2009年11月01日

carapanã (カラパナン)

マナウスに来る際に一番心配だったのが“虫刺され”
私の場合は以前にデング熱に感染しているので、蚊に刺されるのは特に注意しなければいけません。(再感染した場合にはデング出血熱となり非常に危険)

以前に来たときは蚊が多くて大変だったんですが、今回はまだ一度も刺されていません。私がマナウスに来るのは雨季が多かったんですが、乾季だと蚊も少なくなるんでしょうかね?

ポルトガル語で蚊はmosquito(モスキット)なんですが、マナウスではcarapanã(カラパナン)と呼ばれています。
ちなみにクリチバではpernilongo(ペルニロンゴ)と呼ばれます。
posted by ごんた at 13:44| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

アマゾン川の水位

今年6月に観測史上最高水位を記録したアマゾン川ですが、現在は乾季でかなり水位が低くなっています。

P1000324.jpg

雨季と乾季では20m以上も水位が違うところもあると言われても、想像しがたいと思いますが、上の写真の奥の方にある高床式の住居を見れば、どのくらい水位が上昇するかわかると思います。

P1000273.jpg
2009年10月

DSC03234.jpg
2007年3月

マナウス港の桟橋は浮桟橋構造となっており、水位が変わっても問題ありません。
昔は自由に桟橋に入れたんですが、今は積荷の盗難などを防止するために乗船券を持った人以外は立入禁止になっています。

02090013.jpg

たまに世界一周クルーズ中の豪華客船なども入港します。
posted by ごんた at 08:43| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

テアトロ・アマゾナス

DSC03185.jpg

先日、久しぶりにテアトロ・アマゾナス(Teatro Amazonas)を見てきました。と言っても中に入った訳ではなく、外から見ただけなんですけどね。

53_teatro4.jpg

このオペラハウスが建てられたのはゴム景気に沸いた1896年。
建築資材の木材はマナウスから欧州に送り加工、大理石はイタリア、ポルトガル産で、イタリアで 1度建設したものを解体して船で運ばれ、マナウスで再建されたそうです。

しかしイギリスによってゴムの木を東南アジアへと持ち出され、ゴム景気が衰退していくにつれ、訪れる人もいなくなった劇場はシロアリに食い荒らされ、見るも無惨な状態になってしまいました。

その後、アマゾン観光の拠点として脚光を浴びることになったマナウスの象徴として改修工事が行われ、1990年に工事を終えた同劇場は建設当時のきらびやかさを取り戻し、1997年には建設100周年記念行事としてスペインの歌手ホセ・カレラスによる公演も行われました。

今年はアマゾナス州への日本人移住80周年ということで、記念イベントの一環として、つい先日もテアトロ・アマゾナスで日本人ピアニストのコンサートが開催されていました。

クリチバにいるとこういう情報は開催前に入ってくるんですが、マナウスではなかなかそうもいかず、開催された翌日のニュースで知りました。
前以ってわかっていればぜひ行きたかったのですが残念です。
posted by ごんた at 01:26| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

Boi Manaus 2009

Boi2.jpg

先週末はAniversário da cidade(市の誕生日)ということで連休でした。
マナウスの街は今から340年前の1669年、当時寒村に過ぎなかったところに要塞が築かれ、サォン・ジョゼ・ド・リオ・ネグロと名付けられたのが始まりとされています。
今年で13回目を迎えた「Boi Manaus」は市の誕生日を祝うお祭りです。

boi1.jpg

Boiとはポルトガル語で雄牛を意味しますが、アマゾンでBoiと言えばBoi-Bumbá(ボイ・ブンバ)
ボイ・ブンバとは、アマゾンに住む先住民インジオやカボクロ(白人とインジオの混血児)の神話、伝説、風俗習慣などをテーマにした歌に合わせて踊ったりするもので、毎年6月下旬にパリンチンスで開催されるフェスタ・フォルクローレはブラジル3大祭りの一つとされています。

boi3.jpg

11年前に初めてマナウスを訪れたときからボイに魅了され、パリンチンスにも行ったことがある私としては、ぜひ「Boi Manaus 2009」にも参加したかったんですが、一緒に行ってくれる人がいなかったので家でテレビを観ていました。

ちなみにボイはポンタ・ネグラ(Ponta Negra、120番のバスの終点)のレストラン“O Laranjinha”で毎晩(だと思います)ショーが開催(21時〜、22時〜、23時〜の3回)されていますので、マナウスを訪れた方はぜひ観に行ってみてください。
※“O Laranjinha”は屋外レストランで、食事しなくても遠目にショーを観ることができますし、食事もそれほど高くはありません。
ちなみに私はポンタ・ネグラの端の方にあるソルベッチ・イタリアーノというソフトクリームの屋台に3日に一度くらい出没します。
posted by ごんた at 13:31| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雨とネット

先週凄い雨の後、ネットが使えなくなってしまいました。
日本ならすぐに復帰すると思いますが、ブラジルではそう簡単には復帰しません。

以前なら3日目ぐらいにネットカフェへ行ってでもネットしたと思いますが、今は1週間や10日ぐらいネットできなくても問題なくなりました。
というよりマナウスに来てからの毎日ネットが使い放題という状態の方に違和感を感じていました。

また中断するかもしれませんが、ネットが使える日は毎日更新していきたいと思います。
posted by ごんた at 11:34| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

マナウスの新型インフルエンザ

パラナ州は10月15日の時点で新型インフルエンザによる死者数が264人となっていましたが、ブラジル北部や北東部など暑い地域では死者数はごく僅かです。

昨日も書きましたがマナウスは凄く暑いので、新型インフルエンザとは無縁の町だと思っていました。
しかし実際に来てみると、姪っ子は学校閉鎖で1日中家にいましたし、義妹と話をしてみると60人以上の人が亡くなっているということでした。

最近、あまり新型インフルエンザのニュースをチェックしていませんでしたが、アマゾナス州で死者がでたというニュースは一度も聞いたことがありませんでした。
調べてみると9月9日の時点で感染者61人、死者2人(ホライマ州?)という数字が出てきました。
現在の状況はわかりませんが、義妹の話にでてきた数字は死者数ではなく感染者数だと思われます。

ブラジル全体の死者数は9月12日の時点で899人となっていますが、その後に書かれたどのニュース記事を見ても何故か899人のままです。
posted by ごんた at 01:06| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

今日は暑かった

P1000187.jpg

今日は義兄一家とマナウス空軍基地(Base Aérea de Manaus)へ行ってきました。
空軍基地が一般開放され、古い戦闘機、輸送機、ヘリなどが展示されていたり、格納庫の中には出店がたくさんでていました。

P1000194.jpg

格納庫の中はわりと涼しかったんですが、外では日陰を求めて輸送機の翼の下に集まっている人たちがいました。
1kgの食料品を持っていくと、飛行機に乗せてもらえるということだったので、それを待つ人だったのかもしれません。

昼過ぎに帰宅し、みんな昼寝するので自分もクーラーの効いた部屋で本でも読もうと思ったんですが、壁や天井がかなり熱くなっていてクーラーがほとんど効かず、まったく休めませんでした。

水シャワーを浴びて、扇風機も持ち込んで少しましになったかな?という感じ。
寒いクリチバにいると暑さが恋しくなりますが、やっぱり暑いより寒い方が良いです。
posted by ごんた at 13:02| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

アマゾン川に架かる橋

hashi3.jpg

Wikipediaでアマゾン川を調べると、アマゾン川には橋が一つもかかっていないと書かれていますが、何年も前からマナウスから対岸のマナカプルへ渡る橋が架けられるという噂を耳にしていました。

その後、何度マナウスを訪れても橋の建設が始まることはなく、ただの噂話かと思っていたのですが、先日、ついに建設現場を目にすることができました。

hashi2.jpg

夕方にポンタ・ネグラからの撮影したため見えにくいんですが、アップにすると橋脚が見えます。
すでに半分ぐらいまで進んでおり、来年3月に完成予定だそうですが、果たして予定通り完成できるのでしょうか?
posted by ごんた at 02:34| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

マナウス到着

2年半ぶりにマナウスへやってきました。
気温40℃を覚悟してきましたが、今日は小雨が降っていたため28℃、しかし湿度が高く、じっとしていても肌がベトベトします。

サンパウロを午前9時55分に出発する予定の飛行機でしたが、悪天候のため約1時間遅れで出発。飛行機は順調に飛行し予定よりほぼ1時間遅れでマナウス上空まで来たんですが、着陸体勢に入った飛行機が急に加速し、何が起こっているのかわからないままマナウスから離れていきました。

数分後に機内アナウンスがあったんですが、日常会話で使わない単語をほとんど知らないため、まったくわからないまま十数分後に無事着陸しました。

久しぶりに嫁の家族に再会し、これから1ヶ月ほど嫁の実家で生活します。
毎日インターネットが使えるため、できるだけブログの更新をしていきたいと思います。
posted by ごんた at 09:04| Comment(0) | アマゾン生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする