2015年10月21日

Nissan March


現在ブラジルレアルが暴落中ということで(日本円に換算して考えると)車も安くなっています。

Nissan Marchの新車が3万5千レアル(約107万円)

ブラジルでは100万円以下で買える新車は多分無いと思うんですが、このまま円高レアル安が続くと100万円以下で買えるようになるかもしれません。

ブラジルでお金を稼いでいる人にとっては円換算など無意味なんですけどね。
posted by ごんた at 07:00| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ブラジルの筆記具

以前に日本のある筆記具メーカーの方からブラジルの筆記具について質問されましたが、私が持っている筆記具のほとんどが日本から持ってきたもので、ブラジルではほとんど購入したことがないためあまりいい回答ができませんでした。
あんな回答では申し訳ないなと感じたのでちょっと調べてきました。

P1002073.jpg
フランスのBIC社製ボールペン、1ダースR$6,80(約350円)

ブラジルの筆記具の主流はボールペン、色は日本のように黒ではなく青。
初めてブラジルへ来た頃は何で青なの?って感じでしたが、海外では青の方が主流のようです。
昔の万年筆のインクは酸化鉄が主成分で乾くと黒色が強まりますが、書いた直後は半透明で見えづらいことから青い染料を混ぜていたそうで、西洋のインクはブルーブラックが主流なのだとか。それに対し日本は昔から墨を使っていましたので黒の方が主流になったそうです。
またカーボン紙を使って複写する際に青のペンを使うとオリジナルと見分けがつき易いというのもあるそうです。

P1002092.jpg
ドイツのFABER-CASTELL社製鉛筆、1ダースR$4,29(約220円)

小学生なんかはやはり鉛筆を使います。消しゴムは見るからに質が悪そうでした。

P1002090.jpg
日本のペンテル社製製図用シャープペンシル、値段を覚えてません

シャープペンシルは数種類しか置いてありませんでしたし、芯も高かったのであまり使われてそうになかったです。置いてあったのも日本のペンテル社製の製図用のシャープペンシルなどで結構いい値段(日本で買っても700円ぐらいします)してました。

P1002071.jpg
ペンテル社製ボールペン、R$2,99(約150円)

今回行った店はショッピングセンター内にあった店なので一般的に使われているものよりも少し割高かもしれません。

P1002075.jpg
FABER-CASTELL社製文房具セット、R$12,90(約650円)

安物のボールペンだとインクが残っているのに書けなくなったり、色鉛筆なんか芯が硬すぎて色が薄すぎたりしますのでちょっとぐらい高くても良い物を買った方がいいですね。

P1002087.jpg
コリンチャンス鉛筆4本R$5,30(約270円)、スパイダーマンセットR$5,90(約300円)

子供にはやはりキャラクター商品が人気のようですが値段が高いです。
posted by ごんた at 20:36| Comment(2) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

havaianas

P1001883.jpg

日本でも人気があるらしいhavaianas(アヴァイアナス)、日本からブラジルへ移民した人たちが持ち込んだ草履をモチーフに作られたビーチサンダルです。

いろいろ種類がありそれぞれ価格は異なりますがだいたいR$8(約400円)〜R$30(約1500円)で販売されています。

ブラジルの家は基本的に土足なんですが、家の中でスリッパ代わりに使っている人がたくさんいます。
私も愛用していますが1年中履いているため消耗が早い、クリチバに住んで3年半になりますが2足目ももうボロボロ。そろそろ3足目に買い替えようかと考えています。
posted by ごんた at 02:29| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

ブラジル代表ユニフォーム

P1001894.jpg

先日ブラジル代表ユニフォームがR$99,90(約5000円)で売られていました。

通常価格はR$189,90(約9500円)、ブラジル代表に限らずクラブチームのユニフォームもだいたい同じくらいします。
日本で買っても1万円前後しますが、日本とブラジルの物価を考えるとR$189,90は高過ぎますよね。

ワールドカップのときはたくさんの人が代表ユニを着ていましたが本物を着ていた人はどのくらいいたんでしょうね?
posted by ごんた at 14:07| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

Mega da Virada

今年も残すところあと僅か、Mega da Viradaの時期がやってきました。

Mega da Viradaとは普段Mega-Senaと呼ばれているロトくじの年末ジャンボ版といった感じで、賞金額はブラジル史上最高となるR$180milhões(約90億円)。

Mega da Viradaは1〜60の数字の中から異なる6個の数字を選びます。
1口R$2(約100円)で、全て一致すれば1等、5個一致の2等、4個一致の3等まで賞金が貰えます。
posted by ごんた at 22:02| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

Toyota Etios

先日ホンダのブリオを紹介しましたがトヨタも同様に新興国向けに小型車を開発しています。

etios.jpg

トヨタ エティオス(ETIOS)は市場の拡大が予想されるインド市場で中間所得層のファミリーユーザ向けに開発された新型小型車でセダンとハッチバックの2モデルがあります。
今月20日から生産が開始された排気量1.5Lのエンジンを搭載するセダンは4グレードあり、最も安い「J」が49.6万ルピー(約92万円)、最上級「VX」が68.65万ルピー(約127万円)。

車体のサイズは長さ4265mm×幅1695mm×高さ1510mm、エンジンは新開発の「2NR-FE」型で最高出力が66kW(90PS)/5600rpm、最大トルクが132N・m/3000rpm、燃費は1Lあたり17.6kmとなっています。

ブラジルでは現在サンパウロ州ソロカーバ市に建設中の新工場(2012年後半に稼働予定)で同車を生産する予定です。
posted by ごんた at 09:25| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

Honda Brio

brio.jpg

ホンダは「タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2010」で、2011年にタイとインドで発売を予定している新型小型車ブリオ(BRIO)のプロトタイプを世界で初めて公開しました。

honda brio.jpg

車体のサイズは長さ3610mm×幅1680mm×高さ1475mmと海外展開する車両の中でも最小クラスとなっており、1Lあたり20kmという省燃費のエンジンを搭載。来年3月にタイ、11月にインドで生産・販売を開始予定。最低価格はタイで40万バーツ(約110万円)、インドでは50万ルピー(約90万円)以下になるようです。

ホンダの伊東孝紳社長は「まずはインド、タイに定着するのが優先だ」と強調した上で、ブラジルには両国からの輸出を視野に入れていることを明らかにしています。
ブラジルの2009年の新車販売台数は前年比11.9%増の320万台と世界5位の規模に拡大していますが、シェアの大半を独Volkswagen、伊Fiatなど欧米勢が占め、ホンダのシェアは約4%にとどまっています。

ブラジルでもR$22mil(約110万円)以下で販売されれば面白いと思いますが、現実的に考えればVolkswagenのGolやFiatのUnoと同じくらいの価格(約140万円前後)かそれ以上になるでしょうね。
posted by ごんた at 00:19| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

ブラジルの携帯電話

先日ブラジルに永住目的で来たという人に会いました。
iPhoneならブラジルでも使えるという話を聞き日本から持ってきたそうですが、SIMロックの解除ができずブラジルでは使えないそうです。

日本の携帯電話はSIMロックが掛かっておりそのままの状態ではブラジルで使うことはできませんが、ブラジルではSIMロックが禁止されたためロック解除してくれる店があります。
ただし日本のSIMロックの技術は年々進歩しており、ロック解除できない携帯も多いので注意が必要です。
また解除する際に言語をポルトガル語にされてしまったという話も聞きます。

私はSIMロック解除した日本の携帯を利用していますが日本語表示できるということ以外特に利点はありません。
日本語表示できる携帯同士なら日本語でメールのやり取りができるんですが、周りにそういう携帯を持った人はいませんしね。

i-modeやEZwebのような日本の携帯電話会社独自のサービスは利用できませんし、ワンセグ対応携帯も最初はいくつかのチャンネルが観られたもののチャンネル設定を変更しようとしたら観られなくなったという話を聞いたことがあります。

日本では携帯電話に対する依存度がかなり高まっているようですが、ブラジルでは電話を掛ける以外にはあまり利用しません。
メールは基本的にアルファベットで書くSMS(ショートメッセージサービス)なので、面倒な割りに伝えられることが少ないですしね。

celular.jpg

PONTOFRIO.COMで携帯電話の価格を調べてみると、一番安いモデルがR$109(約5千円)、カメラ付きがR$179(約9千円)から、TV付きがR$399(約2万円)から、wi-fi対応でR$499(約2万5千円)からありました。
※Celular DesbloqueadoとはSIMロック解除された携帯電話という意味です。
posted by ごんた at 05:07| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

Nova cédula de R$50 e R$100

n ceduras.jpg

12月13日に新しい50レアル札と100レアル札が発行されます。
10レアル札と20レアル札は来年、2レアル札と5レアル札は再来年の発行予定となっています。

現在の両替レートは1レアルが約50円ですので、50レアルは約2500円、100レアルは約5000円になります。

ブラジルの小さな商店などではつり銭を用意していないところが多く、小額の買い物の際に50レアル札で支払おうとすると嫌な顔をされるか、下手すると断られることもあります。
100レアル札に至っては日本の2千円札が発行された頃並みの普及率で、ブラジルに住んで3年半で1度しか手にしたことがありません。

セドゥーラ(cédula)という呼び方はあまり聞き慣れませんがポルトガル語で紙幣という意味で、他にノッタ(nota)という呼び方もあります。
ちなみにお金はヂニェイロ(dinheiro)、コインはモエーダ(moeda)です。
posted by ごんた at 05:41| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

iPadが一番高い国

12月3日にブラジルで発売開始となった「iPad」ですが、アップル社がオンラインショップを設ける32の国・地域のうち、価格が最も高いのはブラジルでした。

高値の原因はブラジルの税制。関税だけでも40%、関税以外にも様々な税金が掛かり、販売業者の利益も含めると、最も安いタイプでR$1649(約82500円)とアメリカの約2倍の価格となります。

ブラジルの最低賃金(R$510、約25000円)の3倍以上もするiPodを誰が買うんだろう?と思ってしまいますが、クリスマスが近いということもあってよく売れているそうです。

まあブラジルは貧富の差が激しくお金のあるところにはありますし、欲しい物は欲しいと無理なローンを組んで買う人もたくさんいますからね。
posted by ごんた at 22:17| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ブラジルの自動車価格

ブラジルでよく売れている車は、VolkswagenのGol、FiatのUno、ChevroletのCorsaなど総排気量1.0Lで新車価格R$24mil〜30mil(120〜150万円)の車種です。

中古車になっても日本のように価格が下がらず、95年式以前で走行距離10万km以上など日本なら下取りもしてもらえないような車が数十万円で売られていることも珍しくありません。

またオートマチック車は少なく新車価格200万円以下ではまず無いと思います。
オートマチック車しか運転できないと言う人にお勧めなのがホンダのフィット。ただし日本では130万円前後で新車が買えますがブラジルではR$50mil(約250万円)ぐらいします。
中古車でも05年式ぐらいでようやくR$25mil(約125万円)になります。

posted by ごんた at 08:59| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

クリチバのアパルタメント事情

curitiba08.jpg

生活費の中で一番大きな割合を占めるのが家賃ですが、クリチバの家賃相場は地区に関係なく1uあたりR$10〜R$15ぐらいです。
※クリチバは高層建築が建てられる場所が限られていますので、マンションは一部の地域に集中しています。

セントロ地区は古い建物や狭い部屋が多いため場所のわりに安い物件も多いんですが、R$500(約25000円)以下ではいい物件はほとんどありません。
ブラジルの最低賃金はR$510(約25000円)ですので部屋を借りて住むには最低賃金の2倍は稼がないと厳しいです。

駐在員の方がたくさん住んでいるアグア・ヴェルヂ地区やバテウ地区は高級マンションが多いんですが、1LDK(床面積70u)で家賃R$700(約35000円)ぐらいからあります。
この辺りには高級マンションが次々と建てられていますが、新築の高級マンションに住めるのはごく一部のお金持ちだけです。

ブラジルのマンションは家賃とは別にコンドミニオと呼ばれる管理費を払わなければいけませんが、高級マンションともなると24時間警備、パーティールーム、プール、スポーツジムなど施設が多くなる分管理費も高くなります。
posted by ごんた at 07:31| Comment(2) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

ビールの値段

P1001691.jpg

ブラジルは日本に比べてビールが激安!
350mlの缶ビールがR$1(約50円)前後、缶ジュースよりも安いんです。

日本は税金が高い(缶ビールだと35.6%の酒税と5%の消費税)と思われるかもしれませんが、ブラジルの缶ビールに対する税金はなんと54%!

その他の飲料に対する税金は炭酸飲料が47%、ミネラルウオーターが44%、牛乳が33%、ピンガ(ブラジルの蒸留酒)は83%となっています。
※調べるサイトによって若干誤差があります。
posted by ごんた at 00:39| Comment(3) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

野菜の値段

このブログのアクセス解析を見てみると検索ワードで「ブラジルの物価」や「ブラジルの生活費」というものが多かったので、新たに「ブラジルの物価」という記事カテゴリを作ってみました。
地域や時期・季節によって値段の変わるものも多いんですが、クリチバの現在の物価を中心に紹介していきたいと思います。

y111.jpg

今回は近所のスーパーの野菜の値段です。
今日買ったのは、
じゃがいも(Batata)1.9kg=R$2.83
たまねぎ(Cebola)0.85kg=R$0.58
キャベツ(Repolho)=R$0.99
白菜(Acelga)=R$1.49
マンゴー(Manga)1.5kg=R$2.23
合計 R$8.22(約400円)
週1回の特売日だともっと安くなります。
posted by ごんた at 23:49| Comment(0) | ブラジルの物価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする