de Anime 2009 em Curitiba

1月25日から31日まで、クリチバのCinemateca(R.Carlos Cavalcanti,1174)で日本アニメ上映会があります。

Programação
1月25日(日) - 25/jan(dom)
16:00
ドラえもん のび太の恐竜 2006 (スペイン語字幕)
Doraemon - O Dinossauro de Nobita (Leg.Espanhol)
20:00
千と千尋の神隠し (ポルトガル語吹替)
A Viagem de Chihiro (Dublado)

1月26日(日) - 26/jan(seg)
16:00
メトロポリス (ポルトガル語字幕)
Metropolis (Legendado)
20:00
千と千尋の神隠し (ポルトガル語字幕)
A Viagem de Chihiro (Legendado)

1月27日(日) - 27/jan(ter)
16:00
鉄コン筋クリート (ポルトガル語吹替)
Tekkonkinkreet (Dublado)
20:00
東京ゴッドファーザース (ポルトガル語字幕)
Tokyo Godfathers (Legendado)

1月28日(日) - 28/jan(qua)
16:00
カウボーイ・ビーバップ (ポルトガル語字幕)
Cowboy Bebap (Legendado)
20:00
ハウルの動く城 (ポルトガル語字幕)
O Castelo Animado (Legendado)

1月29日(日) - 29/jan(qui)
16:00
ハウルの動く城 (ポルトガル語吹替)
O Castelo Animado (Dublado)
20:00
パプリカ (ポルトガル語吹替)
Paprika (Dublado)

1月30日(日) - 30/jan(sex)
16:00
メモリーズ (ポルトガル語字幕)
Doraemon - O Dinossauro de Nobita (Legendado)
20:00
千と千尋の神隠し (ポルトガル語字幕)
A Viagem de Chihiro (Legendado)

1月31日(日) - 31/jan(sab)
16:00
ハウルの動く城 (ポルトガル語吹替)
O Castelo Animado (Dublado)
20:00
ドラえもん のび太の恐竜 2006 (スペイン語字幕)
Doraemon - O Dinossauro de Nobita (Leg.Espanhol)
posted by ごんた at 09:32| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

クリチバ市内バスが値上げ

今日からクリチバ市内のバスがR$1.90から一気にR$2.20へ値上げされました。

ブラジルの州都ではフロリアノーポリスがR$2.50で最高値、次いでサンパウロ、ベロオリゾンチ、カンポグランヂがR$2.30、クリチバはリオデジャネイロ、サルバドールと並んで5番目に高いことになります。
今回の値上げは2004年以来となりますが、15%以上の値上げはクリチバ市民の生活に大きな影響を与えそうです。

ツーリストバス(5枚綴り)もR$16からR$20へと値上げされましたが、ペンション・サウダーヂからクリチバへ行くときのバスはR$1.95のまま変わっていません。
近いうちに値上げされると思いますが、値上げするにしてももう少し緩やかにやって欲しいですね。
posted by ごんた at 11:26| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

Feliz Ano Novo!

2009年が始めました。
昨年はこのブログもいろいろとありましたが、できる限り続けていきたいと思います。

最近、ネットの調子が悪く、記事を書いてもアップできないことが多々ありますが、週に2〜3回くらいのペースでのんびりと更新していく予定です。
posted by ごんた at 17:40| Comment(3) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

朝から紅白歌合戦

ブラジルはまだ午前9時半ですが、紅白歌合戦を観ながら書いています。
今年は日本人のブラジル移住100周年ということで、先ほどサンパウロのリベルダーヂの餅つきの様子が中継されましたね。

2008年ももう終わりですが、ブラジルで生活しているとそれを感じさせません。
今日は半袖ではちょっと肌寒いんですが、真夏ですからね。

今年は100年に一度の大不況ということで、日本に出稼ぎに行った日系ブラジル人の多くが失職し大変なことになっていますが、私も7月中旬から11月中旬までの4ヶ月間、日本へ出稼ぎに行っていました。

急激な円高レアル安で日本円をブラジルレアルに両替すると半年前の倍近い額になるため、まじめに貯金していた人にとってはちょうど良いタイミングでブラジルへ帰国できたようですが、貯金していなかった人は日本で生活することもブラジルへ帰国することもできないという最悪の状況に陥っています。

ブラジル経済も大不況の影響を大きく受けていますが、一般庶民レベルではあまりそれを感じさせません。
トヨタやホンダなどの日系企業はブラジルでも減産を余儀なくされ、従業員は解雇ではなく長期休暇ということになっているようですが、ホンダで働いている友人の話によると長期休暇は来年1月12日まででその時点で景気回復の兆しがみられなければ解雇される可能性が高いそうです。

現時点では解雇でなく長期休暇、クリスマスは例年どおり大きな買い物をしたり旅行に行ったりと贅沢している人が多く、この大不況を実感するのはカーニバル明けの3月ぐらい? それまでに少しでも景気が回復してくれれば良いんですが、今回の大不況はちょっとやそっとで立ち直れそうにないですね。

今年のブログ更新もこれが最後、みなさんよいお年を。
posted by ごんた at 20:35| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

ツーリストバスが事故

昨日、クリチバのツーリストバスが事故を起こし、2人が負傷しました。
事故があったのはショッピ・エスタサォン近くの昔の鉄橋のところで、高さ制限3.6mのところを高さ4mの2階建て新型ツーリストバスが通過しようとし、2階部分が鉄橋に衝突しました。

事故を起こした運転手は初めて新型バスを運転したんでしょうかね?
昨日、クリチバへ行ったとき、ショッピ・エスタサォン横のエアポートバス乗り場にツーリストバスが停まっているのを見ましたが、本来はあの道を通らなければならないのを間違えたんでしょうね。
posted by ごんた at 23:59| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

Feliz Natal

1週間程前から後ろの家で、何かを爆発させるような音が何度もしていました。
物凄い音がするので何をやってるんだろう?と思っていたんですが、今日、それが何の音だったのかわかりました。

24日から25日に日付が変わったところで、あちこちからロケット花火?が打ち上げられるんですが、この爆発音が凄いんです。
後ろの家から聞こえた爆発音はこの音、どうやらロケット花火を飛ばさずに庭で爆発させていたようです。

午前0時が近づくと、あちこちから何百発ものロケット花火が打ち上げられ、今日は早起きしたので11時頃から寝ていたんですが、あまりにもうるさいので目が覚めてしまいました。

今(午前3時)は外も静かなんですが、たまにクラクションを鳴らしながら車が行き交います。
posted by ごんた at 14:06| Comment(0) | クリチバ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする